スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オリンピック日本代表監督 星野仙一 NEWS ZERO

ソフトボールが日本を沸かせる中、4位に甘んじた星野ジャパン。しかも韓国、アメリカに2敗ずつ、キューバにも負け、4勝5敗と言う成績。岩瀬、GG佐藤、村田、森野と選手の不調があったのもそうだが、何と言ってもその選手を選び、采配した、星野監督は何を考えていたのか非常に気になっていた。そんな中、レギュラー出演しているNEWS ZEROにて注目の発言があった。
終始、「監督の私がこんなこと言っちゃあいけないんだけど…」とか「言い訳になるから言っちゃあいけないんだけど…」と言いながら延々言い訳してるんだけど、その内容がひどい。大体以下の様な内容。

Q. 反省点は?
A.合宿地が東京だったこと。都内だと選手も知り合いが多いので、チームの親睦が深められなかった。

Q.ベンチで座っていた理由は?
A.たまたま座っていると無失点だったので縁起を担いで座っていた。

Q.ストライクゾーンについて
A.日本のピッチャーはコーナーを攻めるタイプなので、ストライクゾーンが異なるのは日本に不利だった。

Q.他の敗因は?
A. 国際試合の経験不足。日本の選手はきれいな球場になれており、設備の整ってない場所に慣れていない。

Q.準決勝での韓国戦での岩瀬投手の起用について
A.それが私のやり方。調子の悪い岩瀬を使ったのはチャンスを与えるため。1,2度失敗しても挽回のチャンスを与える。

Q.リーグ戦では良いかもしれないが、短期決戦ではその方法は向いていないのでは?
A.岩瀬に代わるピッチャー(左の中継ぎ)がいなかった

Q.世界との差を感じたか?
A.世界との差はない選手のピークを試合にもってこれなかった

Q.コーチ陣が仲良しグループと批判を受けていることについて
A.予選を通ったときは何も言われなかった。仲良しグループでも意見を言い合う仲だ。

Q.WBCの監督要請については?
A.まだ帰ってきたばかりでまだ何とも言えない。

Q.ファンの皆さんへ一言
A.ZEROのファンの皆様へ。バッシングを受けているが、そうゆうことが起こると夢が持てない、言えないことになると思う。今後もチャレンジしていきます。勝負していきます。夢を持たなきゃいけない。私の人生長いのでまだまだ行きます。


これでは勝てるはずもないわけだ。これを聞いて全ての敗因は星野監督にあることを確信した。さらに新井、川崎の故障も発覚、こんな人にWBCの監督が務まるはずがないと思うのだが、本人はどうやらやる気がありそうだ。最近はマスコミも応援しそうな勢い。どうなってるんだ?と思う。プロ野球もこんなことばっかりしてると視聴率は下がる一方だと思うのだが。

スポンサーサイト
[ 2008/08/28 20:04 ] オリンピック | TB(0) | CM(0)

女子ソフトボール決勝

予選総当たりの結果を重視するページシステムのおかげで決勝にてアメリカとの再戦。
前日準決勝、3位決定戦とダブルヘッダー2試合、318球を投げた上野が先発。
疲れも残っているが、最強のアメリカ打線に通じるのは最強のピッチャー上野しかいない。

球に昨日までのスピードはない。アメリカ戦ではMAX117キロ。オーストラリア戦の終盤でも110キロ台を連発していたが、今日は100キロ台。

それでもキャッチャー峰の要求するコースにしっかりと決め、ランナーを背負いながらも0点に抑える。

3回には三科の2塁打。ここからが昨日の日本とは違った。
落ち着いてきっちり送り、狩野がうまく転がし内野安打で先制。足を使った日本らしい攻めがやっとできた。

4回には山田のホームラン。上野の好投に打線が答える。
この後、雨で試合が一時中断。雨天ノーゲームだけにはならないで欲しい。

雨は上がり、試合再開。直後、4番ブストスにソロホームランを打たれる。
しかし、先程の追加点のおかげでまだ一点リード。上野は落ち着いて後続を抑える。

6回、守備のミスや四球も絡み満塁のピンチ。
しかし、上野は踏ん張る。連続で内野フライに討ち取り最終回へ。

7回、昨日は全く打てなかったアボットから先頭バッターがヒットで塁に出る。ここでアメリカのエラー、焦りが出る。このチャンスに日本はさらに追加点で3-1。

打線の援護を受け楽になった上野は、この回もランナーを出すも守りきり、完投。
歓喜の瞬間。上野は肩車され、人差し指を高々と掲げる。解説していた宇津木元監督も泣いている。

次のロンドンオリンピックから除外され、最後となるこのソフトボールで、悲願だった金メダルを勝ち取った。

fat1219325236174.jpg

いやー凄かった。昨日から続く熱戦。観てるだけで疲れてくるが、エースの上野の投げた球数は2日3試合で400球を超えた。
国内では3日5連投という場合もあるみたいだが、このオリンピックのメダルのかかった3試合での登板は精神的にも相当な消耗があっただろう。

チーム全体としても昨日のアメリカ戦での悪いところを全て修正してきた。
なかなか打ち崩せず、タイブレーク等でのチャンスでもバントミスや、得意の足を絡めたプレーが出来ないでいた。
しかし、今日は上手く塁に出るとしっかり送り、足を絡めて内野安打できっちり点を取った。
守備でもライン際やファールフライにしっかり対応し、終始リードして、疲れのある上野を援護した。

ページシステムは総当たりのリーグ戦の結果を重視し、1,2位には決勝進出のチャンスを2回与えている。準決勝で負けても、3,4位の勝者と対戦し、勝てば決勝へ進める。
アメリカの持ち込んだこのシステムは、シドニー五輪では日本を苦しめた。
無敗で決勝進出を決めた後、リーグ戦では一度は破ったアメリカに負けて銀メダルに泣いた。

今回はこれとは逆のパターン。全勝で臨んだ決勝で、二度退けた日本に敗れ金メダルを奪われた。

10s50006.jpg

アメリカも強かった。アボット、オスターマンという長身ピッチャーは驚異だった。
ホームランを打ったブストス。名前の響きと見た目の印象もあって、打席に入ると恐ろしくてしょうがなかった。表彰式では一人グラサンかけてるし。オリンピックを最後に引退とのことなので、もしかしたら涙を隠してたのかもしれないけど。

ruru1219325616272.jpg

放送にはなかったが、最後に2016年のオリンピックでのソフトボール復活を願い、ボールで「2016」の数字を描き、3チームで記念撮影したらしい。
http://sankei.jp.msn.com/beijing2008/photos/080821/gba0808212332022-p1.htm
[ 2008/08/22 04:04 ] オリンピック | TB(0) | CM(0)

ダイハード4.0



4点(10点満点)

4.0なので4点にしときました。
要するに「ドラマの『24』を2時間半にまとめました」って感じ。
『ダイハード』のブルース・ウィリスと『24』のキーファ・サザーランドは被っている気がしてたけど、『24』観てもう一回やりたくなったのか?

