スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

JFNラジオ「ON THE WAY ジャーナル」UST公開収録 ゲスト:津田大介

テーマ:「ソーシャルメディアの今、そして音楽著作権への思い」



旧4媒体(TV・新聞・ラジオ・雑誌)の評価は? 

津田「新聞などがすぐ潰れるということはないが、若い人が新聞を取っているか?僕も取っていない。毎日届く新聞を取るか?」

津田「TVなどのネット事業も飛ばされた人などがやっていて、前例がないものを本気でやろうという姿勢になっていない」

津田「なぜこれまで新聞を取ってきたのか?信頼性がある?そうではなく毎日ただ届くから見ていたという人が多い」

津田「文字情報が増えていく中で誰がその情報を流しているかが大事になってくる」

津田「Twitterがおもしろいのはフォロワーの数がある程度の目安になること」


音のメディアであるラジオはどうか?

津田「Twitterはリアルタイムメディア。ラジオはリスナーとの関係がTwitterで本当の双方向性となり、リッチコンテンツ化してきた」

津田「Twitterは所詮140字だから他のメディアを邪魔しない。深い議論はブログなど。ダイヤモンドもTwitterで定期購読者を伸ばした」

Twitterはそれだけで完結せず、上手く使えば他のメディアの導入となる。

津田「この10年は既存メディアがネットに食われてきた。ネットがリッチになって通信と放送の融合というものが本当にできるようになってきた」

津田「GREEのスポット広告は一位。だが、GREEをやると人はTVを見なくなる。自分の尻尾を食べている状態。それだけ厳しい」

津田「地方放送局・地方新聞は厳しい。ラジオは伸びていくと思うアナログ停波で本当にTVを捨てる人がどれだけ出てくるか?」


質問:アジア各国のメディアも遅かれ早かれ日本にならっていく形になるのでしょうか?或いは中国や韓国などはまた独自の発展してくのか??

津田「言語の壁はネットでも大きい。翻訳は日中間などでは精度はかなり高く90%位ある。ただし、アジアは政治的な問題もある」


津田「ワンソースマルチユース。同じコンテンツを複数回使うにあたって、権利者はさらに使用量を要求する。欧米では放送と通信の区別がない。日本もどうなるか?」

津田「去年年末からUSTが盛り上がってきて、ミュージシャンが音楽を使う用になってきた。だが、その時点ではUSTは著作権的な整備はなされていなかった」

津田「これまでもそのような状況はあり、違反者を逮捕するなどしてきたが、今回はミュージシャンをいきなり逮捕することはできない」

津田「現在USTは著作権の契約はできたが、著作隣接権・原盤権はまだそのスキームがなく、グレーゾーンである」

参考:「Ustream著作権討論会」~ダダ漏れ時代の著作権を考える~



津田「音楽は何度も聞くものであるが、映画は1回見ると販売機会を大きく奪われる。そこでの差別化は必要」

津田「レコード会社は違法な着うたなどを携帯で再生できないようするために何百億もかけてやろうとしているが、端末もプロバイダも対応させなくてはならず時間もかかる」

違法な物への規制にばかり金をかけているが、この状況の中でどのように発展させていくかということも重要である。

津田「著作権は改正されるのに3~4年時間がかかる。インターネットの5年後が想像できるか?5年前はTwitterはなかった」


レコード会社からすればお金をかけてアーティストを発掘し、育て、宣伝してきた。リスクを取っているからリターンも大きく貰うという考え。一方、お金をかけずともネットで宣伝し、そこから生まれてくるアーティストも出てきた。

津田「レコード会社的なミュージシャンとネットでインディーズでネット宣伝し直販するようなミュージシャン。多様な選択肢があるとよい」


津田「音楽クラウドはLalaというサービスが分かり易い。20円でクラウド版が買える。iPodに入れたい人は100円。既にクラウド版を買った人は差額の80円を払えばよい」


質問:音楽は将来的に無料になるのではないか? 
津田「全てがそうなるわけではないがそういう形もあり得る。小規模のメセナ(芸術文化支援)などの形も出てくるのではないか?」

津田「アーティストが直販すれば10割収入になる。だが、音楽作りに専念したい場合にやはりマネージメントというものが出てくる。その場合に9:1ではなく5:5などの対等な関係が健全なのではないか」

津田「個人間送金がもっと簡易になると良い。twitterで有意義な情報を得られたときにポンと100円送れるようなシステム。今の日本の法律だと難しい」

参考:向谷実さんの 著作権・著作隣接権講座


この話題に関しては↓の津田さんの著作が非常に参考になります。





スポンサーサイト
[ 2010/09/02 18:01 ] 津田大介 | TB(0) | CM(0)

