スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

向谷倶楽部

4月25日13時過ぎから向谷実さんと中西圭三さんがリアルタイムで作曲するイベントがUSTREAMでスタート。
今回は視聴者から歌詞を募集してしまうという面白い試みも目玉の一つ。

中西さんがアコギで悲しいフレーズを弾きだしTwitterのタイムラインに「死にたくなった」という言葉が続々。

というわけで仕切りなおして、向谷さんが鍵盤でコード進行などを提案しながら中西さんがメロを乗せていくという展開で作曲が進む。
作曲中ながら、タイムラインの意見も読んでいる向谷さんは凄く器用。
中西さんと「ここはコードがぶつかる?」など音楽的なやり取りが続きひとまず完成。

改めて中西さんがメロを適当なハミング歌詞で歌入れ。
ハモリもどんどん入れていく。タイムライン上のつぶやきから「ハモリ倶楽部」と命名。

そしてここからも見所が続く。遠く離れたところにいる斉藤英夫さんとなんとインターネット上でセッション。
生でギターを入れてもらおうというのだ。
これにはヤマハのNETDUETTOという技術が使われているらしい。

とはいえ、さすがに音質と遅延のバランスなど色々難しいらしく、中々うまくいかない。

と、ここで前半のハイライト。斉藤さん側の音はギターの出力音だけが向谷さん側に流れているので、向谷さんと斉藤さんの会話がNETDUETTOで繋がった向谷さん側のマイクとギターのサウンドホールで行われる。
斉藤さんがギターの穴に向かって話しかけている姿を想像すると面白い。
また誰かが「ギター電話」という造語を生み出す。

さて、いよいよ遠隔ギター録音であるが、会場ではかなり遅れて音が届くのでこれをパソコン上で前にずらして処理。
そうすると無事ギターもハマる。遅延はあっても一定なら録音には問題なさそう。

こんな感じで一曲完成。これをmp3で公開して視聴者に歌詞を募る。
曲のテーマは「夕方」ということに決定。

さらに2曲目に突入。
向谷さんと中西さんがiPadの鍵盤で少しづつ打ち合わせていく。

次はちょっとアップテンポに。80年代っぽいフュージョン風からスタート、その後一気に複雑なコード進行へ。
これは1曲目より相当メロを付けるのが難しそう。

メロ付けに悩む中西さんを尻目に向谷さんはドラムやベースの打ち込みをどんどん鍵盤で進めていく。
こんなにガンガン鍵盤で打ち込めるとは流石プロ!

しかし、もちろん中西さんもプロ。この難しい伴奏に素晴らしいメロディを乗せていく。

フランス人の視聴者も登場し、タイムラインにフランス語や英語も飛び交う。
フランス語なので正確ではないがオーディオヴィジュアル関連でパリのディズニーで仕事をしている(していた?)とのこと。

視聴者とのやり取りも相当自由で、中西さんが何を飲んでいるのかちょっと気になったので「それもしかして黒酢ですか?」と聞いたら「そうだよ」と見せてくれた。

しかし、これがまずかった。その後タイムラインが「酢」を使ったダジャレで埋め尽くされることになる。
ある意味USTREAMの炎上状態でこれに二人が笑い転げてしまい、作業が進まなくなる。

この曲にも斉藤さんがギターを入れる。難しいコード進行に悩んで視聴者に色々アイデアを募りながら、フランジャーギターでフレーズを入れていく。
ギター電話だが、今度はサウンドホールのないソリッドギターなので、ギターを弾いて答える。
音色が音数などで何となく会話が成立する不思議。これぞギター語。世界共通語になる日も近い?

