スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

向谷倶楽部公開レコーディング 機材等まとめ(暫定版)

2010/6/8 15:00から行われたレコーディングUSTREAM中継。

公式サイト
http://mukaiyaclub.com/

会場は横浜のランドマークスタジオ
http://www.lfa.ne.jp/~lm-st/index.html

各アーティスト機材について、ツイートの情報も参考にしながらまとめました。間違いもあるかもしれません。気付いた方は是非教えてください。新情報もお待ちしています。


斉藤英夫(ギター)
エレキギター ESPストラトモデル
EMG-85EMG-SA
Digidesign Eleven Rack
ギターはマーシャルのヘッド
クリップ・チューナー
BOSS GT-10でMIDIコントロール
マーシャルのスピーカーはアコースティックピアノのブースに
ESPのチャーモデルのヘッド

アコースティックギター Gibson J-45
マイク NEUMANN U-87


鳴瀬喜博(ベース)
5弦ベース
弦 TUNE
クリップ・チューナー


神保彰(ドラムス)
アコースティック中心なのでトリガーは使わず
ドラムのケースは合成樹脂製 イギリスのメーカーのもの
スネアはアルミ製、14インチ
このセットは全て神保モデル
ハイタムの中にトリガー
ヘッド、裏はクリアのアンバサダーらしい。表はコーテッド
クリップでフェルトを固定。倍音を抑える
ドラムセットの周りは吸音材で囲まれている
フェルトはピアノのダンパーの役割
マイクケーブルはスタンドにきれいに巻いてる
タムはクジラかな(MD-421)
セッティングってかなりシンバルが高い位置。音の被りも少なそう

@magaruusagiさんより追加情報!
1:13 1/4”K Custom Hybrid Hihats
2:9”K Custom Hybrid Splash
3:17”K Custom Hybrid Crash
4:11”K Custom Hybrid Splash
5:20”K Custom Hybrid Ride
6:15”Azuka Latin Multi-Crash
7:19”K Custom Hybrid Crash

Hybridはシンバルのカップ部分を残して、薄めに加工し、クラッシュ音もレガートもカップも全ての特性を出せるJIMBO開発のシンバルです。Chinaは今回は使用しなかったようです。

TOMTOM(AkiraJimbo 30周年記念モデル)
A.22”× 17” Bass Drum (トリガー内臓)
B.10”× 8” Tom Tom (トリガー内臓)
C.12”× 9” Tom Tom (トリガー内臓)
D.14”× 12” Tom Tom (トリガー内臓)
E.16”× 14” Tom Tom (トリガー内臓)
F.Jam Block LowPitch(左足) 実際には使わず
8" TOM TOMは今回は使用せず。

Stick Akira Jimbo Model(Vic Firth)



宮崎隆睦(サックス)
マイク3本
AKG THE TUBE
NEUMANN U-87


中西圭三(ボーカル)
NEUMANN U-47 TUBE

坂本美雨(コーラス)
AKG THE TUBE


JIRO
SERATO Scratch Live


MIX 佐藤宏章
今回はProtools9で完結全てプラグイン

Consol SSL 9000
SSL moving fader 4000G+ EQ=E.

モニタースピーカー KRK V8・Yamaha NS-10M・Sony製 MDIO ZS-M5

Kengsington社トラックボール

A=441kHz
録りの段階でコンプ等かけて音をある程度決めた


ストリングス・ドラムのパンは見た目そのままに近い。
audio-technica ATH-W1000

コンプ、EQなどはWAVES Renaissanceシリーズ中心

Waves MV2

WAVES APIは560のグライコを主に使用

マスタリング用のEQ Brainworx
SSL卓でWAVES SSL

Reverb one
コーラスをSTEREO IMAGEで広げてる
bomb factoryのコンプ

Line6 EchoFarm
アコギはルネサンスEQで自然な感じ

コーラスは確かにきつめにコンプかけるし、重ねてるからフェーダー処理はそこまで細かくなくていいのか。 サックスは吹く楽器だしソロだからボーカルくらい細かいフェーダー処理してる

