スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【サカナクション】ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010 8/6(Fri)レポート

サカナクション

1.21.1(+Ame)
2.明日から
3.表参道26時
4.セントレイ
5.klee
6.シーラカンスと僕
7.ネイティブダンサー
8.アルクアラウンド
9.アイデンティティ
10.ナイトフィッシングイズグッド

enc
11.三日月サンセット

capsule終了と同時にレイクのトリとしてスタートしたサカナクション。
既に入場規制が始まっている。まあそこは2年前のレイクのPerfumeの経験から裏技があるのだ。って言ってもステージ向かって左手に回るだけなんだけどね。
中はまだ余裕がありました。
サカナクションは観客の姿も見たいので少し高い段から友人とビール飲みながら鑑賞。『表参道26時』と同時に一人で前方へ偵察へ。これは前の方でも十分に踊れるスペースがあると確認して戻る。
最後のスパートまでそのまま後方で我慢し、アルクアラウンドから友人と前方へ歩き出す。そのままラストまで踊り尽くす。ナイトフィッシングイズグッドの合唱で会場が一体となる。
やはりトリはレイクで迎えるのが素晴らしい。いつぞやのCORNELIUSのレイクのトリも本当に素晴らしかった。やはりグラスと違った距離の近さ、そして円形の会場が拡散しない一体感を生むのだと思う。



友人が水戸に実家があるということで毎年のように参加していたロッキン。去年は行けなかったが、今年はサマソニと被ったせいか初日に僕の好きなメンツが集中していたので行きたいと思っていた。
初日のチケットだけイープラスでチケットが余っていて、何とか仕事の都合が付けられたので(半ば無理矢理で徹夜で会場に向かったのだったが…)行くことが出来た。

駐車券は持っていなかったが、朝4時には着いていたので民間駐車場は楽勝。でも6時くらいまで同じ駐車場に車入って来てたから結構余裕なのかも。会場ではテントなどは組まず、サウンドオブフォレスト付近の喫煙所付近にブルーシートを敷くのが定番。木があるので陰になって充分涼しい。グラスステージ付近は日陰がないのでテントないと厳しいけどね。


中々フェスの為に休みを取るのは難しくなってきたが、来年もチャンスがあれば行きたい。RUSH BALLとか関西のイベントも行ってみたいなあ。




スポンサーサイト
[ 2010/08/23 19:49 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

【capsule】ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010 8/6(Fri)レポート

【capsule】

1.more more more
2.Starry Sky
3.FLASH BACK
4.Love or Lise
5.Player
6.JUMPER
7.Sugarless GiRL


FRONTIER BACKYARD終了から駆けつけると既に超満員でmore more moreがスタートしている。
DJブース時代は中々見に行けなかったけど、SOUND OF FORESTのトリなら見るしかない!サカナクションのレイクも近いしね。
同じヤスタカでもこちらは生歌。フェス向きかもしれない。日が段々暮れていきライトアップも華やか。
アンコールなしの規定時間で終了し。待ちに待ったサカナクションへ。






[ 2010/08/23 19:47 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

【FRONTIER BACKYARD】 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010 8/6(Fri)レポート

【FRONTIER BACKYARD】

1.You feel the luck
2.Putting on BGMs
3.Hope
4.missing piece
5.Flower of Shanider

モンゴル800にちょっと寄りつつ移動。相変わらず空いているPARK STAGE。FRONTIER BACKYARDは野外にぴったりのバンドだ。屋内だとSynthesizer bassが正直ちょっとうるさいんだけど、野外だとバッチリ。
本当にただ楽しいだけのバンドだ。




[ 2010/08/23 19:44 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

【磯部正文BAND】ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010 8/6(Fri)レポート

【磯部正文BAND】

1.#4
2.8.6
3.Do we know?
4.花の咲く日々に
5.GUITARMAN
6.新曲
7.WALK
8.新利の風


少し前にTwitterを駆け巡ったハスキン復活情報。正確には復活ではなかったが、磯部正文BANDはHUSKING BEEの曲をやってくれた。会場も待ちに待ったとばかりに大盛り上がり。メンバーも田渕ひさ子(G)、戸川琢磨(B)、恒岡章(Dr)、下村亮介(Key)と豪華!
またこのメンバーでのライブが見たいと思わせた。