さらに安西史孝さんにシンセを入れてもらう流れに。
これもバッチリかっこよく決まる。

その後も向谷さんがギター等々の音を鍵盤で重ねていくが、既に10時間近くが経過。
今回はこの辺でお開きということに。

2曲目もmp3で公開して終了。

書き忘れていたけれど、2曲目製作の間に1曲目の歌詞選考、歌入れも行われた。
数々の応募の中からkumachonさんの「Twilight」が選ばれる。

語感などから少しフレーズを修正(これもタイムライン上の意見から採用)し歌入れも終了。
これも改めて公開される。

USTREAMという空間の中で曲が出来るという素晴らしい時間の共有。
歌詞などのアイデアを視聴者からも募る。これぞ双方向性を持ったメディアと言える。

今回出来上がった曲はJASRACに申請しない。皆が好きに共有し(商用以外で)自由に利用できる。
「この曲の著作権の証人は見ている人」という向谷さんの宣言も素晴らしかった。

この曲は改めてスタジオでレコーディングするそうだ。完成が非常に楽しみである。
次のUSTREAMはお酒ではなくタマノイ はちみつ黒酢ダイエットを用意して見よう!

歌詞やデモはこちらで見られます http://groups.google.co.jp/group/mmclub2010?hl=ja
スポンサーサイト
[ 2010/04/26 00:00 ] 向谷実関連 | TB(0) | CM(0)

全く新しい大喜利番組『ホワイトボードTV』

「伊集院パーク」や「G.I.ゴロー」など、Twitter連動やTwitter公式アカウントを持つ番組が増えてきているが、中でも最も革新的なのがホワイトボードTVである。

MXTVで火曜深夜0時から放送されている番組であるが、何とTV画面には文字しか映らない。急に大喜利のお題が画面に出されるのだ。
出演者は大喜利大会『一本!!グランプリ』開幕戦優勝者バカリズム、放送作家で『松本人志の一人ごっつ』の師匠の声でお馴染みの倉本美津留、そして漫画家のタナカカツキ
この3人がUSTREAMという動画の生配信サイトに出演し大喜利の答えを直接TV画面に書く姿が映し出される。TV画面を直接ホワイトボードとして使ってしまう、まさにホワイトボードTVだ。

初回放送時、主に出演者のTwitterで告知されただけのこのTVはTwitterやUSTREAMを知らない人にとっては全く何が何だかわからなかっただろう。
今回が第三回の放送となったが、まだ理解していない人も多数だったので簡単に説明しよう。

まずは公式アカウント http://twitter.com/ustvjapan をフォローしよう。
ここで番組の告知や、大喜利のお題の受付などが行われる。

次に大喜利の視聴者回答用アカウント http://twitter.com/wbanswer

そして、出演者のバカリズム http://twitter.com/BAKARHYTHM
倉本美津留 http://twitter.com/kuramotomitsuru
タナカカツキ http://twitter.com/ka2ki

第三回に急遽出演したエレキコミックのやついいちろう http://twitter.com/yatsuiichiro
もフォローしておこう。
あとは100円ショップなんかでホワイトボード用のマーカーを買ってくれば準備完了。

公式アカウントで告知されるが、大体地上波放送10分前の23時50分から番組公式USTREAMで配信開始されます(ちなみに過去配信の録画も見られます)。

地上波放送がスタートしたら早速お題の答えをTVに直接マーカーで書き込みましょう。表面がガラスやアクリル等のツルツル素材ならちゃんと消せるのでご安心を(油性マジックはダメよ!)。怖い人は端の方でテストしてみるとよいでしょう。
ちなみに第三回の最初のお題は「時速20キロしか出ない新幹線の形は?」という絵で回答するお題でした。

書いたらiPhoneや携帯の写メールで画面を撮影して、回答用アカウントにリプライしましょう。
お題と「TVに直書きしました」という一言を添えて写真を貼り付けると良いです。

文字お題の場合は答えをそのままリプライしても良いですが、今はまだ写真で投稿する人が珍しいのでよく読まれます。
何と僕は4本も読まれて合格をいただきましたw
ちなみにこんな感じ。

ベタベタの手で触ったら、雷オヤジに怒られたさて何を触った?

ベタベタの手で触ったら、雷オヤジに怒られたさて何を触った?