「4」でなく「4.0」ってのは「WEB2.0」から取ったと言うことで、事件は天才ハッカー集団によるサイバーテロ。『24』に限らず最近よくあるパターン。

まず特徴的なのは編集。大胆にバシバシ切って展開していく.少し説明不足も「分かるでしょ」という感じで細かい説明はしない。例えば、充電が切れた携帯もいつのまにか使えるようになっていたり、ヘリで来た場所から車で移動したり。つまり、観客は「さっき家にいた間に充電してたんだな」とか「車を借りるように住人に断ったんだな」とか、多分そうなんだろうという推測できるはずだ、という切り方。
まあ解るんだけど、いちいちひっかかって邪魔になってしまう。

アクションもあり得ない規模になっていて、そこで笑えるはずなんだけど、細かいディテールのせいかイマイチ笑えない。

そして、黒人のFBIとの関係も上手く出来ていない。1作目ではビルの外にいる黒人警官と無線のやりとりだけで徐々に信頼関係を築いていくのがよく分かる。しかし、今作では信頼に至る課程がほとんどない。
代わりに、ハッカーの青年がいる。『24』のジャックはCTU捜査官でPCやスマートフォンを使いこなすが、ただの刑事マクレーンには使えない。ってことでいるって感じ。

まあラストはベタベタな感じでマクレーンを助けるのだが、ここのシーンがかなり引っかかる。ハッカー青年が銃を拾うカットがなく、いきなり撃つ。まあそのちょっと前に銃を見るからわかるんだけどさ。もう一つ、マクレーンが銃を突きつけられた時、自分を撃って貫通させ相手を倒すのだが、相手の銃の位置が明らかにおかしい。マクレーンの肩に突きつけているのだ。これではもう次の展開がバレバレ。

終始こんな調子なもんだから、大胆な編集もただ時間に収まらなくてこうなった様にしか思えなくなる。

と言うわけで、このプロットなら『24』でやった方がまだ上手くいった気がするし、というかもう似たような事件はやってるのでそれも必要ない。ちょっともうどうしようもない感じになっている。1はもちろん2や3にも劣る出来でした。

[ 2008/08/16 05:30 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

木村カエラLIVE TOUR 2008“+1”FINAL

と言っても、今フジテレビでやってる30分の放送観た感想。
フジはFACTORYとかたまにこういうライブ放送やってくれるんだけど、スカパー721の宣伝で、最近は30分に短縮されてしまった。

今年のロッキンと比べると、やっぱギター一本多いわ。まあこれが通常なんだけど。
Jasperはバンド演奏なのでCDと大分違う印象。シノッピアコギ弾いてるよ。
しかし、ブラックライトで顔や露出してる腕が青く光るし、ダンスも完璧。
衣装はスカート。ロッキンでもスカートでした。最近お気に入りなのか?

リルラリルハもサウンドが大分違う。キーボード入ってるしね。個人的にはCDの様なギターの音色の方が好き。

BEATではカエラもギターを持つ。これはロッキンと同じだ。

メイク落として、Tシャツ&パンツ姿に着替えて、ロッキンでもやった新曲「マスタッシュ」
ラストはHappiness!!!このアレンジは好き。テンポ上げて、アドリブっぽく入るシノッピのギター、キーボードの入れ方もゴージャスに仕上がっている。
これにて終了。721では2時間バージョンの放送があるそうな。まあうちは見られないんだけど。
[ 2008/08/13 03:07 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

8/10 SUMMER SONIC08 第2日目 レポ


NEVER SHUT UP

9時40分に電話で起こされ、10時6分の電車に飛び乗り11時31分に海浜幕張へ。
ISLAND STAGEの小泉今日子は入場規制の模様。
何とかBEACH STAGEの「LOW IQ&THE BEAT BREAKER」に間に合わせる。

Image113.jpg
セットリストは大体こんな感じとのこと。

So Easy
T・O・A・S・T
Got Lucky
Swear
RULES
LITTLE GIANT
MAKIN' MAGIC


ビール飲みながら高台から観る。
Image114.jpg
2人は甚平で登場。イッチャン今日は立って弾くのね。会場は大盛り上がり、ダイブあり、サークルモッシュあり、しまいには入場規制もかかったとか。でもまだ余裕あったけどね。サマソニ規制かけるの早いな。昨日のPerfumeで将棋倒しが起こってやばかったみたいだから、その影響もあるのかな?
しかし、フェスで2人編成の省エネバンドもどうかと思うw せめてベース&コーラス位入れてくれ。ってそれじゃ普通過ぎる?
MCではイッチャンがエアージャムネタをツネさんに振ってたw
セットリストは完璧。12時開始で次が12時55分だからセットチェンジ考えると30分位かな?と思ったけど、次は「ET-KING」とやらでセッティングなど皆無w
40分位やってました。


「THE HOOSIERS」「dustbox」「THE KOOKS」「GOOD 4 NOTHING」「RADWIMPS」「ALICIA KEYS」をチェック。「THE KOOKS」はもっとしっかり観たかったな。

セットリスト拾ったんで載せときます。
RADWIMPS
ます。
ギミ
なんちって
トレモロ
遠恋
セツナ

オダメ
edp
おこして
いいんですか

てかRADWIMPSマリンステージっておいw
KOOKSファンにウザがられたろうな。
リフとかは好きです。それにしても凄いスピードで出世してんね。


ALICIA KEYS
1:オープニング
~Alicia登場~
2:Go Ahead
3:You Don't Know My Name
4:Teenage Love Affair
5:Heartburn
6:Karma
7:How Come You Don't Call Me
8:If I Ain't Got You
~Alicia一旦引き、バンドソロも交えつつ、I Need Youイントロ~
9:I Need You
10:Diary
11:My Boo
12:A Woman's Worth
13:Fallin'
14:No One


友人が来てるとの事でちょっと会って話す。 他の知り合いも結構来てた模様。
そろそろメッセ行った方がいいって?そうだね。って事でメッセへ。
Image119.jpg
散策してたらサイドショーにDJダイノジが。フェス出まくってんな。RIJFでもチラ見したが。すげー盛り上がってる。そして何故かRGもいるw

DANCE STAGEに寄るも、何もやってなかったのでMOUNTAINへ。
Image122.jpg 「DEVO」つなぎのおっさん達がすげえ楽しそうだ。

さっきからちょくちょくワンセグで五輪サッカーチェックしてたんだが負けてるし…。

そのまま「FATBOY SLIM」隣に国旗持ったやつがいる。
人波に飛び込みたい。踊りたい。しかし、あれ?跳べないぞ?おかしい。完全に左足がおかしいw
旗持ったやつはいつのまにか、かなり前に行ってるしw

COLDPLAYも少し聴きたいってことで、少し早めに切り上げ。
流石に終盤。「ALICIA KEYS」がゲストで加わった模様。
ラストまで聴いて、花火はかなりいい位置で見ることが出来た。
Image127.jpg
セットリストは以下
・天然色の人生(Life In Technicolor)
・ヴァイオレット・ヒル
・イン・マイ・プレイス
・美しき生命(Viva La Vida)
・42
・フィックス・ユー
・Chinese Sleep Chant
・ゴッド・プット・ア・スマイル・アポン・ユア・フェイス
・スピード・オブ・サウンド
・世界に一つだけの花
・イエロー
・ロスト!
・サイエンティスト
・Death Will Never Conquer
・トーク(Remix)
・クロックス (With Alicia Keys)
・ラヴァーズ・イン・ジャパン
・生命の幻影
・The Escapist


さあ帰宅するか。しかし、もはや左足引きずって歩く状態。
帰りの駅から家まで普段の倍かかったんですけどw
しかも雨降るし。傘かったら止むし。
ひどいもんだけど、楽しかったからいいか。

[ 2008/08/11 17:53 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

the band apart ツアーファイナル@幕張メッセ

Image076.jpg
少し前ですがthe band apart ツアーファイナルのレポをアップ。

セットリストは以下
1.Falling
2.I love you Wasted Junks & Greens
3.Eric.W
4.night light
5.July
6.led
7.Cosmic Shoes
8.shine on me
9.FUEL
10.bacon & eggs
11.pieces of yesterday
12.Malibu
13.Moonlight Stepper
14.higher
15.cerastone song
16.ANARQ
17.beautiful vanity
18.from resonance
19.coral reef
20.Waiting

アンコール
21.Can’t remember
22.in my room
23.K.and his bike
24.quake and brook
あぁ、もう疲れたよ。

