スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バンドマン的iPhoneの使い方講座

うちのバンドメンバーもようやくiPhoneを導入し始めたので僕なりのバンドマン的iPhoneの使い方のまとめ。
特にミュージシャンには元々Appleファンが多く、僕の好きなバンドサカナクションもiPhoneのボイスメモ機能に作曲のデモを保存しているとサウンド&レコーディング マガジンの記事にあった。。

まずは曲の構想が浮かんだ時にとっさにボイスメモで録音。
標準のボイスメモはiTunesと連動していて勝手にPCと同期してくれるので中々使える。

音楽アプリも一杯あるが、オススメは「FourTrack
その名の通り4トラックのマルチトラックレコーダーアプリ。
内蔵のメトロノームにはいくつかのドラムパターンも入っていてデモを作るのに便利だ。
テンポとドラムパターンを決めて、後は思いついたメロディを録音、必要であればコーラスやギターなどを重ねる。

最近はアコギを使って弾き語りでEvernoteのボイスメモでクラウドに保存してしまう事も多い。


出来たデモをリハーサルスタジオに持ち込みiPhoneをミキサーに繋いでモニターに出してメンバーに聴いて貰い、曲を固めていく。
ミキサーに繋ぐケーブルなどは貸してくれるスタジオも多い。

曲が固まってきたら忘れないように録音だ。これも前はMDなどを使っていたが、iPhoneで済ませられる。標準のボイスメモでも録れるが、ドラムなど大音量だと音が割れてしまいがち。
Logitec LIC-IREC03Pのライン入力で録音すると中々の音質で録れる。

ちなみにこちらがうちのバンドがリハスタで録ったデモ音源。スタジオ常設の天井吊りのマイク(SM57)とミキサーからライン入力して標準のボイスレコーダーで録音しています。簡単なトリミングも出来、メールでそのまま送れるのでメンバーと共有しやすいです。(形式はm4aなので多少扱い難いが)
歌詞はまだ適当で1コーラス目までなので悪しからず。


またUSTREAM配信なんかもiPhoneなら手軽な機材で出来る。バンドマンは楽器などの荷物が多いので配信用のPCやWebカメラまで持ち運ぶ余裕はないのだ。
回線は無線LANが望ましいのでWi-Fiが開放されているスタジオがオススメ。よく使うリンキーディンクスタジオは全店でWi-Fiが開放されているのだが、スタジオは分厚い扉で仕切られているので場所によってはWi-Fiが届かないので注意。

やはり音量が大きいと割れてしまうので、ここでもLogitec LIC-IREC03Pのライン入力がオススメ。
「USTREAM Broadcaster」というアプリで配信できる。

Logitec LIC-IREC03PはiPhone4に対応してないので注意。警告が出つつ無理やり使えるけど。





スポンサーサイト
[ 2010/10/25 17:57 ] iPhone | TB(0) | CM(0)














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。