ブラウン管なので写真に縞が出てしまうのですが、逆にこの縞模様がカッコイイとむしろそっちをいじられたりしました。
なのでまだ地デジじゃなくても大丈夫です。
他の皆さんの回答はこちらを遡っていくと見られます。


地上波放送中は出演者もどんどん回答していきます。お題の答えを書きながら、それを見るのは結構難しいかもしれませんががんばりましょう!

放送終了後はそのままUSTREAMで反省会や視聴者回答が読まれたりします。

前回の反省会では視聴者もお題をUSTREAMしたりしてはという提案もあったので、誰よりも早く挑戦してみようと思います。
また、初回よりUSTREAM視聴者が減っているということだったので、みんなでどんどん告知をしようという事になりました(僕もこうしてブログで宣伝を)。

こうして視聴者も巻き込んで作っていくのがホワイトボードTVなんだそうです。
大喜利のお題やそのバックにかかる音楽のリクエスト、番組の改善希望は全て公式アカウントにリプライでOKです。
この全く新しい(半ば地上波を蔑ろにした)番組を皆で盛り上げていきましょう!
[ 2010/04/22 02:01 ] お笑い | TB(0) | CM(0)

フジテレビドラマ「素直になれなくて」

今、ある意味龍馬伝よりも話題なのがフジテレビのドラマ「素直になれなくて」
恋愛ドラマなのだが、出演者たちがtwitterで出会うというのがやはりtwitter上で話題に。

主演は瑛太さんと上野樹里さん。
東京・渋谷を舞台に、Twitterを通して知り合った5人の男女が本当の友達・仲間になるまでを描くという。駆け出しのカメラマン・ナカジを瑛太さんが、私立高校の非常勤講師・ハルを上野樹里さんが演じる。

脚本は、ドラマ「ロングバケーション」「ビューティフルライフ」などで知られる北川悦吏子さん。この辺は流石にオンタイムで見ていて、当時結構楽しんだ記憶がある。

もちろんTwitterにもアカウントを持っている。

とはいえ中々使いこなすのは難しいらしく、ブログなどとの違いに戸惑いもあるよう。
僕もTwitterアカウント作ってしばらく放置した経験もあるし、有名人は余計に気を遣うのかもしれない。

ドラマ放送直前にこんな発言も
「ツイッターができることを、なんてそんなに人は自慢するの?できないことをなんで、そんなに下に見るの?」
「器械やシステムを使いこなすことが、エライ、と思うってのバカみたい」
http://www.j-cast.com/2010/04/16064732.html

おいおい大丈夫か? いや、まさかこれも新たな宣伝方法かな?ということで
最近は映画ばかりでテレビドラマは見てないのだが、とりあえず一話を見てみた。

まずはカフェで上野樹里が瑛太にコーヒーをかけてしまうことで二人が出会う。

というドッキリカメラとかでよくあるシチュエーションから始まる。


その後上野樹里は女友達の関めぐみと一緒にTwitterのオフ会へ。
オフ会には玉山鉄二とジェジュンが。そして、遅れて瑛太が登場する。なんたる偶然!

ってこれはあれだ。「遅刻しそうで走って登校中にぶつかった相手が実は転校生だった」ってパターンのやつ。(エヴァでもネタにしてたね)

オフ会はスタート。みんな匿名だったみたいで本名や仕事などそれぞれ自己紹介が始まる。
上野樹里が正直に教師という中、それぞれ職業など偽っている模様。Twitterからいきなりのオフ会では素直になれないのか…なるほど。

ところでこのオフ会は何のオフ会なんだろうか?本名はともかく仕事も知らない中、集まったのは若い男女。オフ会って何かの趣味の集まりだったりする印象があるがそんな雰囲気もない。むしろ合コンといった感じ。

合コン、じゃなくてオフ会は終わり解散。上野樹里と瑛太は偶然にも同じ駅に住んでるんだと。なんたる偶然!
関めぐみと玉山鉄二はホテルへ行っちゃった。Twitterって凄いねw 
「ホテルなう」なんてつぶやくことはなく関めぐみの腕にはリストカットの後が…。Twitterって恐いねw