[ 2010/08/23 19:37 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

【LOW IQ 01 & MASTER LOW】 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010 8/6(Fri)レポート 

【LOW IQ 01 & MASTER LOW】

1.T・O・A・S・T
2.SWEAR
3.Miracle
4.MAKIN' MAGIC
5.WAY IT IS
6.五日はまた雪(More Speed Ver.)
7.GOT LUCKY
8.F.A.Y.(Fight Against Yourself)
9.So Easy
10.Little Giant


Perfume回避組はASPARAGUS→LOW IQ 01という流れが定番だと思うんだけど、既にバテバテの僕には日中のレイク地獄へ飛び込む体力は残されていなかった。下が芝じゃないから本当に日中はきついLAKE STAGE。
テントで休みながら見て、Coccoが始まったのを見計らってフォレスト付近のブルーシートで休む。




[ 2010/08/23 19:33 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

【ASPARAGUS】ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010 8/6(Fri)レポート 

【ASPARAGUS】

1.FAR AWAY
2.DEAD SONG
3.WITH THE WIND
4.Diggy-Bop
5.Silly Thing
6.I Fly
7.JERK
8.Fallin' down


Perfumeを見に行く予定だったが、ビークルでのゲスト出演を見てやはりASPARAGUSへ!しのっぴ曰くインディーズ界のPerfumeであるASPARAGUSを見に来た硬派なオーディエンスと盛り上がる!
いっつも頭振りすぎ跳びすぎで完全にバテてしまう。






[ 2010/08/23 19:32 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

【OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND】ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010 8/6(Fri)レポート 

【OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND】

1.A Whole New Day
2.Ankaa
3.Freight Train
4.UKIGUSA
5.The World
6.New Tale
7.Bamboo leaf boad
8.Thank you


初PARK STAGEでOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDを観る。
PARK STAGEはいつも空いてるので何かちょっともったいないが、ビールとチキン食べながら寝っ転がって余裕で観られるのは良かった。これぞ野外フェス!




[ 2010/08/23 19:28 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

【BEAT CRUSADERS】 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010 8/6(Fri)レポート 

【BEAT CRUSADERS】

1.LEMON HEAD
2.LOVE DISCHORD
3.LET'S ESCAPE TOGETHER
4.BE MY LIFE
5.青空 (w/磯部正文)
6.FAIRLY TAIL (w/ASPARAGUS)
7.ISOTONIC (w/ASPARAGUS)
8.SITUATION
9.SUMMEREND (w/吉村秀樹(bloodthirthty buchers)

この夏で散開ということでロックインジャパンフェスもラストの参加となるBEAT CRUSADERS。うちのバンドがスペースシャワーTVのモンスターロックで散開についてのインタビューを受けていたこともあって、ドラムとその最後を見届けて来ました。
(マシータからビークル散開後のお面キャラを託されていたらしいのだが、9月オンエアーと聞いていたのに既に放送してたらしい。22日の再放送見なきゃ!)


一緒に行った友人の一人は前の方へ消えていったが、暑いし、寝てないし、今日はサカナクションまで長いということで、僕らはちょっと控えめに陣取る。
ラストということでゲストが豪華!イッソンとのブルーハーツの『青空』カバーに続いてASPARAGUS登場!よく見るとステージにドラム2台あるじゃないかー!
この組み合わせもこれで見納めになりそうということで急いで前の方へ。何とか中段までたどり着き全開で『FAIRLY TAIL』に乗る。
ラストには吉村秀樹(bloodthirthty buchers)も登場し本当にお祭りであった。短すぎたのでトリでも良かったんじゃないかという位。




[ 2010/08/23 19:26 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

【くるり】ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2010 8/6(Fri)レポート 

【くるり】

リハ:ワンダーフォーゲル
1.東京
2.さよならアメリカ(新曲)
3.コンバットダンス(新曲)
4.目玉のおやじ(新曲)
5.温泉(新曲)
6.言葉はさんかく こころは四角
7.魔法のじゅうたん
8.新曲
9.ロックンロール
10.東京レレレのレ

