スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

のはいしん

伊集院光が秋葉原~谷中銀座~白山周辺を自転車に搭載したiPhoneから生中継。

ブラ伊集院、いじゅ散歩、チャリ伊集院等なんという名前になるか分からないが個人的には「のはいしん」でシリーズ化してはどうかと。

どうやらiPhoneをiCrewというので固定しているとの事。Twitterは信号待ちなどでチェックしているみたい。
回線はWiMAXルーター電波が悪くなると3Gへ切り替えるのかな?

まずは秋葉原へ向かう道中からUSTREAM配信スタート。映像のみで無音。iPhoneで見られる設定はまだされていなかったのでPCで視聴。
Viewerはこの時点で数百人。

一旦配信は止まり、iPhone配信用のマイクを買い物とのこと。Twitterで視聴者にアドバイスを受け、
Logitec LIC-IREC03P
Monster iSoniTalk Microphone Headphone Adapter for iPhone
を購入とのこと。

ここからiSoniTalkを使っての配信スタート。これから自転車店に自転車のメンテナンスをしてもらいに行くとのこと。
音声は快調。伊集院さんが心配していた風切り音もほとんど気にならず、声は全部聞き取れる。一人語りであればピンマイクに近いこの形がベストかもしれない。
ところが、途中でWiMAXの電波が悪くなり配信が徐々にストップ。

自転車メンテナンスを含め30分程度の中断の後Twitcastでの配信に切り替え。画質はコマ送りになったが音声的には十分聞き取れる。しかし100Viewer少々で満員の表示。視聴者数的にここが限界か。

再びUSTREAMで配信復帰。再び秋葉原へ。
SteelSeries Mobile Device Adapter 50006のようなアダプタが欲しい模様。再びTwitterでアドバイスを受けラジオ会館などに寄ったとのこと。

その後、突然コロッケが食べたいとつぶやき谷中銀座方面へ。途中「秋葉原も変わったなあ」と秋葉原の思い出を語り始める。ブラタモリ秋葉原編とちょっと雰囲気が似てきた。伊集院さん的にはちい散歩っぽいらしい。Viewerは1500を超えてくる。昨日のいとうせいこう&倉本美津留の名人劇場の倍となる。

路地に入るとやはり回線が不安定だが何とか途切れず配信は続く。目当てのコロッケ屋は行列が出来ている様子。つぶやきによると1個30円?安い!「コロッケは諦めて鍋にしようかな?」とのこと。
道は上り坂に入り息切れが。と、ここで配信終了。WiMAXルーターの電池切れか?

しかし、ここまでしゃべりながら自転車を漕いで呼吸がほとんど乱れなかったのは地味に凄い。
最終的にViewerは1800位までいった。TVやラジオに比べればまだまだ少ないがこれだけの人が生配信を共有してるのはおもしろい現象だ。画質も音質も構成も普通の番組にかなうはずがないのに大変楽しめた。
伊集院さんの一人語りもラジオで慣れているだけあって飽きさせず、非常に見応えのある配信だった。

スポンサーサイト
[ 2010/02/20 20:07 ] iPhone | TB(0) | CM(0)

つぶやくんジャー失敗の原因

つぶやくんジャー

日本テレビのTwitter連動番組ということでTwitter上にも宣伝がされ、話題になっていた「つぶやくんジャー」が先程放送された。

ハッシュタグ#tsuburenには中々の人数が集まり、USTREAMでの同時配信も始まり期待は高まった。

いざ番組開始。バナナマンがメインキャストとなり。戦隊物の姿。設楽さんはバナナマンという事からイエロー日村さんは魚肉ソーセージに似てるからピンクとの事。何故かアシスタントの女性もピンクだが。

画面下方にはTwitterのログが流れていて、生放送での連動を感じさせる。ハッシュタグは表示されておらず、番組名の検索を誘導する表示が右上に常にある。

まずは魚肉ソーセージ繋がりで魚肉ソーセージを色んな物に付けて食べるというコーナー、よく分からないおじさんが延々食べている。これに付ける物をTwitterで募集とのこと。食べている様子が別カメラでUSTREAM配信されている。

さて、ここからが問題。サントリーの缶チューハイにちなんだ川柳募集のコーナー。Twitterで募集との事。ところが〆切が3月と示される。あれ?リアルタイムで拾っていくんじゃないの?と全員Twitterでつっこみ。
この後もバンドのカバー曲を募集だなんだと続くのだが、毎度そんな感じ。結果は次回以降の番組内で発表されるとのこと。
これってTwitterでやる意味ないんじゃないとの疑問が出るのは当然。リアルタイムじゃないならメールでもハガキでもサイトで募集でも何でも良いのだ。

例えばNHKの携帯大喜利ではメール募集と多数の作家による選抜舞台でこれを実現している。
深夜番組でそれは無理なら、せめて放送前にTwitterで募集しておけば良いのではないか?

