スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

iPod ニューモデル発表

昨日深夜iPodの新ラインナップが発表された。




大きな変化があったのはnano。新型nanoは縦長のデザインに戻りました。薄さはさらに徹底され、サイドは丸びがさらに薄さを強調していて、実用面でもジーンズのポケットに収まり易くなっている。
MacBook Air等に続く「薄さ」というコンセプトが続いていますが、モニタの大きさと持ち運びを両立させる為には正当な進化でしょう。
今回はtouch、iPhoneでお馴染みの加速度センサーが搭載され、横に傾けると横向きで動画やCover Flowが楽しめる。さらに、本体を振るとシャッフルモードになる「シェイク機能」は大変欲しかった機能だ。
容量は8GBと16GBの2種類。価格はそれぞれ17,800円と23,800円と容量を考えてもさらに安くなった。さらにカラーバリエーションも9色と豊富。



先日発表されたSonyのウォークマンSシリーズと比較してみるとディスプレイサイズは2.0インチで同じ。ウォークマンも動画は横画面での使用を意識している。容量のラインナップも4GB以外は同じ。音楽再生時間はウォークマンが40時間に対しnanoは24時間、動画ではウォークマン10時間に対しnano4時間とまだかなりの差がある。
その他の特徴として、他のCD、MDプレーヤーから直接録音が出来る「ダイレクト録音」やFMラジオ。また、上位機種ではノイズキャンセリング機能を備える。

基本スペック的は大分近付いてきた両者だが、iTunesを含めた使い易さのnanoと、付属イヤホンを含めた音質、電池持ちのウォークマンといった構図はまだ変わらないようだ。


touchはマイナーチェンジと値下げ。内蔵スピーカーは便利そうだけど、傾きセンサを使ったゲームは購入してまでやるかといったらやらないと思う。


classicは80GBと160GBのラインナップが120GBのみに。フラッシュメモリタイプの容量増でHDDタイプはもうそろそろなくなるかも。


個人的には30GBのiPod5G(白)がまだ現役なので、買い換えの予定は無し。電池持ちもまあまあだが、白いイヤホンは汚れが目立つので黒いEP-630-BKを使っている。本体も黒にすれば良かったと思う。

スポンサーサイト
[ 2008/09/10 22:14 ] iPod | TB(0) | CM(0)














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。