新アルバムを中心に2時間the band apart漬け。

始めはおとなしく後方で聴いてたけど、一回位は前行かなきゃってことでちょっと跳ねてきました。

メンバーが一人ずつ帰って行き、原さんだけが残る。
ベースソロになってドラムのところへ座り、バスドラ蹴りながら弾いてる。器用だなw

アンコールは再び後ろで。
2度目のアンコールで川崎さんが後方のPA席まで乱入。
ワイヤレスを最大限に生かして弾き狂ってましたw

原さんの「観客が把握できる位のキャパでやんないとな」の言葉通り、やっぱりライブハウスがいいね。
メッセは中でビールも売ってないし。

とか言いながら次はロックインジャパンフェスのメインセテージですがw

ASPARAGUSのシノッピもいたとの情報。
今年はロッキンにアスパラ不在なんだよな。バンアパは出るけど。
予定が合えば行く予定。

[ 2008/08/10 16:26 ] ライブレポ | TB(0) | CM(0)

7/20 蓮沼・裏 in 横浜BLITZ

13時からってことでいきなり寝坊したけど、開始にはほぼ間に合った。
意外と昔対バンしたバンドもいたり。まあサボってるうちは一生追いつかないですがw

Image080.jpg

the chef cooks me
EGNISH
Fat Prop
FUCK YOU HEROES
GLORY HILL
GOOD 4 NOTHING
HOLSTEIN
POP DISASTER
riddim saunter
UNCHAIN
WRONG SCALE
Yacht.

Fat Propは鹿児島のバンドらしい。地方にもこんなバンドがいるんだな。


Yacht.は去年に引き続き。コーラスワークは流石。キャッチーなメロで観客を掴む。ベースは相変わらずヒロ君に似てる。何か今年は髪染めてて腹立つ仕上がりw


WRONG SCALEは今日のベスト。
裏打ちにカッティングで始まったのでびっくりしたけど、中盤からはエモーショナルないつもの曲がかかって安心。
いい感じに仕上がってるな。


UNCHAINはきれいなギターで音は良くまとまっている。が、ワウ使ったらいいのにと思った曲があった。もっと泣かねば、crybabyで。
01.You Over You
02.Let Me Be The One
03.Don't Need Your Love
04.make it grow
05.Precious


riddim saunterはいつも通り?
てかTシャツださくね?ってのは言っちゃいけなかった?w


GOOD 4 NOTHINGがラスト。会場は相当沸いてましたよ。
てか関西勢はグッフォーぽいバンド多いなと今日思った。
今日で言うと表にアクセント置いたカチッとしたリズムのシンプルなロック。
客乗せるのが上手い。


途中まではドラクエやりながら一人で観てましたが、奇跡的にも知り合いと遭遇。飲んだくれてますが、何か?
今日は2.5リットルほどビール飲んでますね。
帰りは横浜の花火の客と被った。何かカップルの男のほうのやってたドラクエの方が先に進んでてちょっと腹立ったw


次はロッキン。今年はメンツが悪いと散々文句言ってましたが。行くことになりましたw

[ 2008/08/09 13:14 ] ライブレポ | TB(0) | CM(0)

4/13 フジテレビ FACTORY 収録

過去のライブレポをアップします。

FACTORYの収録に行ってきました。
前行ったときと同様にフジテレビ前に集合して、裏口みたいなとこから入る。
控え室は前はリハーサル室みたいなとこだったけど、今回は収録スタジオの隣のスタジオ。そんでここは見学で入れるエレベーター上がったとこの窓から覗けるわけね。
つまり一般人が一般人を見学してるという…(写真参考)

780227794_238.jpg

TV業界もコストカットの波でいつも配布される水、フライヤーは無し。
集合時間から一時間待ちでスタート。

TOKYO No.1 SOUL SETはちょっと何言ってるかわかんないっす。


UNCHAINはちょっと楽しみだったんだけどツインギターでシャリっと。
ヴォーカルギターがシンラインにアンプがツインリバーブかな。
もう一本がストラトにVOXだったかMATCHLESSだったか忘れた。
ベースがSadowskyのアクティブにアンペグかな。割とオーソドックスな音。
ドラムとベースがかっちりしてて、そこにうまくヴォーカル乗せてる。
ベースもっとぶん回してもおもしろそうだけど。


LOW IQ & THE BEAT BREAKERはドラムのツネさんと二人で。ってこの編成初期のストレイテナーじゃないかw 彼らが諦めたことが遂に実現?

あーでも違ったわ3人編成だった。演奏中にいっちゃんの落とす帽子を拾う係がいた。毎回脱げるんだからゴム紐付けとかないとな。

テレキャスにOrangeアンプを2台。爆音過ぎてスピーカーの前にいると耳が死ぬわ。ってかまあいつもの曲やるんだけどね。コード進行はシンプルなの多いんでギターで低音も補完しながらコーラス含めて残りは客が脳内補完しながら聴くという大変客任せな構成になっております。

まあでも楽しかったけどね。
ONAIRは5月。最前線のど真ん中行ったから映ってる可能性大だわ。


遂にASPARAGUSがフジロック進出ということでそろそろ今年こそフジロック行ってみたい。 ってかアネッサのCM曲ドーパンかよ。

[ 2008/08/08 12:59 ] ライブレポ | TB(1) | CM(0)

8/3 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008

Image098_convert_20080808051311.jpg

この日は非常に蒸し暑い。立ってるだけで汗がジワジワ。
3日目のみ参戦のtakeCと合流。

9mm Parabellum Bullet
01.Beautiful Target
02.Discommunication
03.Heart-Island
04.The Revenge of Surf Queen
05.Living Dying Message(新曲 )
06.Supernova
07.Termination
08.Marvelous
09.Talking Machine
10.Punishment

激しい日本語ロック。ギターはガンガンハモリを入れてくる。
RD洗脳調査室主題歌「Wanderland」が聴きたかったのでレイクステージへ。
最新シングルだしやってくれるだろうと思ったら全然やってくれない。Dragon Ash始まったけど、せっかく待ったんだから最後までと思ったけどやっぱりやらず…。

急いでシーサイドトレインに乗り込み、グラスステージへ向かう。

Image099_convert_20080808050945.jpg

Dragon Ash
00.Independiente
01.For divers area
02.Fly
03.Ivory
04.Morrow
05.Velvet Touch
06.La Bamba
07.Episode 4
08.Fantasista
09.few lights till night
10.Viva la Revolution

既に「Fantasista」やってるし、連れも見つからない。
しょうがないから結構前の方まで行って「Viva la Revolution」コール。

HAWAIIAN6
01.MAGIC
02.The Betrayer
03.WORLD
04.Shadows Of The Sun
05.Light And Shadow
06.A Cross Of Sadness
07.An Apple Of Dischord
08.The Morning Bell
09.Star Falls On Our Hands Tonight
10.Promise
11.A Piece Of Stardust
12.RAINBOW,RAINBOW
13.Eternal Wish,Twinkle Star

フェスでは初見。客入りもそこそこで満を持してグラスステージ進出。
今日の今までのうっぷんを晴らすように前線へ。ダイブ×2。
MCは相変わらず青臭いが、熱い。
「RAINBOW,RAINBOW」でサークルを要求。
皆で肩を組んで回る。


奥田民生
01.マシマロ
02.カイモクブギー
03.SUNのSON
04.スルドクサイナラ
05.愛のボート
06.イナビカリ
07.快楽ギター
08.イージュー☆ライダー
09.無限の風
10.さすらい