「Ustream著作権討論会」~ダダ漏れ時代の著作権を考える~

概要や出演者情報をまとめたページ
http://www.tv-bank.com/jp/service/ustream_copyright.html



【参考】向谷実さんの 著作権・著作隣接権講座→ http://uol.blog94.fc2.com/blog-entry-85.html

まがるうさぎさんから中川さんへの質問別紙

第一部:著作権包括契約によってできるようになったこと

まずはUstream Asia株式会社代表取締役社長の中川具隆氏から前提として説明。

中川「USTREAM Asiaは Jasrac、JRC、イーライセンスと包括契約を締結」
【参考】 http://www.softbank.co.jp/ja/stc/group_sup/20100706_01.pdf

中川「但しDJプレイ、カラオケなどは著作隣接権の範囲なので不可」


津田「今回の包括契約で演奏はできるようになったが、CDの曲は隣接権(演奏家の権利など)の範囲なのでNG。ボーカイドは可能?カラオケは?」

中川「ボーカロイドはOK。カラオケ音源にも演奏者がいるので無理」

津田「カラオケ業者(第一興商など)とUSTREAMが包括契約をするなどは可能?」

中川「カラオケは楽曲によりインターネット配信許可されていないので、一括に処理ができないのでNG。今後はなんとかしていきたいと考えている」 

津田「著作隣接権に関しては何故JASRAC、JRCが管理できないの?」

JASRAC菅原「昔は隣接権がなかった。流通の上で守る権利。絵や小説は書けば終わるけど、音楽はそうもいかないため実演家にも権利を与えようということになった」

津田「何故TVは楽曲を自由に使えるのか?」 

JASRAC菅原「法律的に放送局には隣接権の許諾を取らなくてもよい」

JRC荒川「うちのサイトにはUSTREAMでかけられる曲の検索データベースがある」

【参考】JRCの「USTREAM利用可能音源検索データベース利用規約『ホワイトリスト原盤利用含む』」
http://www.japanrights.com/ust/terms.html


JRC荒川 「音楽をCDにして頒布したり、TV局などが放送するのには巨大なコストがかかったという背景から権利が認められていたのでは?現代ではそれも変わってきた。時代に合わせた形が必要ではないか」

津田「放送法の改正でインターネット配信も放送法で扱われるようになる。放送局だけに特権を認めていていいのか?」

向谷「ニュースでカシオペアの楽曲が使われていたが3ヶ月で2000円しか入ってなかった。これはおかしいと問い合わせたら、逆に自分の曲だと証明しろと怒られた。使われ方としても勝手に編集されるのは不本意」

向谷「実演家印税は少ない。実演家印税はメンバー4人で1%だった。レコード会社はプロモーションなどで投資しているとは言え、実演家印税は最大でも4%程度。そこでこないだ僕らがやったのはその可視化。隣接権もフリーでやる」

向谷実氏は向谷倶楽部というUSTREAM配信の中で作曲からレコーディングまで公開している。
【参考】http://uol.blog94.fc2.com/blog-entry-65.html
http://uol.blog94.fc2.com/blog-entry-89.html


津田「(タイムラインからの質問)鼻歌はOK?」 
中川「OK」

まがるうさぎ「外の音が入り込む。後ろで音量の小さいBGMがかかる。グレーってどこまで?」

JASRAC「楽曲が判断できれば原理的に言えば黒」 

津田「グレーと言われている物は基本的には黒。但し実際は、街中の音楽が入り込む程度ではコストに見合わないのでそこまで追求されることはない」


中川「グレーなんて本当はない。ユーザーの意識が映画に比べて音楽は低くないか?」

津田「人の曲を演奏することの何が悪いのという演奏者の素朴な感覚もある」

ここで第一部終了。5分間の休憩を挟み後半戦へ。

【まとめ】
USTREAMで現状出来ること:人の曲を自分で演奏する。またはボーカロイドに歌わせる 出来ないこと:CDをかける、カラオケで歌う 


第二部:創作活動拡大のために

津田「Youtube以降、インターネットを巡る著作権の問題」

津田「好きなアーティストをお金を払ってでもUSTで紹介したいという人もいる。こういう人にどういう道を示せるか?」

向谷「ソニーもビクターもここにいない。楽曲を売るのにお金がかかるという理由を盾にされる。僕が向谷倶楽部でやっているのはウルトラ性善説。楽曲を買ってもらえれば使用範囲は非営利ならフリー」

【参考】『ウルトラ性善説』について向谷実さんの 著作権・著作隣接権講座→ http://uol.blog94.fc2.com/blog-entry-85.html


向谷「コピープロテクトは人間を最初から疑う行為。だからDRMはかけない。それよりどこでどの楽曲がどれだけ使われたか、トレースできる仕組みが必要」

山口「全曲報告、トレースはやっていく方向」 
津田「2012年にはTV局も全曲報告の予定」

中川「(USTREAMで)CDはかけられないのではなくて、かけるのには許諾を取らなければならない。プロはそうしている。だがアマチュアは実質それはできない。少しずつでも隣接権まで包括契約できる仕組みが必要ではないか」


my space大蘿「マイスペースでもマドンナの偽物が100人以上いた。それはユーザーがよかれと思ってやったことであった。その上に今のマイスペースの現状がある」


JASRAC菅原「全てコントロールしてきた権利者側がネットというコントロールできないものに対する恐怖。窓口が増えることによって利用者が増えるという発想の転換がまだできていない。USTREAMという場と権利者の問題。ユーザーはできるだけ自由にやれるべき」