ってか実は関めぐみはTwitterやってないんだけどね。始めちゃったら何か色々やばいことつぶやきそうで恐い。

一方、上野樹里と瑛太の方は怪我をした上野樹里を瑛太がおぶって自宅へ運び治療するという展開。こっちもかよ!と思ったが、流石に健全な別れ。

上野樹里が帰宅すると、弟が暗い部屋でゲームをしている。それを心配する母親の風吹ジュン。実は弟は麻薬に手を染めていた…。
麻薬やってゲームするなんてまた大人しいやつだなw

玉山鉄二は上司の渡辺えりにキスを強要されるというパワハラを受け、ジェジュンは医者と名乗っていたが実は医療機器の営業マンで、妹は参考書を万引き。ってか妹の制服はが上野樹里の勤める学校と同じか。

瑛太と上野樹里は案外あっさり打ち解け合って、素直になっちゃったなあと思ったら、上野樹里が瑛太の自宅に洗濯した服を届けたら、そこで井川遥と瑛太がいて鉢合わせ的な展開で終了。


と盛りだくさんなんだけど、結局Twitterは余り出てこなかった。というか飲み会の連絡手段程度で、あとは「こんなことつぶやいてたね」とか振り返るくらい。

この辺がTwitterやってる人の感覚と結構違ったみたいで、ハッシュタグを追ってみると、これなら別にTwitterじゃなくてもmixiでもGREEでも何でもいいじゃんという意見が多数。
また、単なる出会い系として扱われた感もあり、反感を買った模様。

そもそも映画やドラマで文字メディアを扱うのは意外と難しい。古くは手紙、今ではメールなどもただ字面を映すだけでは伝わり難い。だから本当は不自然でも読み上げたり、ナレーションが入ったりするものだ。

何年か前に電車男というドラマがあったが、あれはネットの文字メディアを表現するのにかなりの工夫があった。
最近ではサマーウォーズというアニメのネットの仮想空間の表現が素晴らしかった。

現実の表現から飛躍しなければ伝わり難く、退屈になってしまうのだ。
一方ドラマでのTwitterの表現は、画面下に文字が出て登場人物の声でナレーションが入るという割とあっさりしたものだった。

この辺は演出上の問題だろうが、恋愛ドラマの邪魔にならないように処理した印象。
今後は5人以外がどれだけTwitterに絡んでくるか?というあたりが見所か?


ドラマでのTwitterの使い方であるが、やはりあまり上手くないなあと感じた。国内で500万人を超えたというTwitterだが、まだまだ未経験者の視聴者が多いのも事実だろう。そこに合わせるとすれば、あまり踏み込めないというのも分かる。
そういう意味ではmixi等でも良かったのでは?という疑問は、現在TVCMを始めたmixiを出会い系に近い形で描くことはやりにくかったというところもあるかもしれない。

例えば5人のうち1人、玉山鉄二くらいが本名アカウントを使っていたり、オフ会は店の常連だった等の関係性があれば良かったかもしれない。
そうでないとただの出会い系で合コンができるサービスの様に誤解されかねない。


とはいえ、多くのTwitterユーザーを巻き込んだり、新たにTwitterを始める人が増えるのは良いことだと思う。

第一話放送後にリツイート禁止など、Twitterとしては謎のつぶやきをして、再び物議を醸し出した北川悦吏子さんだが、再び活発につぶやき始め現在7話執筆中だという。
後半からまた、Twitterを効果的に使ったストーリーが期待できるかもしれない。

第2話以降のTwitterの反応も気になる。色々な意味でまた必見のドラマだろう。
[ 2010/04/17 11:51 ] twitter | TB(0) | CM(0)

世界初?! iPad5台演奏とKORG iELECTRIBEライブ

先日USTREAMで行われたデジタルステージの26時間生放送イベント内で告知された向谷実さんのiPad複数同時演奏が「モーションダイ部番外編」として行われました。

こちらで録画が見られます

まずは、なうなう!の作者クリストファーさんによる説明。USTREAMの映像にtwitterのつぶやきをニコニコ動画の様に流すサイトである。
直前にiPad様に最適化したそうな。紹介された直後からなうなう!からのつぶやきが増えて大変重くなっていた。

お次はKORGがiPad用に出したアプリiELECTRIBEのデモンストレーション開始!