という訳でHAWAIIAN6の疲れを癒す為に。
木陰で寝転がって聴く。ってか途中で完全に寝た。
新曲「無限の風」で起きて、最後の「さすらい」は立って聴いた。


YOUR SONG IS GOOD
01.A MAN FROM THE NEW TOWN(団地からきた男)
02.熱帯ボーイ
03.MOVE OR DIE
04.ACTION
05.THE CATCHER IN THE MUSIC(音楽畑でつかまえて)
06.THE HEY
07.ブガルー超特急
08.The Outro

Image103_convert_20080808051333.jpg

フォレストで聴きたいバンドだが、レイクが埋まってるぞ!とにかく楽しい音楽&パフォーマンス。 ボーカル&キーボードのしゃべり方はハイキングウォーキングの左(ミスタースズキックス)に似ていると思う。
ベースの顔は完全にジョイマンの左(ラップやる方)。
ラストは立ち上がって踊る。

鬼束ちひろ
01.X(新曲)
02.月光
03.everyhome
04.Dream on(エアロスミスのカバー)
05.sign
06.蛍

グラスステージには赤い布の上に鬼束ちひろとピアニストだけ。
何と言っていいのか、声量はともかく全体の音が小さい。かなり近付いてもDJブースの音が聞こえる。これは狙い?
ただマイクを通しただけの素の音を聴かせたいのだと思うけど、最初から新曲をされてもフェスの客には厳しい。ただでさえ少ない客が移動していく。
「月光」が聴けたのは良かった。僕らもLAST ALLIANCEへ移動。


LAST ALLIANCE
01.Proud of Scar
02.World is mine
03.SPIRAL WORLD
04.ゼンマイ
05.REBEL FIRE
06.Truth In My Arms

9mmと同じくRD洗脳調査室のエンディングテーマ「片膝の汚れ」が聴きたくてWINGTENTへ。 しかし、こちらもやらないw

しかし、音が良くない。他のWINGTENTのバンドと比べてもちょっと…。声聞こえないし、音が濁っている。う~ん、Capsule行けば良かった。


Base Ball Bear
01.changes
02.GIRL FRIEND
03.SUMMER ANTHEM
04.祭りのあと
05.CRAZY FOR YOUの季節
06.ドラマチック
07.ELECTRIC SUMMER

続いてBase Ball Bear。前WINGTENTで観たが、ここでレイク。
基本裏打ち系で飛び跳ねる。
ベースの関根史織は、ややかわいい。ベース持ち上げたり、片足上げたり、必死感がかわええ。
プレベにAcousticのベースアンプなんて使いこなす自信ないわ。
最後は夏らしくエレサマで終了。

フォレストの陣地へ戻ると、真心ブラザーズの音が。
YO-KINGは真心と連続でフォレスト。どちらも相当人入ってました。

活動休止と言うことで初めてライブを観ますが、ベストアルバム聴いてるといい曲結構あるなー。といことでラストはもちろんフェスのオオトリELLEGARDEN。

ELLEGARDEN
01.Opening
02.Pizza Man
03.モンスター
04.Space Sonic
05.Fire Cracker
06.高架線
07.Mr.Feather
08.Missing
09.The Autumn Song
10.BBQ Riot Song
11.Supernova
12.風の日
13.I Hate It
14.Salamander
15.Red Hot
16.Make A Wish
17.ジターバグ
Encore
18.金星
19.Surfrider Association

グラスステージは超満員。もちろん今回最高の入りだと思われる。
ベストアルバムの曲を中心にぶっ飛ばす。
今夜だけはエルレ厨にならせていただきますw
途中肩組まれたり、ハイタッチしたりして最後を楽しみました。
ジターバグで終了。メンバーは下がる。もちろん起こるアンコール。

アンコールは金星の後「しみったれた感じで終わりたくない、もう一曲やっていい?」とのことで「Surfrider Association」で終了。
さらにアンコールの声が鳴り止まぬ中、フェスの終わりを告げる花火が。

花火

花火は勝手に毎年始める掛け声、上がる時「オー-」と盛り上げ、花火が拡がって「フォー!」
これは皆ノッてくれますw
自分が始めてノッてくれると楽しい。
実はこの直後の写真がクイックレポに載っている。
http://www.ro69.jp/fesinfo/rijfes08/quick/index.html
2カ所写っています。

という訳で今年のロッキンは終了。ライジングサンとのいざこざで多少メンツは落ちたけど、普段観ないバンドや、意外なバンドが大きなステージで観ることが出来て楽しかった。
来年は3日間ではなく日にちを絞って行くかな。
でも、来年ロックインジャパンも10周年と言うことで、気合いの入ったブッキングも予想される。
ともかく、来年もきっとこの地で皆と会おう。


[ 2008/08/07 23:02 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

8/2 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008

2日目会場に入ると、眼下に見えるレイクステージは満杯。まだ9時台でスタートまで1時間はあるのに。入れるのか?

ともかく1日目と同じようにフォレスト近くに陣を張り、ビールで乾杯。去年、一昨年のフォレスト一発目はASPARAGUS。リハから前線に食らい付いて楽しかったな。しかし、今年はEZOに行ってしまわれた…。こうなりゃ替わりはPerfume。
何?「ロックフェスでアイドル観てどうする?」「どうせ口パクだろ?」
いやいや、テクノポップと称されているがむしろダンスロック的なナンバーとあのベースライン。あと、のっちかわいいし。
DAFT PUNKを思わせるサウンドとエフェクトをかけた女声、そしてあの3人という形を生かした振り付けの融合。あと、のっちかわいいし。
まあとにかくもう始まるから行くぞ。

開演時間が近付き、レイクステージに向かうと外まで人集りが出来ていて入場規制がかかり始めている。左サイドから回り込んで何とか入る。

Image096_convert_20080807224300.jpg


朝礼の後、Perfume登場。

Perfume
01.シークレットシークレット
02.チョコレイト・ディスコ
03.Love The World
04.マカロニ
05.Electro World
06.ポリリズム

最も好きな「シークレットシークレット」からスタート。ベースが食って入ってくるとこが好き。一気に前線へ向かう。
普段のライブがどんなもんか知らないけど、踊り跳ねる。「チョコレイト・ディスコ」に続き 「Love The World」と飛ばすナンバーが続く。「Love The World」はTVでのオンエアー等を含めフルバージョンの披露は初とのこと。

MCはほとんどあーちゃん。「衣装と後ろのセットの色がたまたま似ていて、同化しちゃうね」と、広島弁で上手いのか下手なのかよく分からないMCをしていました。途中でMCを中断して、3人で同時に休憩して水を飲む。誰かしゃべっている間にってことはしないw

マカロニで少し会場が落ち着き、「Electro World」で再びヒートアップ。
ラストは流石にみんな知ってる「ポリリズム」で終了。

僕自身も去年のASPARAGUSに負けるとも劣らない飛ばしっぷりだったけど、次が迫ってる。頭から水を被ってWING TENTのUNCHAINへ。

UNCHAIN
01.You Over You
02.Let Me Be The One
03.Don't Need Your Love
04.Make it grow
05.Summer Groovin'
06.Precious

FACTORY、蓮沼に続いて3度目のUNCHAIN。ボーカルがピカイチ。他は前に出てこないけど、よくまとまっているバンド。と、ここで偶然にも前一緒にやっていたバンドのボーカルと再会。現在AVEXで働いているんだが、UNCHAINはAVEX所属とのこと。AVEX最近バンド系増やしてきてる。

終わった頃にはレイクでdustboxが開始。レイクとウイングの往復には全く休む間がない。

dustbox
01.Sun which never sets
02.Resistance
03.Not over
04.Try My Luck
05.Daisy
06.Bitter Sweet
07.Shine Bright
08.Right now
09.Next Story
10.Tomorrow

ここで突っ込むと後々体力が持たないので遠目に眺め、いったん休憩。まあ連れはぶっ込んで行きましたけど。去年のWING TENTは酷かったな。超満員もんだから抜け出すにはダイブするしかないっていう。