ReVibe プレートリバーブでハイはやっぱり多少削るんだな

マスタリング
WAVES L2
Brainworx


マスターEQで1K辺りを若干下げ、16Kあたり少し持ち上げてるみたい
L2で3dB振れるくらい持ち上げると



これだけ読んでも分からない初心者はこちらの書籍がおすすめです。

ムック エンジニア直伝!エフェクトテクニック基礎講座 CD2枚付き!! (リットーミュージック・ムック―サウンド&レコーディング・マガジン)

リットーミュージック
売り上げランキング: 3056
おすすめ度の平均: 4.0
5 宅録入門者必読の書です
3 やはり読むだけではわからない
5 設定が分からない初心者にはうってつけ
4 設定例がわかりやすい
4 音を確認しながら


エンジニアが教えるミックス・テクニック99 (CD付き)
葛巻 善郎
リットーミュージック
売り上げランキング: 1632
おすすめ度の平均: 4.0
5 ズバリ良い本です
5 勉強にはなるが、準備が必要
5 わかりやすくすぐにやってみたくなる本
2 参考程度なら…
3 悪くはないんですが

スポンサーサイト
[ 2010/06/09 02:19 ] 向谷実関連 | TB(0) | CM(1)

MIAU Presents ネットの羅針盤『どうなる放送法改正!ネット放送の行方

【出演者】
司会:津田大介(メディアジャーナリスト、MIAU代表理事)
日隅一雄(弁護士)
藤末健三(民主党参議院議員)
庄司昌彦(GLOCOM講師・主任研究員、MIAU理事)



津田「そもそもこの法案が鳩山総理辞任で今国会で通かは微妙」

藤末「マスコミの噂では管総理誕生なら延長もある?!疑わしいが」

津田「(放送法改正について)『無線通信の送信』が『電気通信の送信』に。この電気通信にはニコ生やUSTの配信も含まれるのではないか?」

資料を出しながら津田さんが説明に入った。

情報通信法構想の有害情報対策

・違法な情報については表現の自由の保障の範囲外
・有害な情報のついてISPが個別に自主規制するのは限界があり、国が関与すべき


これらの問題点

・条文だけ読むと『電気通信』という表現はブログ、ニコ生、Twitterも放送扱いととれるのでは?
・強行採決されるなど議論が少ない
・誰が規制するのかわからない


日隅「表現の自由を政府が規制すると、これを政治利用される恐れがある」

庄司「もともとは放送と通信を融合させて新たなビジネスチャンスを生み出すという意図だったのではないか」

庄司「『直接受信されることを目的とした電気通信』というのはインターネットを対象にしていないとの答弁。でもこの表現は分かりづらいのでは?」

藤末「インターネットの定義が法律にない」

藤末「著作権の問題の解決など産業振興に関する部分が抜けて規制の側面だけが強くなってしまった」



津田「ではネット放送に規制自体は必要か?」

日隅「必要だが、誰がやるかが大事。政府がやるのか?自主規制でやるのか?」

アンケート:今後ニコ生のようなネット放送は、何年以内にテレビを超えると思いますか?