まがるうさぎ「USTで違法に楽曲をかけることで視聴者を稼いでいる配信者。これでは正直者がバカを見るという状況が嫌だった」

JASRAC菅原「USTは始めはアメリカのサービスだった。今回のUSTREAM Asiaの場合は日本の基準で契約を結ぶことができた」 

中川「サーバーをアメリカから持ってきて法人を作らないと契約ができなかった(マイスペースの協力を得て何とか前倒しした)。不法な配信はBANしている。(毎月3000〜5000チャンネル」」

津田「DOMMUNEは個別に権利処理をしているが、全てが処理できてはいないはず。これはBANする?」

中川「隣接権に関しては処理されているかどうか僕らは分からない。訴えがあって初めて違反があると分かる」

向谷「(レコ部について)僕が原盤権持ってたらカシオペヤの音楽のUST配信を全面的にOKしたい。だが、僕にはその権利がない(SONYなどが持っている)。だから違法だよというしかない」

【参考】「レコ部」に関する向谷実さんの苦言とそれに関するツイートhttp://togetter.com/li/23973

津田「DOMMUNEやレコ部は見せ方はプロ。ラジオ番組ができるくらい。しかし、ネットでやってしまうと法律の壁がある」 

山口「DOMMUNEはもう商売(スポンサーもついている)。だから原理的に言うと黒。だがDOMMUNEの人が捕まらないような仕組みを作るのが僕らの仕事ではないか?」

JRC荒川「『記念樹』の盗作問題。裁判官にまかせてよかったのか? DOMMUNEを逮捕させてはいけない」

津田「DOMMUNEは著作権契約はクリア。原盤権に関して払うスキームがないものに関して、配信曲のリストを持ち払う用意はあるという姿勢。これは捕まるのか?」

向谷「権利者側も向谷隣接権のメタデータなど必要な情報を開示すべき。その上でトレーサビリティーを徹底できないか」

津田「レーベルの人は絶対出てこないが、あれだけ叩かれているJASRACの菅原さんは出てくる。まずはavexの松浦さんに出て貰うのはどうか。音事協の人にも出て貰わないと」

向谷「音楽の自由度が音楽を儲けさせるという流れができないか」

津田「放送局がまた音楽を食い物にしてきたのではという意見。また、使うことによって広まった曲もあるという指摘。両方の側面がある」

山口「レコード会社を呼ぶのは良いが、産業振興の視点が欠けているのではないか。産業規模が、かつて7000億あった。今は2800億。・・どうしたら、そういう規模に戻して行けるか?という視点」

my space大蘿「みんな集まってやらないといけない」

中川「Ustreamって何?というのを理解している人、誤解している人がいるけれど、基本的にはサービスプラットフォーム。音楽だけでなく映像の権利クリアも課題。権利者と利用者の間の<信頼関係>・・・エコシステムを作って行きたい」

向谷「(タイムラインを見て)誤解があるが、一つ訂正したい。放送局を悪としたわけではない。公衆送信権の問題や、全曲報告などシステム的な問題を突いた」

JRC「透明性と多様性。透明性について相当部分はメタデータなど技術が解決していく。多様性について、自由に使ってというアーティストの意見と限定的にしたいというアーティスト、両方尊重したい」

津田「合法的にUSTで音楽をかけたいという人に道筋を示したかった。そういうことはできたのではないか。次回に繋げていきたい」


この話題に関しては↓の津田さんの著作が非常に参考になります。





[ 2010/07/21 23:38 ] 津田大介 | TB(0) | CM(0)

津田大介×伊藤博之(クリプトン)「音楽の未来について」

IMSTA 基調講演「音楽の未来について」
出演:伊藤博之 津田大介


USTREAM中継されたのだが、音楽に関する講演であったのに音声が非常に悪く、特に前半はかなり聞き取りづらい物であった。

まずは初音ミクなどのボーカロイドで有名なクリプトン・フューチャーメデイア株式会社社長・伊藤博之氏の講演から。
何故CDが売れなくなったかについて、ライフスタイルの変化や接触メディアの変化、テクノロジーの変化等を挙げた。

「技術が音楽を変えてきた。木材加工~CPU レコードやCD 等々」

加工技術によって楽器が出来、現在では高性能のパソコンで音楽を作る。
レコードやCDなどの複製メディアの技術

プロモーション:UST×twitter ニコ生 facebook myspace
などの新しいプロモーション方法がインターネットという技術によって生まれた。

これからはTVからネットへ 
レガシー(マス)メディアからSNSへ 
トップダウンからボトムダウン(上から与えられる物から下から上がって来るもの) 
アーティストを「集める」からアーティストが「集まる」へ