通常2300円のところ期間限定で1200円!これでiPadがElectribeになっちゃうってんだから安すぎる!
というかむしろパワーアップしているらしい。

ヘッドフォン端子から出力してるらしく音も良好。
さらに、monotronも入ってきてセッション開始。会場は一気に盛り上がる。照明も落としたりなんかしちゃって打倒DOMMUNE全開!


やっと向谷さん合流。見学に来ていたそらのさんとは初対面だそうな。
早速告知していたiPad複数台演奏を。
しかし、向谷さんはまだiPadを持っていないので不安そう。iPhoneで4500円分のアプリを購入して音色を試す位しかできなかったそう。

その向谷さんの前に5台のiPadが置かれる。「一体何台あるの?」という問いに10台以上あるらしい。もうどれが誰のiPadなのやらw
とりあえず2台使って演奏開始。途中ギター風の音色を使ってギタリストとのストリートファイト指南も。ギターを出すのは時間が掛かるだろうが、iPadなら一瞬だw

そして遂にiPadを5台使っての演奏スタート!一台は向谷さんが家でシーケンサーで仕上げて来た音源を再生。
それに併せて様々な音色のiPadを次々と演奏していく。
見事に決まり拍手喝采。

iPad本体のスピーカーからのマイクでの集音だがちゃんと曲になっている。
Viewerも2000人を超えもはやライブだ!

素晴らしいパフォーマンスにこれで日本で5台のiPadを使っての初演奏となるだろう。
Wikipediaも更新。もしかしたら5台は世界初かもね。

お次は再びKORGのデモンストレーションスタート!
今度はKAOSSILATOR PROニンテンドーDSソフトDS-10を使ってのセッション開始。

KORGさんにはこれらもiPad移植を是非お願いしたい。みんなでiPad持ち寄ってセッションなんて楽しそう。
とにかくiPadと音楽アプリの親和性は高い!

といった感じで本日は終了。定期的にこのようなイベントも開かれる予定だそう。今後も楽しみ。いつか参加できるといいなあ。そのためにもiPadは必須か?
さて何人がこれを見てiPadを買うのでしょうか。僕は相当数いると思います!




[ 2010/04/08 00:56 ] 向谷実関連 | TB(0) | CM(0)

iPadについてのTV報道とUSTREAMの違い

昨日遂にアメリカで発売されたiPad。日本での発売は今月末。だが、日本でどこよりも早くiPadを触っているのをUSTREAMで偶然見ることが出来た。
デジタルステージの26時間生放送イベント内でアメリカから購入してきたiPadの姿が遂に披露された。

こちらで録画が見られます

予想通り大きなiPhoneなのだが、その大きさが可能性を無限に広げるということが明らかになっていく。

持ち主の神田さんが簡単に使い方をレクチャー。書籍、新聞などは見易く、ページめくりのギミックもアップルらしい。中でもGoogle Mapとストリートビューは画面の大きさによってかなり使いやすさの感覚が変わる。これなら道に迷わない。

基本的にiPhone、iPod touch用のアプリは使える。
カシオペアの向谷実さんがピアノアプリで演奏披露。初めて触るとは思えないほど滑らかな演奏。レスポンスの良さに驚く。
向谷さん「鍵盤アプリは角度がちょっと欲しいのでそういう商品が売れるのでは?」

文字入力も画面が大きくなったことによりiPhoneよりかなりやりやすく。しかし、まだフリック入力は実装されていない模様。メールとかの文章入力でも机に置いて角度を付ける台みたいなのが欲しくなりそう。