3年-36.5%
5年-22.1%
10年-16.6%
超えないと思う-24.7% 


海外ではどのように規制されているかという議論へ。
欧米では第三者機関というのが一般的なようだ。

津田「中国、韓国は厳しい。韓国は政府に規制機関がある」

中国は言わずもがなだが、韓国ではネット選挙解禁時にネガティブキャンペーンが起こりすぎた経験から、ネット規制は強いようだ。


藤末「自主規制が望ましい。例えば貸し金業は自主規制がなかったから一部が暴走し、過度な規制に至った。これで中小企業が借り入れできなくなるという問題も起きた」


津田「ニコ生もこのような健全な放送から配信停止になるような放送まで幅がある」

ニコ生のコメントによると、幼稚園に侵入して演説を配信した事件や、リストカットの模様を配信したという事件があったようだ。


日隅「非実在青少年問題も自主規制が望ましいものに政府がひとつの規制機関に規制させようとしたのが問題である」


ここでコメントに苫米地という言葉が多く流れ始める。

苫米地英人はkeyholeTV等で知られる、脳科学者。昔はジャストシステムにもいたりした。

KeyholeTV:P2P技術を生かした動画配信技術。主にネットで地上アナログ放送などを配信している人が多い

ここでKeyholeTVの地上波再送信などの議論へ。

それぞれの地域でスポンサーを募集して放送するというモデルが崩壊し始め、法律との乖離が進んでいるのではないかという論調。

ローカル局が必要か?必要でないとは言わないが、地方の人は東京の放送と同じ物を見たい人多いと思う。宮崎は民放2局しかなくてケーブルTVに入るしかない


再びネット放送の規制について。

津田「現状あるBPOなどが規制するという方法もあるが」

藤末「問題は著作権。著作権の処理ができないことには再放送などができない」

津田「地上波のTVにダビング10などをかけているのは日本だけ。この規制を外せば民主党支持増える」

津田「コンテンツ産業の促進をいうなら著作権の強化でなう下請けの制作会社のひどい待遇を何とかすべき。公取の権限を強化しては?」

藤末「独占禁止法で色々できるはず」


TVも映画もアニメも本当に作っている人が金を貰っていない。
映画監督協会の平均年収は100万円台だとかという話もある。


アンケート:ニコ生で規制がかかる時主体は?

自主規制70.0%
政府3.6%
民間19.3%
BPO7.0%


藤末「日本の料理番組などは世界に需要があるのでは?」

藤末「ポケモンでおにぎりが出てきたときアメリカ人がライスボールライスボールと大喜び」

藤末「役人とインターネットの法律を作るときグローバル的な視点がない。国内だけやって海外はどうするのか?国内法の限界で終わってしまう。」

藤末「やはりネットに詳しい若い人の意見が欲しい。ネット党など出てきて欲しい」 


現状のパブリックコメントの無意味さについて。現状パブリックコメントは長々と文章を書かなければならない。しかもそれが反映されることはほとんどなく、国民の意見を聞いたというアリバイにしかなっていない。

津田「140字でいいよね」 

庄司「選択式でもいい」

意見募集自体は簡易なものでもいいので、反映させることが大事とのこと。


津田「今回の放送法の改正にはNHKの問題とNTTの問題が抜けている」

津田「USTでのDJ配信など、違法なものから盛り上がってきて、今JRCという著作権処理のスキームが出てきた。その流れをまた抑え込むのか?」 

日隅「官僚は規制することで権限を増やす。自由化では利益が得られない」

官僚は権限を拡大・維持するために規制緩和へ舵を切らない。


津田「『ニコニコを作っているのは俺たち』というコメント。こういう意識が大事」 

ニコ生もUSTもコメントがその一部を作っていると言える。双方向性という意味ではTVよりも圧倒的に成功していると言える。 

津田「『俺がニコ生を守る』という個人マニフェストを出しては?」
と藤末議員に投げかける。

ここで時間となりまとめへ。

日隅「党議拘束をかけ過ぎる日本。党議拘束は重要なものに絞って、党内でも自由な議論をやって欲しい。それによって2大政党でも多様な意見を反映できる」

藤末「グローバル視点が欲しい。日本の文化を世界に発信していきたい」


まとめると、今回の放送法改正はインターネットが規制の範囲になるか非常に曖昧な条文である。
また、今まで論議されてきた著作権処理の問題など産業振興に繋がる部分が抜け落ちている。
規制は必要であるが、政府ではなく自主規制が望ましい。



[ 2010/06/04 00:12 ] ニコニコ生放送 | TB(0) | CM(0)














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。