「レコード会社と同等のことが個人で出来るように」

この後各種サービスの紹介へ。

セミナーで紹介されている音楽配信サービス、Router。
iTunes、着うたに簡単に配信できる。
http://router.fm/

全国のフェスを検索できるフェスウィキ。
http://feswiki.jp/


続いて『だれが「音楽」を殺すのか?』の著者、津田大介氏の講演

まずは様々なデータをグラフで示す。
「CD売り上げの減少、配信の売り上げも2008年で頭打ち」
「一方フジロックなどをきっかけにライブ動員は増えてきている」
「著作権料は増えている、主な要因は着メロなど音楽の利用の幅は拡がっている」

違法ダウンロードのせいでCDが売れなくなったなどとよく言われる。iTunesや着うたなどの売り上げの伸びも頭打ちであるが、実は著作権料は増加傾向でCDバブルの90年代後半よりも現在の方がライブ動員数が増えてきているという状況がある。
以上のことにより津田さんは「現在はCD不況であって音楽不況ではない」と述べた。

次にレコード会社の役割について。これまでは、
1.アーティストの発掘・支援
2.レコーディング費用などの負担
3.プロモーション
レコード会社がリスクを取ることで、アーティストに対して有利な契約を結んできた(原盤権をレコード会社が持つなど)。悪い言葉で言えば搾取である。

だが、これが最近変わってきている。
1.のアーティストの発掘はネットなどでの発掘に
2.についても機材の進化で制作費低下(アルバム1枚数千万円単位から数百万、数十万へ) 3.についてもTVCMなどたくさんの広告費をかけてきたが、最近ではネットで無料の口コミプロモーションも可能になった。

これについて、いくつかの例を挙げて説明した。

相対性理論:
ネットの視聴(myspace レコミュニ mf247 ニコ動)とライブで評判を上げた 自主制作CD-R完売 自主レーベルでの2万枚のヒット(メジャーの10万枚とどちらが儲かるか?)

MIKA:
Twitterで300人のファンにバーで奢ったことがtwitterで話題に

神聖かまってちゃん:
ニコ生ニコ動でライブをアップ 
自宅でも配信し視聴者とのコミュニケーション
メジャーデビューも決まりNHKミュージックジャパンへの出演も話題に


まつきあゆむ:
自分のサイトでアルバム直売~Paypal、銀行振込でZIPファイルmp3のダウンロードURLを送付
ファンドを立ち上げ寄付を募る~どんな機材をいくらで買ったか等内訳も公開。ファンはそれがどのように音楽に生かされたのか楽しめる。

「音源の制作過程を公開してファンがそれを楽しむというような形」
「海外でもレコード会社を省いたようなビジネスモデルのミュージシャンもいるが、多くは元々名の知れたアーティスト。そうではないまつきあゆむさんが音楽で食えるようになった」

まつきあゆむさんの日記
http://matsukiayumu.com/index2.htm


メジャーレコード会社とアーティストの360度契約の増加。

「米国の場合、メジャーアーチストの収入の75%はコンサートツアーによるもの。日本でライブ中心のビジネスモデルが可能か?日本のライブハウスにはノルマ制という悪しき習慣がある」

日本でもライブ動員数が増えているのだから、同じようにライブ中心で稼げないか?
そこには米国と違いノルマ制という壁がある。

日本ではライブハウスが出演者であるミュージシャンに2000円×15枚などのチケットノルマをかける。ミュージシャンはファンなどにチケットを売り、ノルマ枚数を超えればその分の売り上げからバックが貰えるが、超えなければ赤字である。バックは場所によってチケット代の50%~100%で、さらに機材費などを取る場合もある。
自ら集客などはほとんどせずにドリンク代などで収益を上げるという収益モデルだ。

これではインディーズバンドなどがツアーで収益を上げることはかなり難しい。しかし、これも変わってくるのではないか?USTREAMなどでライブ配信等。

「ネットでのプロモーションのポイントは共感・新規性・リアルタイム性
例えば月1000円払ってくれるファンが300人いれば30万円で活動費が。UST×PaypalのIZONNやPPVなどの投げ銭のシステム 音楽業界ではないスポンサー」
「フェスなどではJTが積極的にプロモーションしている(規制により他のメディアで宣伝しづらくなったため)」

以上で津田さんの講演は終了。
司会の方がまとめに入る。

司会「90年DAWの時代 2000年ループシーケンスの時代 2010年ソーシャルネットワークの時代 2020年音楽の未来はについて2人にお伺いしたい」

津田「Twitterのタイムライン上でレコード会社を否定しているのか?といった意見が出たが、そうではなく、役割の変化。アーティストの選択肢が増えたといえる。アーティストは作品制作に専念できるにこしたことはない」

伊藤「CDの様なメディアは必要で、すべてネット配信に置き換わるとは思わない」


ネットの登場などにより、音楽業界のビジネスモデルは大きく変わってくる。それに伴いレコード会社の役割も変わってきた。
プロモーションの仕方も大きく変化してきて、アーティストの選択肢も増えてきた。

僕自身も学生時代から”mute vox”というバンドを続けている。社会人になって活動のペースは落としているが、都内を中心に横浜、静岡、大阪などで年50本ペースでライブをした年もあった。周りのバンドを見てもツアーで収益を上げるのは難しく、グッズやCDの売り上げで何とか回っているというバンドが多いのではないか。