グラスでリハやるとは思わずワンダーフォーゲルは見逃し。ちょっともったいなかった。
2人になってからのくるりは初見。3ピース体制も新鮮だったが、やっぱりちょっと音色が寂しい。新曲中心だったこともあって夏フェスとしては大盛り上がりとまではいがなかったか。ロックンロールはやはり良かったけどね。






[ 2010/08/23 19:18 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

映画「インセプション」評 町山智浩×宮台真司×神保哲生

ビデオニュースドットコムより映画「インセプション」評 町山智浩×宮台真司×神保哲生


まずは町山さんから軽くストーリーについての説明。

町山「産業スパイのコブ(ディカプリオ)が情報を盗み出すために夢を設計し、対象と自分が同じ夢を見る。夢の中で情報を盗み出す。
サイトー(渡辺謙)はコブにある大企業の跡継ぎにその企業を潰させるような記憶をインセプション(植え付け)させる」


神保「おもしろい話だと思うが、そもそも夢の共有いうのがバカバカしい。脳を繋げるのならそのまま情報を抜き出しちゃえばいい」

宮台「最近の宮崎駿を見れば分かるけど、荒唐無稽さに充ち満ちている。
ディカプリオのチームは三層の夢を構築する。一層はワンボックスカーの落ちるスロー。あの無重力状態が第二層に影響している。本当の夢もそうでしょ。第三層でインセプションに成功して第一層まで上がらなきゃいけないんだけど、渡辺謙は落ちてしまう。
冒頭とラストの渡辺謙が老人になっているシーン。あれが第四層、第五層。
渡辺謙を救出し、全員で上がって全て解決に見えるラストもそれ自体が夢である可能性を残している。ユングは『全ては体験に過ぎない』神秘的な体験も全ては体験であると。
マトリックスでも『覚めない夢なら夢でいい』というサイファという男が出てくる。
ディカプリオは全ての構造を知っているので、確信犯的にラストの家族に会いに行くという夢に留まっているのではないかと思った」

神保「もう一つは産業スパイの話だけど、

町山「現実として見ていた第一層の上の上の部分も夢ではないかという無限後退を見せることが目的。哲学にはあった。フィリップ・K・ディックの小説がそう。トータルリコールのラストも火星で大活躍した後画面が真っ白になる。それが現実ではないという可能性を示している」

神保「興行的にも成功?」

町山「大成功。アメリカでも。マトリックスもそうだが、今生きている世界が現実ではないかもしれないという考えが無意識的に共有されているのかもしれない」

宮台「うちの子供に聞かれる。『なぜ世の中には悪人がいるの?神は全能なのに世界になぜ悪や不条理があるの?』ダークナイトは逆。なぜ世の中にあるはずのない善なるものがあるの?と解いかけたのがジョーカー。その意味論に押しつぶされていくのがバットマン。悪の方が合理的で自然なのではないか?なのになぜ善でいようとするのだろうノーランはある種の直感を構造化する天才だと思った」

神保「日本ではヒットしなかった」

町山「日本に善悪論がないからかな」

宮台「ゾロアスター教は善悪があり、どちらが勝つかは分からない。キリスト教はそれを否定し、悪は神の計画であるという考え」

町山「ドストエフスキーなんですよね。ジョーカーがデントに『裏切り者を殺したいだろ』と問うシーンは『カラマーゾフの兄弟』」

宮台「新幹線のシーンもポスプロの加工で模型が走っているようにしか見えない」

町山「トゥモローワールドなどドキュメンタリーチックに撮られたものでも手持ちのブレなどプログラムで作れてしまう。もはやドキュメンタリーですら本物の映像分からなくなってきている」

神保「カメラマンは揺れずに撮ったのに。それは怖いね」

宮台「インセプションのような構造のシナリオをかける人は日本にいない」

町山「押井守のビューティフルドリーマーに近い。あれは画期的だった。あの時代に長編映画であれをやったのはない」

神保「今回はインセプションの一番悪い見方をしてしまった。ドキュメンタリーの後に見たのが悪かったのかも知れない」

宮台「ポニョの後に見れば良かった」



[ 2010/08/03 21:55 ] 映画 | TB(1) | CM(0)














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。