BIGMAMA
01.CPX
02.look at me
03.we have no doubt
04.CHAIN
05.Neverland
06.シンデレラ
07.the cookie crumbles

再びWINGTENT。初見。
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムにストリングスを含む。
速く、エムーショナル。
ギターとストリングスのハーモニーが美しい。

いや、本当に休む暇ないんですけど。再びレイクでSOIL&"PIMP"SESSIONS。

SOIL&"PIMP"SESSIONS
1.Suffocation
2.閃く刃
3.SAHARA
4.Fantastic Planet
5.ミンガスファンクラブ
6.SUMMER GODDESS
7.THE SLAUGHTER SUITE〜SATSURIKUニューウェイヴ

どう考えてもフォレスト向き。まあ例によって今年はタマがないせいかw
客も半分程度の入り。もう少し入ってもいいと思うけど。
社長の煽りに乗りつつ踊る。ほとんどノンストップで曲も長い。日中にこれはきついわw
一昨年のフォレスト良かったなー。

と、やっとここでちゃんと休める。
ビールを追加し、ゆったり座ってフォレストのMARS EURYTHMICSへ。

MARS EURYTHMICS
01.GT Bolero
02.BLIND PROBLEM
03.I swear with all my soul(新)
04.それを(新)
05.オーバーレイアース(新)
06.カカオ82%
07.価値ある形
08.砂上の楼閣

相変わらず、エライいい声だな。しかし、フォレストガラガラ過ぎるわ。ちょっと可哀想なくらい。寝てる人多数で、前の方の柵の近くでも寝てるw
CORNERより激しいサウンドだけど、Husking Beeの良さにはまだまだ。何かレスポール2本もマッチしてない感じ。
それにしてもエライいい声。

ここで当初はグラスステージのACIDMANを予定していたけど、車の中で聴いたTOTALFATとPUFFYに惹かれて急遽変更。

TOTALFAT
01.DA NA NA
02.Balance
03.Starting New Life
04.Lonsome Young,worst night?
05.Hello&Goodnight
06.Time To Wake Up
07.Show Me Your Courage

WINGTENTに着くと大盛り上がり。右側ではサークルモッシュがずっと続いている。
久しぶりに観た彼らは凄くパワーアップしてた。
まあとにかくものは試しと言うことで混ざってきました。
キッズパワー恐るべし。

そのままレイクへ。即PUFFYがスタート。

PUFFY
01.Basket Case
02.渚にまつわるエトセトラ
03.Hi Hi
04.boom boom beat
05.これが私の生きる道
06.マイストーリー
07.ブギウギ No.5
08.Tokyo I'm On My Way
09.アジアの純真

過去の曲と今の曲を織り交ぜた構成。
「boom boom beat」から前線へ。こういった最近のパンキッシュな感じが好きなのだが、前の方ちょっとノリ悪い。フェスだぞ!ってことで飛び跳ねる!「ブギウギ No.5」で踊る!
アジアで締め。

asphalt frustration
01.SUNRISE
02.save my truth
03.art is long
04.beautiful
05.we have time
06.miri
07.sunny day
08.lemon
09.like snow

今年はフォレストのアスフラ。
客入りはイマイチだけどその分広いスペースで踊る。
友人にも発見され、前のバンドのボーカルとも再会し、勢揃い。彼によるとこれもAVEXとのこと。
ってか腕には関係者用のリストバンド。「Perfumeも近くにいた」んだと。ああ、何かうらやましい。

アスフラに話を戻すと、何かアフロ小さくなってるじゃないかw
個人的には「SUNRISE」は炭酸系の清涼飲料水のCMソングのイメージだ。
スプライトあたりどうですか?曲に合わせて泡がシュワーって出てきてCMの最後にアフロがワイプで「カロリーゼロ」って叫ぶ。っての

grass2


RIP SLYME
01.熱帯夜
03.supasonic
04.JOINT
05.HOTTER THAN JULY
06.太陽とビキニ
07.黄昏サラウンド
08.GALAXY
09.One
10.STEPPER'S DELIGHT
11.楽園ベイベー

ここから2日目初めてのグラスステージへ移動。後ろの方で皆で踊る。
ってかホルモンファンがスプリンクラーの周りでグルグル回ってるんだがあれは何だ?
いつの間にかスプリンクラー撤去されて居なくなってるしw
「JOINT」でタオル回し。oneでひとつになる。
よく分からないけど、「今年でラスト」と言うMCの後、デビュー曲「STEPPER'S DELIGHT」
さらに「楽園ベイベー」でラストを飾った。

本日最後はグラスステージの漆黒の中、BRAHMAN。

BRAHMAN
01.FOR ONE'S LIFE
02.Speculation
03.Epigram
04.GOIN' DOWN
05.THE VOID
06.BASIS
07.CHERRIES WERE MADE FOR EATING
08.Causation
09.A WHITE DEEP MORNING
10.Stand aloof
11.SEE OFF
12.DEEP
13.BEYOND THE MOUNTAIN
14.NEW SENTIMENT
15.逆光
16.FAR FROM
17.The only way
EN
01.ANSWER FOR…
02.Placebo
03.ARRIVAL TIME

人の入りはあまり良くない。さらに始まると同時に人が一気に前線へ行き圧縮される。
MCなしノンストップで進む。凄い人の波。掛け声。何度ダイブが起こっただろうか。自分もダイブする。スタッフに「大丈夫か?」と確認された後、再び中央へ。
アンコールではTOSHI-LOWが客席にダイブ。客の上で熱唱。地元茨城で観客の上で歌うTOSHI-LOWの姿は現在オフィシャルサイトでも見ることが出来る。http://www.tc-tc.com/


むちゃくちゃハードスケジュールだった2日目。しかし、野外の空気かアルコールの力かまだ走りきることが出来た。

[ 2008/08/06 22:45 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

8/1 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008

ゲート
心配された雨や、殺人予告の影響か急に決まった手荷物検査による混乱は見られずホッと一息。会場には警官の姿も多数。ママチャリで移動する警官の姿は貴重w

初日はあまり迷わず
GOOD 4 NOTHING→サンボマスター→木村カエラ→the band apart→YUI→スピッツ→BUMP OF CHICKEN→ストレイテナー
という流れに決定。

いつもの様にフォレスト付近に陣を張り乾杯。の後、グッフォーでフェス開始。飛ばしてるねー。

GOOD 4 NOTHING
01.It's My Paradise
02.Turning
03.WE CAN GO EVERYWHERE
04.Maximize
05.J.C.
06.Stick With Yourself
07.Get A "FORTY"
08.In The Mosh Pit
09.Cause You're Alive


RYUKYUDISKOもチラ見。正直レイクでDJやられてもちょっと…w


グラスステージに移動してサンボは後半。久しぶりに観たら、愛用のギターが黒のレスポールに変わってた。
ラストは「そのぬくもりに用がある」
最後にはベースの近藤がセットの足場によじ登り出す。
また、終了後突然山口が一人で唄い出す。
その後やっと本当に終了。何かやらかさないと気が済まないんだなw


木村カエラ
01.STARs
02.リルラ リルハ
03.L.drunk
04.+1
05.Samantha 06.マスタッシュ(新曲)
07.BEAT
08.Yellow
09.TREE CLIMBERS
10.Circle
11.Magic Music

カエラのミニスカートが気になってしょうがないのだが、バックバンドに注目すると去年よりギターが一本減って、シノッピのみ。彼のバンドのASPARAGUSは今年はライジンサンへ出るため出演せず。 途中カエラもギターを持つ。去年より上達したね。でもギター一本じゃ物足りないな。
Yellow→TREE CLIMBERSの流れは最高。Circleでは恒例のタオル回し。
でもまあとにかくミニスカートが気になってしょうがなかったw