だが、最近それも大きく変わってきたことを実感しつつある。ライブのペースを落としてもYoutubeやUSTREAMなどでその様子を全国・全世界の人に見て貰えるようになった。また、直接CDを売らなくてもiTunesなどで手軽に買って貰えるようになってきた。Twitterでのみのやりとりで、直接会ったことのない人からも「曲を買いました」という声を聞くことが出来た。

去年製作したCDはドラムにマイク立てる所からマスタリングまで全て自らの手でやった。
次のCDはその制作過程をUSTREAMなどで公開することを考えている。
プロモーションにもなるし、プロには全くかなわないが、興味ある人の参考になるかもしれない。

また、マイク位置こうした方がいいよとか、意見ももらえるかもしれない。
ただ、あくまでもちゃんとレコーディングはやらなければならないので配信用の人手が必要になるかもしれない。

今回の講演で非常に多くの刺激を受けた。大きく変わりつつある音楽業界。今回学んだことをいち早く取り入れ、実践していきたい。




[ 2010/05/17 00:31 ] 津田大介 | TB(0) | CM(0)

田原総一朗×津田大介「ツイッターとジャーナリズム」

現代ビジネス主催による対談が前回の勝間和代×高橋洋一に続いてUSTREAMで中継された。

始まって早々音声トラブル。
なかなか聞き取りづらいが、津田さんが「ネットジャーナリスト」となるまでのヒストリーを田原総一朗さんがインタビューしているという構図か。

早稲田大学卒業後、小さな出版社へ就職、その後2,3人で小さな会社を立ち上げ、IT系のライターへ

その後、ナップスターやWinnyの話題へ。

津田「P2Pの技術を用いたWinnyは使用者全員が何らかのファイルを常に分散アップロードしているので全員が違法ファイルの一部をアップロードしていることになり、誰かが狙い打ちされにくい」

ここでやっと音声が修正されて再スタート。

田原「Youtubeは違法では?」
津田「アメリカの著作権法には、ある程度対策(通報があれば削除するなど)をすれば罪に問われないということが明記してある」


田原「だが日本でWinnyの作者は逮捕された」
津田「ある種見せしめ的に。違法に使われる割合が高すぎたのかもしれないが、合法的なものを作ろうとする芽まで摘んでしまったかもしれない」

包丁は料理にも殺人にも使われるが、作った人は罪を問われない。Youtubeは包丁だと判断されたが、Winnyは銃だと判断されたのかもしれない。という例えを出して津田さんは説明した。


田原「Youtubeは高く売れたんでしょ?Twitterはどう?」
津田「Twitterは色々な可能性があるので売らずにやっている」
アメリカでは有用なサービスは高額で買収されるという例が多いが、TwitterはGoogleなどの買収に応じなかった。

津田「twitterはもともとバイク便の連絡用のシステム。2007年に爆発的に広まった」

田原「なぜ140字?」
津田「160字のショートメッセージの名残。ユーザーID用のバッファに20文字。その残り140字」
津田「SMSの160字はポストカードに書かれている平均文字が150字前後だったというところから」

田原「日本語は140字により詰め込めるね(漢字・かな使いで)」

田原「1つつぶやくと100の返信がある。これがおもしろい」
津田「書くことによって自分の考えを確認できる」


田原「普天間問題。沖縄入りした鳩山首相をすべてのマスコミが叩いた。これへの疑問」
産経から朝日に至る、右から左全てのメディアが鳩山首相の沖縄訪問を非難した。ここから始まるという見方は一つもないのか?という疑問をTwitterで投げかけた。


田原「Twitterの反応、刺激によって新たな発想が生まれる」
津田「それは2ちゃんねるなどにもあったのだが、Twitterは顔が見える」
実名とまではいかずとも、ある程度発言者の顔が見える反応は匿名の書き込みと重みが違うと言える。


津田「Twitterはブログなどより短く、流れる。だからすべてに返信しなくてもいいが、何に返信しなかったのかも含めてオープンだ」

こういうTwitterの特徴は政治家向きだとの指摘。


田原「政治家。さらにホリエモンがおもしろい。逮捕されて出てきてからがおもしろい」津田「それまではあまり説明しようとしていなかったが、ネットを使ってうまく説明し世論も作ろうとしている」

田原「収監中のホリエモンに差し入れしてあげようと思ったら、拘置所の飯は炊きたてで、大量に一度に炊いたものだから旨い!」

ホリエモンは以前はマスコミなどに対してしっかり答えたりしなかったが、今ではTwitterやブログ、有料メルマガなどを上手く使い分け自分を表現し、無罪への世論を作り出していると津田さんは指摘した。

田原氏「ツイッターを始めたきっかけは自分のなりすましがいたから」

田原さんがTwitterを始めたのは意外なきっかけからだった。

田原「Twitterがネット選挙から外れちゃった」
津田「まだどうなるか分からないが、あくまでも政治家の話。今までも2ちゃんねるなどでみんな好き勝手に書いてきたから」