肝心の番組内容的にもテレビ朝日のお願いランキングの模倣を指摘されていた。せめてバナナマンがTwitterをやっていればもう少し違う方向性も見えたかもしれないが、ちょっと勝手が分からなくてかわいそうだった。

実験的な番組ではあるもののちょっとTwitterをやり込めば成立しないのはすぐにわかる筈である。

Twitter&USTREAMと放送との連動で最近おもしろいと思ったのは坂本龍一さんのラジオ番組「radio sakamoto」での津田大介との収録生配信。ラジオは収録なのでUSTREAM配信の方が早く見られるという斬新な形。4000Viewerを超え、Twitterからの質問にも答えていました。
このようにTwitterと放送の連動はラジオ番組とFAXやメールに近い。

前回のブログに書いた「いとうせいこう&倉本美津留の名人劇場」はまだ実験段階ではあるがTwitterで宣伝し、ノーギャラで芸人を呼んでUSTREAMでネタを配信し、Twitterで投票を募って優勝を決めるという流れ。

また、TBSラジオアクセスではリスナーに「Twitterに賛成か反対か」を投げかけ、リスナーとの生電話企画。その後で居酒屋の反省会をUSTREAMで配信していた。ここで紹介された小林篤著:足利事件(冤罪を証明した一冊のこの本)はAmazonで瞬時に売り切れた。

この様に配信コストが下がれば、ノーギャラでも本の宣伝などでいくらか収益を上げることが可能かもしれない。

タイガー・ウッズの記者会見のUSTREAM配信もこれを同時通訳する人がUSTREAM上に現れ、800Viewerを超えて自信ゴルフ情報サイトの宣伝をすることに成功していた。

今後もまた新しい試みをする人が現れそうなので注目していきたい。

[ 2010/02/20 05:30 ] お笑い | TB(0) | CM(0)

いとうせいこう&倉本美津留の名人劇場



USTREAMで配信されているこの番組も遂に2度目。
ここまでは隔週金曜22時からで前回はポニョ、今回はナウシカの裏と言うことでたまたまだろうけど、凄いところにぶつけてくるといった感じ。

今回せいこうさんは海外からSkypeでの参加の為音声が不調。
前回はiPhoneによる配信だったが今回は機材がかなり良くなったようで、いきなりせいこうさんと倉本さんの2画面放送。
但しTwitter上には途切れるや、繋がらないと言った声も。前回よりもViewerの伸びも悪い気が。画質が上がりすぎて回線に負担が掛かっているのかもしれない。

前回に引き続いて今回も芸人のネタ見せが基本的な内容。但し、TVでは出来ないネタも多数とのこと。前回王者(とはいっても適当にTwitterの視聴者投票から拾ったのだが)
マキタスポーツさんも倉本さんと一緒にMCに加わる。

倉本さんがスイッチャーまでこなし、ネタスタート。途中サブリミナル的に次のネタの映像が紛れ込んだり、配信が止まってしまったりトラブル多発。いとうせいこうさんのSkypeも途切れ、USTREAMのチャットで参加。これも生っぽくて楽しめた部分も。携帯でTwitter確認しながらのマキタさんのフォローが上手かった。
それよりネタの内容の方がなんかもうギリギリで前衛的というか何というかという人も盛りだくさん。あらびき団以上にあらびきな感じ。ブリトニーに扮した?ネタなんかはそこから見た人はすぐ消す破壊力。

そんな中でも実力者のギースはしっかりとしたネタ、なんだけどガン告知の部分が不謹慎なのかTVではNGの出るネタなんだそう。見てる分には全く感じなかったけどガン患者から見たらどうか?いや、それを言ったら犯罪の被害者に対する犯罪ネタやドラマはどうなるのか?基準は難しい。もっと放送禁止のネタもあるらしく、次回が楽しみ。

あとは倉本さんが紙芝居風のネタのナレーションを買って出たのが面白かった。機材トラブルでノートPCのWebCamのみでの配信になってしまったのでノートPCとノートPCを付き合わせて片方の画面で再生するのを撮影するという何ともアナログな方法での形。その姿が是非見たかった。

最後は前回王者マキタスポーツの歌ネタ。タモリさんの適当な外国語ネタと歌を組み合わせたような感じ。最後は堺すすむのネタを盛大にパクる。駆けつけたやついさんも野次を入れる。

結果は視聴者のTwitter投稿といとうせいこうさんの投票でマキタさんの2連覇。やはりMCとしてもとても良かった。USTREAMとの親和性が高いと称するだけはある。

色々あったけれど楽しめた。今回は前回より高画質・高音質の配信を狙ったが、TVの放送と違って、送り、受けともに回線には限りがあるのでこういう内容であればWebCam位の画質でも充分視聴に耐えうる。回線速度の遅い人も考えてある程度で抑える方がViewerは増えるのではないだろうか?
直後のタイガー・ウッズの記者会見のUSTREAM配信などの影響もあるかもしれない。

[ 2010/02/20 04:06 ] Ustream | TB(0) | CM(0)














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。