バンアパのグッズ売り場が空いてたので覗く。タオルセット4000円の文字。普通のバンドタオルとでっかいビーチタオルのセット。タオルケット替わりにもなるしいいかと思って買ったけど、既に持ってたタオルと併せてタオルだらけで行動する羽目にw


the band apart
01.Eric.W
02.I love you Wasted Junks & Greens
03.from resonance
04.coral reef
05.my world
06.shine on me
07.Malibu
08.SOMETIMES
09.beautiful vanity
10.Waiting

何と今年はメインステージに登場のバンアパ。何せライジングサンとのゴタゴタでタマが少ないんじゃーw
でもグラスの音響でバンアパは嬉しい。
下にケーブルを這わせている少し高くなった所で跳ねてました。
フェス用にかなり上げ目のセットリスト。「Eric.W」「I love you Wasted Junks & Greens」へ。「Malibu」は夏フェスに良く似合う。
ラスト「Waiting」はツアーファイナルでもやってたメンバーが1人ずつ捌けて行って、最後は1人残った原氏のベースソロから一人バスドラ&ベース。
木暮さん、荒井さんが帰ってきて3人で演奏終了。川崎さんは帰って来ずw


YUI
01.少年時代(井上陽水)
02.Laugh away
03.SUMMER SONG
04.good by days(弾き語り)
05.CHE.R.RY
06.No way
07.day dreamer
08.LIFE
09.LOVE IS ALL

陣地に戻って休憩。
YUIの声で少年時代が。サウンドオブフォレストは今年も満杯。
こういう時はサッカーと同じでサイド攻めが基本。左側から回り込んで結構近くから見られた。 去年はバンドの音に声が負けていたが、今年は改善。でもやっぱりYUIの声にはは弾き語りが合う。「good by days」は弾き語りで。
「CHE.R.RY」を聴くと恋したくなります。って歌詞そのまんまだけど。


スピッツ
01.バニーガール
02.渚
03.ロビンソン
04.群青
05.夢追い虫
06.La・La・La LOVESONG (久保田利伸カバー)
07.海とピンク
08.8823
09.メモリーズ・カスタム
10.僕のギター

再びグラスでスピッツ。左の巨大モニター近くでゆっくり観る。
去年はステージとモニターの動きのズレが気になったんだけど今年は多少改善。ボーカルのリップシンク位ならほぼ気にならないレベル。流石にドラムはズレが判るけどね。

スピッツを聴くと中学、高校あたりの青春時代を思い出します。
しかしマサムネは変わらないなー。声も見た目も。

そういやあのサウンドでレスポール2本だし、ベースは飛び跳ねまくってるし、ドラムはモーラー奏法とかいう難しい叩き方をするらしい。かなりバンドとしてもかなり個性的。流石日本のトップバンド。


BUMP OF CHICKEN
01.星の鳥
02.メーデー
03.才脳人応援歌
04.ハンマーソングと痛みの塔
05.花の名
06.ギルド
07.真っ赤な空を見ただろうか
08.天体観測
09.supernove

お次はバンプ。そういや会場麦わら帽子が多いですな。
「メーデー」「花の名」歌詞が染み渡ってくるね、日本語の曲は。


ストレイテナー
01.SIX DAY WANDER
02.The Novemberist
03.Discography
04.BIRTHDAY
05.PLAY THE STAR GUITAR
06.FREE
07.BERSERKER TUNE
08.KILLER TUNE
09.AGAINST THE WALL
10.MARCH
11.ETERNAL
12.Melodic Storm
13.TRAIN
14.TRAVELING GARGOYLE
15.ROCKSTEADY
16.YES,SIR

グラスステージ

辺りは暗くなり、遂に一日目のトリ、ストレイテナー。
グラスステージのトリってのには本人達も驚いていたみたいで「史上最も売れてないグラスのトリでしょう」って言ってたw
「SIX DAY WANDER」は好きな曲です。ハイトーンヴォイスが夜空に響き渡る。

途中ドラムのキックペダルが壊れるトラブル。結構よくやるらしいです。
どんだけ強く蹴ってんだw
時間を繋ぐ為、初めてのメンバー紹介をしようかという話になるが、「もう直ったよ」ってことで次の曲へ。
しかし、その後リクエストに応えてメンバー紹介をする。

ストレイテナーは2人の時のイメージが強いんだけど、ベースも色々エフェクト使ったりして面白い試みをしてる。
アンコールの後花火で終了。

[ 2008/08/05 13:49 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

2007/8/5 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2007 第3日目

マキシマム ザ ホルモン
01.シミ
02.包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ
03.絶望ビリー
04.ぶっ生き返す
05.糞ブレイキン脳ブレイキン・リリィー
06.恐喝~kyokatu~
07.恋のスウィート糞メリケン
08.恋のメガラバ
いくら会場がでかくなろうともやってることは一緒です。
いつまで麺硬こってり食えるんだろうね。


MARS EURYTHMICS
移動してたら聴こえてきた。いい声。


LOW IQ 01 & MASTER LOW
01.NO SHAME
02.CHANCES
03.WAY IT IS
04.RULES
05.LITTLE GIANT(withいっそん)
06.NEVER SHUT UP
07.Swear
08.No Reasons
09.MAKIN' MAGIC
10.五日はまた雪
11.Getdownonit
バンドが登場したあといっちゃん登場。例の暑苦しい格好で。
暑い、熱すぎるよ。真昼間にやらないでくれー。
WAY IT ISを生で聴けてテンション上がる。
LITTLE GIANTでいっそん乱入さらに会場はヒートアップ。
でも次々に退場者が…。
頭痛、頭痛。熱中症ってこういう感じ?
水道に移動して頭から水を被る。ちょっと治まる。
ちょっと休んでから突入。11曲もやったのね。もう無理…ホームで倒れこむ。


OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
ぶっ倒れてフォレストから流れてくるのを聴いた。
今度はしっかり観たい。


KEN YOKOYAMA
01.Cherry Blossoms
02.I Can't Smile At Everyone
03.Ricky Punks
04.Pressure
05.Jealous
06.Not Fooling Anyone
07.Running On The Winding Road
08.I Go Alone Again
09.Summer Of'99
10.Ten Years From Now
11.How Many More Times
12.Can't Take My Eyes Off Of You
13.Believer
移動中に始まってしまったー。皆全力ダッシュー!って俺無理。無理だから……はぐれてしまった。 まあ体力の限界なので、中程で大人しく観る。
KENの脇を固めるのはおもしろ外人の皆様。MCのネタには困らないね。
ゆったり観てたわけだが、ラストBelieverは突っ込んできました。ええ。


今となってみりゃ中田ヤスタカ観にいきゃ良かったね。この間。


RIP SLYME
M1 楽園ベイベー
M2 ブロウ
M3 GALAXY
M4 UNDER THE SUN
M5 Island
M6 Tales
M7 One
M8 熱帯夜
M9 JOINT
M10 HOTTER THAN JULY
だんだん日も落ちてきてダンスタイム。
今度ははぐれず皆で踊る。
イルマリかっけー


Dragon Ash
1. 陽はまたのぼりくりかえす
2. Develop the music
3. Let yourself go, Let myself go
4. Ivory
5. Palmas Rock feat. UZI-ONE
6. Life goes on
7. Luz del sol feat. 大蔵 from ケツメイシ
8. El Alma feat. SHINJI TAKEDA
9. Loca Burnin' feat. アイニ & Shinji Takeda
10. 百合の咲く場所で
11. Fantasista
12. Episode 4 featuring SHUN, SHIGEO
13. few lights till night
14. 静かな日々の階段を
15. Viva La Revolution
会場はものすごい人で埋まる。「陽はまたのぼりくりかえす」からスタート。
10周年を記念してたくさんのゲストが駆けつける。
後ろで観ていたが我慢できなくなってグッティーと前へ!
どこにこんな力が残ってたんだとばかりに跳びまくる。ってか俺ジャンプ力すげー。一番跳んでなかったか?w
アンコールは「Viva La Revolution」大合唱が響き渡る。
そしてラストの花火。盛り上がりの中終了!