現在、ネット選挙解放にTwitterは含まれていない。だが、それは政治家本人だけの話で現実的には田原さんの様なひとのつぶやきに反応したり、有権者がTwitter上で討論する。そういうことの方が大きいのでは?という津田さんの回答。

田原「電話なんかと違う?」
津田「連絡の模様をみんなが見ているということが違う。返事しないことも見える。根回し根回しでやってきた日本の政治と対照的」


津田「Twitterはテレビ・雑誌・マニフェストの隙間を埋めてくれるもの、共存すべきもの」


津田「民主党のマニフェストにあった記者クラブ解放がなされなかったことにtwitterで批判が。そこで藤末議員がそれをプリントアウトして持って行った。その後解放された」


田原「2ちゃんねるはすごい。自分のどこが悪いかわかるという人がいた」
津田「2ちゃんねるの場合は極端な話2,3人が批判を書いていることもあるが、Twitterはアカウントがあるので起きにくい」

2ちゃんねるなどを含めてネットの情報は有用だが、Twitterでは2チャンネルよりノイズが少ないという特徴があると言える。(ただし、より率直な意見は2チャンネルの方が多いかもしれない)


田原氏「ハッキリ言って僕は新聞なんかいらないと思っている。新聞の一面は発表報道ばかりだ。分析がない。」


田原氏「週刊誌に取材を受けても週刊誌はあらかじめ自分で決めておいたストーリーどおりの記事にしてしまう。」
津田「僕もやられた事ある。ただ、それに対する反論・指摘もtwitterなどでできる」」


田原「twitterは儲からないでしょ?」
津田「twitterだけではまだ利益は生み出せないが、あるつぶやきに関して広告が挿入され、それがユーザーに還元されるということもありうる」

津田「USTでも動きは起こっていて、番組がおもしろかったら投げ銭するというシステム(IZONN)もできてきている。例えばこの配信が有料なら音声トラブルにもっと批判がきたのでは?」


田原氏「インターネットで稼げるシステム(TwitterやUstで稼ぐプロが生まれるシステム)が必要。」

田原「自分がリストラされるところを実況した。それが本になったtwitterでもそういう動きが出てくるかもしれない」

田原さんはTwitterやUSTの場をアマチュアの遊び場というだけでなく、そこからプロが出て現在の新聞などに取って代わるということを期待しているのではないか。


田原「日本語版キンドルも出てくる」
津田「週刊誌は厳しいかもしれない。ただし、書籍も残ると思う。読んだら捨ててデータだけ残して検索したいというものとの2つに分かれる」

全てが電子書籍になるのではなく、まずは読み捨てが主の週刊誌などからそれが始まるのではないか。電子書籍なら最速で配信され、バックナンバーを含めての検索もできる。ファッション誌等は掲載した商品の通販リンクなども貼れる。
週刊漫画等は単行本の売り上げへの影響を考えると時間制限付きのDRMが適当かもしれない。分厚い本から解放され、全国どこでもいち早く読めるなら成功の可能性は十分ある。


津田氏「昔動画配信しようとしてNTTにお願いしたらまず50万円とか100万円と言われた。今はUstを使えばタダ。」
津田「(出版社でも)僕らくらいの世代はそういうものを使って何かやろうという人がいる。ただしネットを敵とみなす上司がいてできないということがある」


田原「オバマはTwitterで当選したとも言われる」
津田「街頭演説をどこですると告知できるのも大きい」
津田「これからTwitterはインドの選挙の例をみてもどんどん政治に巻き込まれていく」

最後は次の参院選に向けて加速していくであろう、Twitterの政治利用の可能性について示唆して対談は終了した。

特に前半のTwitterの成り立ちや、様々な利用の例、可能性については本日の出演者津田大介さんの著書Twitter社会論に非常に分かりやすく書かれている。必読の一冊である。

Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)
津田 大介
洋泉社
売り上げランキング: 1516
おすすめ度の平均: 4.5
5 ロジカルにTwitterが語られている
2 twitterの勉強で
2 Twitterをよく知らない人向け
4 日本での“Twitter”の広がり感を実感するにはうってつけ
4 Twitterの生い立ちから09年末までの動向がわかる


[ 2010/05/15 00:05 ] 津田大介 | TB(0) | CM(0)

津田大介×中川淳一郎「ツイッターはバカと暇人のもの?」

USTREAMで自分が「tsudaった」(内容を要約してつぶやいたもの)を元にまとめました。

■テーマ「ツイッターはバカと暇人のもの?」
■出演者:津田大介(ジャーナリスト)
       中川淳一郎(編集者)
■日時:5月6日(木) 18:30開場 19:00開始 20:30終了予定
■場所:station 5  
渋谷区神宮前4丁目21-8 OWビル2F
表参道駅徒歩5分、明治神宮前駅徒歩4分
■内容:共に1973年生まれのネット大好き男『Twitter社会論』著者の津田大介と、『ウェブはバカと暇人のもの』著者の中川淳一郎がツイッターの「今」について、ツイッターはこれからどうなるのか? について語ります。


