スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画「インセプション」評 町山智浩×宮台真司×神保哲生

ビデオニュースドットコムより映画「インセプション」評 町山智浩×宮台真司×神保哲生


まずは町山さんから軽くストーリーについての説明。

町山「産業スパイのコブ(ディカプリオ)が情報を盗み出すために夢を設計し、対象と自分が同じ夢を見る。夢の中で情報を盗み出す。
サイトー(渡辺謙)はコブにある大企業の跡継ぎにその企業を潰させるような記憶をインセプション(植え付け)させる」


神保「おもしろい話だと思うが、そもそも夢の共有いうのがバカバカしい。脳を繋げるのならそのまま情報を抜き出しちゃえばいい」

宮台「最近の宮崎駿を見れば分かるけど、荒唐無稽さに充ち満ちている。
ディカプリオのチームは三層の夢を構築する。一層はワンボックスカーの落ちるスロー。あの無重力状態が第二層に影響している。本当の夢もそうでしょ。第三層でインセプションに成功して第一層まで上がらなきゃいけないんだけど、渡辺謙は落ちてしまう。
冒頭とラストの渡辺謙が老人になっているシーン。あれが第四層、第五層。
渡辺謙を救出し、全員で上がって全て解決に見えるラストもそれ自体が夢である可能性を残している。ユングは『全ては体験に過ぎない』神秘的な体験も全ては体験であると。
マトリックスでも『覚めない夢なら夢でいい』というサイファという男が出てくる。
ディカプリオは全ての構造を知っているので、確信犯的にラストの家族に会いに行くという夢に留まっているのではないかと思った」

神保「もう一つは産業スパイの話だけど、

町山「現実として見ていた第一層の上の上の部分も夢ではないかという無限後退を見せることが目的。哲学にはあった。フィリップ・K・ディックの小説がそう。トータルリコールのラストも火星で大活躍した後画面が真っ白になる。それが現実ではないという可能性を示している」

神保「興行的にも成功?」

町山「大成功。アメリカでも。マトリックスもそうだが、今生きている世界が現実ではないかもしれないという考えが無意識的に共有されているのかもしれない」

宮台「うちの子供に聞かれる。『なぜ世の中には悪人がいるの?神は全能なのに世界になぜ悪や不条理があるの?』ダークナイトは逆。なぜ世の中にあるはずのない善なるものがあるの?と解いかけたのがジョーカー。その意味論に押しつぶされていくのがバットマン。悪の方が合理的で自然なのではないか?なのになぜ善でいようとするのだろうノーランはある種の直感を構造化する天才だと思った」

神保「日本ではヒットしなかった」

町山「日本に善悪論がないからかな」

宮台「ゾロアスター教は善悪があり、どちらが勝つかは分からない。キリスト教はそれを否定し、悪は神の計画であるという考え」

町山「ドストエフスキーなんですよね。ジョーカーがデントに『裏切り者を殺したいだろ』と問うシーンは『カラマーゾフの兄弟』」

宮台「新幹線のシーンもポスプロの加工で模型が走っているようにしか見えない」

町山「トゥモローワールドなどドキュメンタリーチックに撮られたものでも手持ちのブレなどプログラムで作れてしまう。もはやドキュメンタリーですら本物の映像分からなくなってきている」

神保「カメラマンは揺れずに撮ったのに。それは怖いね」

宮台「インセプションのような構造のシナリオをかける人は日本にいない」

町山「押井守のビューティフルドリーマーに近い。あれは画期的だった。あの時代に長編映画であれをやったのはない」

神保「今回はインセプションの一番悪い見方をしてしまった。ドキュメンタリーの後に見たのが悪かったのかも知れない」

宮台「ポニョの後に見れば良かった」



スポンサーサイト
[ 2010/08/03 21:55 ] 映画 | TB(1) | CM(0)














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。