ちなみに同梱物はUSBケーブルとアップルケアの用紙とステッカーとペラペラの説明書?のみ。マニュアルは例によってSafariから見るのみ。マニュアルなしでも操作できてしまうように作られているとも言える。
タッチパネルの操作は本当に直感的で、PCを敬遠してた世代を再び引き戻すことができる位のインパクトがあるかもしれない。うちの父親もこれは買いそうだ。

再び新たなアプリ(ピアニストプロ等)で向谷さんが演奏。自分で持ち込んだミニキーボードと組み合わせてエレクトーン的なプレイやシーケンサー的に使えるアプリも。
向谷さん曰く「これはシンセサイザーなどの代替えにはなかなかならないが、作曲やセッションのツールとして使える」
iPadを複数台使っての演奏も熱望。これは近いうちに実現しそうな流れ。
色々な楽器への導入としていいのではないか?iPad一つ持ってスタジオやライブに行くというのが近いうちにあり得そうだ。

と、ここでめざましTVの取材が入る。神田さんが買ってきたiPadは現在24時間6万円でレンタルしているそうで(購入代金等すぐにペイできますね)借りて明日のめざましTVで流す模様。

ここで、USTREAM配信している模様は撮らずにiPadだけ撮って帰っためざましTVスタッフに昨晩も繰り広げられていたメディア論の話題が再燃。
USTREAM配信中にお邪魔したのだから挨拶くらいはすべき。どうやってここにiPadが届いたかも取材するべき。等々。
いつだってマスコミには好きなように取材され彼らの都合のいいように編集されて流されるのだ。逆に言うとUSTREAMの生配信にはそれがなく、だからこそタイガーウッズもUSTREAMで記者会見したのではないか?と。
ここでの配信とめざましでの放送を見比べれば色々な問題も分かるだろうと言うことで一旦終了。

その後iPadプレゼントの抽選が行われ、DJ TAROさんのiPadでのDJプレイで配信は終了へ。
このDJプレイも凄かった。iPhoneとの連携もできるだろうか?夢が広がる。是非向谷さんとのコラボも!


さて、肝心のめざましTVでのiPad放送だが、「フォーカスONE」というコーナーでアメリカでの行列の映像に続いてフジテレビ前での日本人の声。そして神田さんのiPad映像。めざましスタッフがゲームや書籍の操作の映像が数秒挟まれた後は他のプロモーション映像へ。その後はITジャーナリスト林信行氏へのインタビュー映像の後スタジオでフリップを使って大塚さんが説明。

iPadではiTunesで音楽、動画、電子書籍、新聞、ゲームなどを直接購入して使える。
日本では動画配信や電子書籍で調整が付いていないという説明でぶつ切りされた様にCMへ。

だってこの調整にフジテレビ自身がかなり関わってるもんね。産経こそiPhoneで配信しているが、TV番組も映画も出版社もフジサンケイグループに抱えているんだからw
日本でiPadが不便なのは自分たちのせいだと言っているようなもの。


iPadではPCやネットブックと違ってソフトを購入したあとインストールせずに使えると言っていたけれどもこれも間違い。インストールは自動なだけで必要だし音楽を聴く為にiPadを持ち歩くかというのも疑問。むしろ向谷さんやDJ TAROさんのプレイを見せた方が一発でiPadの魅力が伝わったのではないか?
手持ちの素材と編集して次の日の朝に放送という事を考えると、iPadの動いている映像だけ撮って帰るのも分からないではないが、向谷さんやDJ TAROの映像を撮らなかったのはもったいなかったと思う。

とにもかくにも大成功だったこの配信。後半は常に2000Viewerを超える勢い。
配信内で宣伝したデジタルステージ代表の平野友康さんの著作「旅する会社」もAmazon70000位台から30位までジャンプアップ!Amazon送料無料の影響も大きそう。
USTREAMの影響の大きさ、そしてレスポンスの早さには驚くばかりです。
[ 2010/04/05 15:33 ] iPad | TB(0) | CM(0)














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。