あーまた来たくなってしまう。来年もひたちなかで会おう!

[ 2008/08/04 03:51 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

2007/8/4 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2007 第2日目

去年のRIJF2007のレポも上げて見ました。今年のと見比べてみて下さい。

ASPARAGUS
●FAR AWAY
●DEAD SONG
●WITH THE WIND
●UNREQUITED LOVE(新曲)
●HONESTY
●KNOCK ME OUT
●FALLIN' DOWN

去年に引き続きリハから参戦。
朝っぱらからビールをひっかけ、暑い暑い前線へ。
DEAD SONGは上がる。
MCでしのっぴが噛む。「噛んでないよ」と叫ぶ。何か「うるせーよ」とか言われたw
MC長くて巻きがかかる。
KNOCK ME OUT
FALLIN' DOWN
で会場が一体になって終了。
ベースが原直央に変わったけどいい感じ。


asphalt frustration
蓮沼裏で観たアスフラへ。昨日全然連絡付かなかったみきんとtakeCに発見される。
今日もアフロ、ノリノリである。


SPECIAL OTHERS
フォレストに響き渡る音楽。非常に良い。
1.「SURDO」
2.「STAR」
3.「Ngoro Ngoro」
4.「AIMS」
5.「Idol」
6.「Uncle John」
しばし癒され


monobright
メガネ×4


エレファントカシマシ
1.ガストロンジャー
2.今宵の月のように
3.さよならパーティ(新曲)
4.悲しみの果て
5.風に吹かれて
6.待つ男
7.笑顔の未来(新曲)
8.俺たちの明日(新曲)

皆がOZMA観るとかバカ言ってるので一人でエレカシ行ってきた。ってか俺単独行動多いな。
OZMAがやってる裏で流れますよ「くーだらねえとつーぶやいてー」完璧


井上陽水
1. アジアの純真
2. Make up shadow
3. 少年時代
4. 夢の中へ
5. リバーサイドホテル
6. 三日月
7. 感謝知らずの女
8. 氷の世界
9. 最後のニュース
10. 傘がない
バンド従えて思ってたよりロックしてます。
知ってる曲目白押しの後、綾香の三日月。本人よりいいじゃないかw
「傘がない」は、やはり名曲。


ヤノカミ
去年観られなくて、今年やっと観られた。
声とトラックがはまってます。
これもフォレストの雰囲気によく合った癒し系。


DOPING PANDA
1:high Puresure(SE)
2:Hybrid breeder
3:Uncovered
4:Game
5:The fire
6:YAYA
7:Hi-Fi
8:shine
9:I'll be there
10:Transist Happinece
11:MIRCLE
アンコール
1:CRAZY
2:GAME(短いVA)
蓮沼裏で観たばっかだったしバンプ行く予定だったけど、ちょっとぶっこんで来ました。
皆踊り狂ってるw
体力尽きて、スローになったとこでバンプに移動。


BUMP OF CHICKEN
1.乗車権
2.涙のふるさと
3.真っ赤な空を見ただろうか
4.プラネタリウム
5.カルマ
6.ギルド
7.embrace
8.天体観測
9.ガラスのブルース
10.Supernova
(En.)
11.ダイヤモンド
12.はじめてのチュウ
13.DANNY

初見。ドーパンから移動なので遅れて参加。
なので皆は先に会場にいる。もちろんトリのバンプはすごい人で見つかるわけはない。
そこで流れる「必ずー僕らは出会うだろう♪」
あの人ごみの中で皆と合流。奇跡。

で、二日目終了。

[ 2008/08/03 03:46 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

2007/8/3 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2007 第1日目

去年のRIJF2007のレポも上げて見ました。今年のと見比べてみて下さい。

522329664_13.jpg

レイクステージ開始と同時に会場入り。
台風も心配されたが振り出した雨はすぐに止み、問題なし。

HAWAIIAN6を聞きながらフォレストの前のテントゾーンにシートとテーブルを組み立て。運転のグッティーが間に合わない…急げー。

ビールで一杯やって、グラスへ移動してカエラ。去年途中までしか観られなかったので。
セットリストはロッキンコミュから拝借。
01. L.drunk
02. TREE CLIMBERS
03. リルラリルハ
04. Samantha
05. ワニと小鳥
06. You
07. Circle
08. BEAT
09. Ground Control
10. Magic Music
11. You know you love me
2曲目のTREE CLIMBERSから聴けた。
相変わらずヘヴィーなバンドサウンドに負けない声。
ギターはASPARAGUSの渡邊忍。コーラスも全て担当し、去年よりしのっぴ度がアップしてる。渡邊節。
アンプヘッドマーシャルに変わったか?パワーアンプは相変わらずORANGEですけど。
Youはカエラで最も好きな曲です。もちろん渡邊忍作曲。

GOOD4はこないだ蓮沼で観たので諦め、そのままChara
セットリストは曖昧らしいですが、
01.junior sweet
02.fantasy
03.o-ri-o-n
04.チェリーチェリー
05.あいのうた
06.やさしい気持ち
07.世界
相変わらず声量なくて、マイクハウるとこあったけどセクシー。
あいのうたのイントロが流れるとやばいね、ほんと。グッティーはなんとかCharaには間に合ったみたいで、おつ。

100s観たかったけどグッティーとの合流もあり、COMEBACK MY DAUGHTERSへ移動。
個人的には曲によってアスパラっぽさを感じる。声もテンポも違うんだけどね。

ちょっとシートで休憩。昼間っから(ってか朝からだが)飲むビールは最高。YUIが聴こえてきて見に行くとフォレスト超満員。YUIはライブ、特にフェスだとバンドサウンドに声が負けちゃう。声を聞こえるように調整されてて演奏がスッカスカの音になってる。「アコギ一本でやればいいのに」って言ってたら、バンドが下がり、ラストのGood-bye daysはアコースティックで。そうそう、ギター弾けるんだし野外フェスはこれでいいんだよ。たかだか40分だし。拙いMCもなんだか魅力的。
01.My Generation
02.Highway Chance
03.Rolling star
04.Love&Truth(※新曲)
05.RUIDO
06.CHE.R.RY
07.Good-bye days(※アコースティック)

クロマニヨンズも観たかったけどYUI最後まで観ちゃってたんでdustboxへ。
SUN WHICH NEVER SETS
DAISY
TRY MY LUCK
SMILE LIKE A CHILD
BITTER SWEET
新曲
I REMEMBER YOU
NEXT STORY
いやいやみんな暴れすぎですから、あくまでダイブ&モッシュは禁止ですから。
ってダイブしてみちゃいました。ってか下がろうにもまったく身動きが取れないもんだからダイブして前まで行き、柵から出て下がるしか方法がない…。
スタッフの方ちゃんと受け止めてくれてありがとう。
携帯なくしたけどインフォメーションに届いていて助かった。
グッティーなんか財布落としてたけど中身はなんとか無事みたいで良かった。皆からもらったチケット代で8万入ってたんだとw
皆いい人だね。

ってそうこうしている間に民生が終わりそうじゃないかー。
去年は弾き語りスタイルで、今年はバンドスタイル。
1. イナビカリ
2. イージュー☆ライダー
3. スカイウォーカー
4. 愛のボート
5. 海の中へ
6. The Standard
7. KYAISUIYOKUMASTER
8. 快楽ギター
9. さすらい
皆とはぐれて一人で観ているとさすらいが流れる。あーなんかさすらってるなオレw