会場では2人の後ろのプロジェクターにTwitterのタイムラインが流れている。USTREAMの配信は若干遅れてスタート。話の途中から。

中川「インターネットの知識がないから企業がSNSやブログで何かやろうとする」

ビジネスとして企業がTwitterなどを使おうとすることに関しての話題。
津田さんも企業に「Twitterってやったほうがいいの?」とよく聞かれるらしいが、「コストはあまりかからないのでやらないよりやった方がいいのでは?」と答えるようにしているとのこと。

津田「現在twitterはバカと暇人のものですか?」
中川「twitterはバカと暇人のものになりつつある」

一例として、フジテレビのTwitterドラマ「素直になれなくて」を挙げる。

中川「『素直になれなくて』は最高w」
中川「『スナナレ見てtwitter始めました』とmixiに書き込んでいる人だけをフォローしたら最低のタイムラインになったw」

こういういわゆるスイーツ(笑)系のTwitterの使い方についての話題で盛り上がる。

中川「スイーツ(笑)系を集めたTLはメッセンジャー的に『おはよう』などとつぶやく」

タイムラインに@なしで「カルボナーラ食べました」とかどうでもいいつぶやきが並んでしまってそれを見るのがおもしろいとのこと。

中川「スイーツタイムラインは100人の女性のハブとなる男がいて、皆を励ましたりしている。うらやましいw」
中川「スイーツタイムラインではフォロー返し率88%。mixi的な使い方が多い。それが楽しい」

津田「そういう、友人同士だけのtwitterという使い方も否定しない。オープンならそこから発展していく」
津田「それがそれぞれのtwitterの使い方と言える。ただ違う使い方をしている人が見えにくい(見ないようにしている)のもtwitterの特徴」


中川「ネット教信者と教祖がいる」

アメリカからTwitterなどの新しいサービスを持ってきてネットなら何でも夢が叶うというような教祖的な人とそれを盲信する人々がいるとの指摘。


中川「twitterドラマでの脚本家北川悦吏子叩きもネット教のせい」
津田「twitterは自分でTLを作るからそれぞれのユーザーに思い込みが起こりやすい」

Twitterの使い方でも、自分のタイムラインの世界が全てだと思いこんで、批判する人々が多かったことを指摘。


中川「ツイッター関連書籍に大げさなタイトルを付けないでほしい」

Twitterは所詮その程度のものだから、これで何でも夢が広がるみたいな書き方には不満があるとの指摘。その点津田さんの「Twitter社会論」はバランスが取れていて良かったと評する。


津田「twitterは機会均等、平等を作るもの」

インターネットの登場であらゆる人が色々なことを自ら発信できる様になり機会の均等化が進んだ。Twitterではさらにそれがフラットになり機会が平等になっていくとのこと。

ここで有名人などのTwitter強者と、そうではない人の違いについての話題へ。
某有名Twitterユーザーの話を中川さんが始めようとする。
すかさず津田さんが「それは何エモンですか?と返す。
中川「それじゃバレちゃうから話せなくなっちゃったじゃん」
ホリエモンはtwitterで有料メルマガ会員が増えてウハウハとかかな?


中川「津田さんのツイートでブログのアクセスが3000増える」

津田さんに今回のイベントの告知をブログのアドレスをツイートして貰ったところ3000件のアクセスがあったとのこと。


松尾貴史さんにTwitter上で執拗に絡んだ人がいた事件についての話題へ。
彼が言うには「有名人に絡むことでフォロワーが増えると思った」
「有名人には分かるまい」

中川「キッチュ松尾事件、北川悦吏子事件はメモって次の本のネタにする」


中川「『@hatoyamayukioは』ひどい内容」
鳩山首相に対するリプライは罵詈雑言が飛び交うひどい内容とのこと。


ソフトバンクの孫社長について
中川「孫さん自身がカスタマーサポートみたいなことするのはどうか?」
と、Twitter上での孫さん人気に疑問を。

津田「孫さんの使い方はうまい」

さらに、うちのブログのアクセスが急上昇するきっかけとなった勝間vsひろゆき対談の話題へ
(対談のノーカット版の記事はこちら USTREAM配信版 勝間和代司会「デキビジ」 ゲスト 西村博之
中川「勝間さんブログコメント2000件はすごかったね」
津田「twitterは流れるからブログより良くも悪くも鈍感になれる」

ブログのコメント欄は荒れているのが見えて残ってしまうけど、Twitterはどんどんツイートは流れてしまうので炎上が見えにくいとの指摘。


企業Twitter利用の成功例としての加ト吉の話題へ。
津田「加ト吉は本当のプロが先行してやっているから、あれは簡単にマネできない」


中川「『ツイ婚』などtwitter絡みだと何でも記事になったりOKになったりするのが気持ち悪い。寿司屋で出会ったのを『寿司婚』って呼ぶか?」

雑誌の記事の企画などTwitter関連の案件が簡単に通ってしまう現在の状況の異常さへの指摘。


津田「ホリエモンのように有名人が有料メルマガをするように、一般人の中からも月数万稼げるなどの可能性があるのでは?」

ホリエモンがTwitterをきっかけに会員数を伸ばし、5000人の有料メルマガ会員を抱え、300万程度の収入があることについて。
津田さんが仮に有料メルマガを初めて、1%のフォロワーが購読した場合数十万の収入があるかもしれない。だが、これは決して有名人だけではなく、一般の人でも数万円クラスの収入なら可能性があるのでは?との意見。