ここで普通ならケツメ、エルレだが、敢えてZAZEN BOYS、THE CORNELIUS GROUPへ。
レイクガラガラだーw
シートゾーンに人いないw
途中から行ったけど、前線へ行き、踊りまくる。祭りじゃ、祭りじゃー。

THE CORNELIUS GROUPは機材トラブルで開始時間が遅れるというアナウンス。今思えばこの間に9mm Parabellum Bullet観られたじゃんと思うが、体力尽きてシートゾーンで寝てた。
ステージの前には巨大なスクリーンが。音楽に合わせて4人のシルエットが映る。
スクリーンが上がり、メンバー4人が現れる。
ここからノンストップ。4人の後ろにもスクリーンがあり、映像に合わせて演奏される。ライブは初見だけど、こんなものだったとは…。
好きな曲が次々とかかり、踊る踊る。けど皆結構踊らないのね。何か二人くらい踊りまくってる人いたけど、何かノリ違うねみたいな会話したw
8時くらいに花火が鳴る。メインステージもう終了かー。こちらはまだまだ終わらない。
後半は映像と音楽の融合に見入る。もう、これはこのライブ自体が作品だね。最高。
(opening)
Breezin'
Point of View Point
Wataridori
Gum
I Hate Hate
Count Five or Six
Drop
Fit Song
Beep It
Like a Rolling Stone
Star Fruits Surf Rider
Sensuous

で、8時半きっかりに終了。アンコールはなし。思うんだけど機材トラブルってのは嘘だったんじゃないかなw
というわけで本日のベストアクトはカエラもよかったけどTHE CORNELIUS GROUP
エルレ行って観てない人たくさんいると思うんで、なんとかスカパーやケーブルで映像だけでも観てみてください。本当最高だから。

[ 2008/08/02 03:41 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

2006/8/6 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006 第3日目

身体から酒が抜けきっていないような気がするが、3日目スタート。


グループ魂
1.モテる努力をしないでモテたい節
2.ペニスJAPAN
3.グラビア
4.チャーのフェンダー
5.さくら
6.東北の魂
7.新曲
8.君にジュースを買ってあげる♡
9.TMC
内容は曲名から推して知るべし。
ってかMC含めほとんどコントだなw
その台本を書いていると思われるクドカンはずっと笑ってるし…。
演奏は一番パンクしてたな。

木村カエラ
1.MAGIC MUSIC
2.トゥリル トゥリル リカー
3.BEAT
4.リルラリルハ
5.You
6.Circle
7.TREE CLIMBERS
8.タイムマシーンにお願い
9.OH PRETTY WOMAN
10.You know you love me
リハでしのっぴがギターを弾く。おーやっぱやるのかー。
曲が始まるがドーパンに行かなければならない。早くYouをやってくれーと祈るが、タイムアップ、東京モード学園のCM曲を聴きながら移動。
皆気になってるこの曲どうやら渡辺忍作曲で9/6発売らしいです。リルラリルハも聞こえたな。やっぱりもう少し見るべきだったか。

DOPING PANDA
1.High Pressure
2.Introck
3.GAME
4.Uncovered
5.MIRACLE
6.YA YA
7.Hi-Fi
8.The Fire -Alarmix-
9.Blind Falcon
ダンスダンスダンス!踊り狂うとはこのことだな。
最新アルバムからの曲多し。そんな中GAMEやYA YA、Hi-Fiでは否応なしにテンションが上がる。
「去年サウンドオブフォレストを埋めてここレイクステージへきた」「今年はここを埋めて…亀田より先に三階級制覇だ!」
なんかうしろの方でサークルモッシュしてたやつらが怒られてましたが、そんなことで熱が冷めるはずもなく。来年は一番大きく一番音のいいとこで踊らせてもらおうじゃないか。

BaseBallBear
1.CRAZY FOR YOUの季節
2.祭りのあと(新曲)
3.SAYONARA-NOSTARGIA
4.夕方ジェネレーション
5.GIRL FRIEND
6.ELECTRIC SUMMER
横の方に腰掛けて聴く。ベースがかわいらしいですね。ベースをおもそうに持ち上げて、足なんか上げちゃってさ。いいんじゃないでしょうか。

POLYSICS
チラ見。なんかキーキー言ってたw

OCEANLANE
おもしろ外人とその仲間達(嘘)外人発音いいけど日本人の方が歌うまかったね。綺麗で良かったので当たり。また見たい。音源もチェックだ。

BEAT CRUSADERS
01.FEEL
02.HIT IN THE USA
03.ISOLATION
04.JAPANESE GIRL
05.LOVE POTION#9
06.TONIGHT TONIGHT TONIGHT
07.ANOTHER TIME ANOTHER STORY
08.BANG!BANG!
09.SORITARE
10.FOOL GROOVE
11.DAY AFTER DAY
サビしか知らない曲もあっておれにとってこれはJポップ扱いか?!と思ったけど、ど真ん中でノッてきた!モッシュ!サークル!ハイタッチ!イェイ!最後の大暴れのはずが…ね。
あぁ、言うまでもないけど例のコールやってましたよ。何万人いても野外でもお構いなしにw

ART-SCHOOL
ビークルからCHARAへ移動中、あーやってんなー、と思ったらドーパンの曲弾いてないか?…ダーッシュ!ロックスターきてるよおい!もう体力ねーよ!余計なことして疲れさすなよ!一曲だけ歌って帰りました。

CHARA
1.ミルク
2.スカート
3.やさしい気持ち
4.あいのうた~Swallowtail Butterfly~
5.juniour sweet
6.勝手にきた
7.世界(新曲)
癒し満タン!夕暮れ茜空にCHARAの声。キーボードに近づいたと思ったらあいのうたの前奏始めちゃったよ。声量はあんな感じなんでないけど、出るとこは出ますね。演奏はレイクで一番音のバランスが良かった。さすがベテラン。

SOIL&”PIMP”SESSIONS
1.Follow
2.Fuller Love
3.Suffocation
4.閃く刃
5.the BlackWidow Blues
6.Sahara
7.Sweat
8.殺戮ニューウェイブ
アンコール
Mature
聴く予定はなかったんだが、例によってテントの森で寝てたら聞き覚えのある曲が…。ジローラモの出てる伊藤園のコーヒーのCM曲じゃなかったかな。
気付いたらビール片手に行ってました。いやあどこにそんな力が残っていたんだか踊りまくり。アンコールまでしちゃって大変。初めて見たのに「社長ー」って叫んでしまった。

矢沢永吉
196195994_75.jpg

1.ラスト・シーン
2.Don't Wanna Stop
3.ロックンロールドラッグ
4.SOMEBODY'S NIGHT
5.黒く塗りつぶせ
6.When You Wish Upon a Star
7.Anytime Woman
8.PURE GOLD
9.ONLY ONE
-Encore-
10.止まらないHa~Ha
11.トラベリン・バス
グレープバインを少し聴いてから矢沢へ。E.YAZAWAですぜ、皆さん。
さすがに今日は永ちゃんファンと思われる格好の方々がたくさんおりました。
すごいパフォーマンス。マイクスタンドも自由自在に回す回す。板尾がガキでやってた永ちゃんとは大違いでしたw
アンコールの「止まらないHa~Ha 」では例のタオル投げで会場が一体に!本当に格好良かった。ラストを閉めるには相応しい人でした。
最後に花火、花火に対してもみんなかけ声かけちゃってる!花火終わりに「ロッキン最高」って叫んでしまった(みんな後に続いてたw)。

[ 2008/08/01 04:06 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。