ここで会場からの質問へ
質問:NHK広報のアカウント@NHK_PRについてどう思うか?
津田「NHKPRはお客様相談室の可視化に成功しているを言える」

Twitterというオープンな場でしかも140文字制限という中での対応は、お客様相談室の電話対応などに比べて、非常にうまく言っている例だとの回答。


さらに、Twitter上の僕の質問も取り上げて貰えた。
質問:中川さんはtwitterで今後何をやっていきますか?

中川「IT強者TL、スイーツTL、チラウラドットコム的な反面教師TLを見て元気をもらう」


質問:Twitterに広告代理店が入ってくるか?
中川「twitterに広告代理店はいらない。入る余地がないのでは?」

例えば有名人がブログで商品を紹介しているが、あれには代理店が営業し、記者会見などのバックアップもある。ところが、ホリエモンなどは自分で発信し、メルマガなどを直接宣伝すればいいのでそこに代理店の入り込む余地がどれだけあるか?との回答。


会場に来ている人から津田さんへのリプライでタイムラインを汚してすいませんと謝罪が。
津田「TLを汚すという表現が分からない。メンションは全て見ている」

Twitterの場ではあまりそういうことを気にせず気軽につぶやくものだ。タイムラインの全ては追い切れないが、自分へのリプライは全部読んでいるとのこと。


中川「有名人などのtwitter強者は株に例えることができる。100万を200万にするより1億を2億にするほうが簡単」

有名人のユーザーと一般人ユーザーの比較。
知名度からくる元々の潜在的フォロワーの差はやはり大きいという指摘。

これに対して「失うものがないほうがtwitterは有利では?」という反論などもあった。


津田「言葉の限界を知っている。だからこそ新たなメディアを作ったり、政治的な活動(著作権的関連など)をしたりしている」
中川「津田さんをツイッター一発屋のように呼ぶ人はなんだ?」

Twitterきっかけで津田さんを知った人も多いが、著作だれが「音楽」を殺すのか?
など元々音楽の著作権などについての活動をしていた。政治的な動きとしてはインターネットユーザー協会(MiAU)を立ち上げ、著作権の保護期間の延長を止めるなどしてきた。
関連記事
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20359033,00.htm


質問:Twitterはこれからどうなるか?
中川「ツイッターはこれから、バカが大量に流入してきて呆れた人が消える。そして今の過剰な礼賛風潮は消えて落ち着き正常に戻る」
津田「来年くらいにはtwitter自体を語るということがなくなる。使う人は使い、携帯電話のように当たり前になる」

思っていたより流れは速いが、mixiの1000万ユーザーあたりまでは簡単に到達するのではないか。電話やメールの様に当たり前に使うものになるのではないかという回答。


最後に会場の人から欲しいをいう意見のあった中川さんのTシャツと同じ物を送料無料でプレゼントするというサプライズもあった。

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
中川淳一郎
光文社
売り上げランキング: 2069
おすすめ度の平均: 4.0
2 ウェブに特有の問題ではないのでは?
5 第五章ネットはあなたの人生をなにも変えない
5 企業と個人の双方のネット利用者に対して、ネットとのつきあい方を説く
5 ウェブ退化論
4 読みながら、「そう、そう、」とうなずき、笑いまくった1冊。

Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)
津田 大介
洋泉社
売り上げランキング: 2532
おすすめ度の平均: 4.5
5 ロジカルにTwitterが語られている
2 twitterの勉強で
2 Twitterをよく知らない人向け
4 日本での“Twitter”の広がり感を実感するにはうってつけ
4 Twitterの生い立ちから09年末までの動向がわかる
だれが「音楽」を殺すのか? (NT2X)
津田 大介
翔泳社
売り上げランキング: 7835
おすすめ度の平均: 4.5
5 ネット時代の音楽ビジネス
5 すべての音楽ファン必読
5 双方の主張を総覧できる1冊
3 いい勉強になりました
5 アーティストとリスナーの新しい信頼関係を作るために
ウェブを炎上させるイタい人たち-面妖なネット原理主義者の「いなし方」 (宝島社新書 307)
中川 淳一郎
宝島社
売り上げランキング: 13038
おすすめ度の平均: 3.0
4 ネットはいつだって 無法地帯だぜ!
4 中川さんのネット叩き本第3弾
3 ネットやってる自分に確信が持てなくなってきた人には今お勧め
3 実例紹介本としての価値はありそう
3 この本の存在意義

[ 2010/05/07 00:03 ] 津田大介 | TB(0) | CM(0)














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。