スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2006/8/5 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006 第2日目

さて、いよいよ大本命の二日目である。この日のためにやってきたと言っても過言ではない。

ASUPARAGUS
-2.BY MY SIDE
-1.PLAYER
1.KNOCK ME OUT
2.JUST GO ON
3.BEGINNING
4.No
5.新曲
6.FAR AWAY
7.Yes
8.APPROACH ME
9.FALLIN' DOWN
テントの森でアスパラに備えていたらギターの音が…、明らかにしのっぴの音。早速Tシャツを買いに行ってたグッティーを呼び寄せる。
…と、なんとリハから曲やりやがった!うわー。最前列で聴いてしまった。うわーい!
本番となると人が相当集まってきていた。早速1曲目のKNOCK ME OUTから完全にノックアウトされてしまった。
その後も疾走し続ける。テンポアップするところではより早く、テンポダウンするところではよりスローに、3人の息はぴったりでグルーヴを持続する。
新曲はアコギな感じで。変拍子な感じで。音源も楽しみ。
MCは「今日はかなりUV出てるから」「UV舐めてると30代から、しみ、そばかす出るよ。そんなときにはドモホルンリンクルをよろしく」とUVネタ押しで。どこの回し者だよ、とw
そしてYes。これが聴きたかったんだよ!ピックスクラッチやったっけか?ギターソロやべぇ!どーやって弾いてるんだ?とか思ってたんだが、なんのことはない普通に弾いてやがった!
んで、ラストはFALLIN' DOWNイエー!!前奏から一気に観客のボルテージが上がる(ってかおれが上げたw)。
皆飛びまくり、ってかダイブ禁止なのにガンガンダイブしてたなみんな。一番ダイブ多かったんじゃないか?あんなに小さい会場なのに。終わって帰ろうとしたら人多すぎてやばかったな。会場ミスだ。レイクステージでやるべきだったな。しかし、レイクステージだと遠くなっちまうのでここがなんとも言えないところ。
FORVER AND EVERが聴けなかったのが唯一の心残りか。しかし、死んだ。体力的にマジ死んだ。「もう帰ろうか」とまで言ったw
アスパラだけでこんなに書いてしまったぞ。書き切れるのか?w

lostageは体力的に見れず…。

MASTER LOW
01.STEREO SPEAKER
02.SWEAR
03.MAKIN' MAGIC
04.LITTLE GIANT
05.NEVER SHIT UP
06.RULES
07.F.A.Y.
08.SO EASY
09.YOUR COLOR
10.CHANCES
「MASTER LOWって本当にLOW IQ 01のことなの?」って言うグッティーの質問を軽くあしらいながら重い身体を引きずって会場のレイクステージへ。最初の方はあまり声が出てなかったけどだんだん調子出てきたみたい。ってかジャケット暑そうだなw
うーん音響が良くない。メインステージと比べてはいかんがそれにしてもなあ。でもパフォーマンスは素晴らしく楽しめました。本当の多彩な音楽。

bloodthirsty butchers
力尽きテントの森でひさ子のギターを聴くのみ…

the band apart
1.led
2.coral reef
3.the noise
4.<<新曲>>
5.my world
6.higher
7.<<新曲>>
8.Eric.W
本日のメインイベントもう一発目。
少しリハや準備に時間がかかる。メンバー登場後レイクステージ左側から前方へ。曲全部知ってるぜ。乗るぜ。川崎さんギターやばい首縦振り、原さんベースやばい首横振り、しかも笑顔。ドラム裏やばいな。
ググッとくる。レイクステージやっぱ音響改善してくれ、だめだよこれじゃ。グラスステージと違いすぎる。
新し目の曲をこなし新曲へ。バンアパらしいサウンド。実に音源が楽しみだ。途中少し機材トラブル気味。すかさず腹さん…もとい原さんトーク。原さんは普段外に出ないで引きこもっているそうだ、だから非常に今日は暑いんだそうだ…的なトーク。
higherで跳ぶ!飛ぶ!トぶ!
いつも徒歩る時に聴くんだが次からは跳んでしまいそうだw
そして「Eric.W」かなり前の方に居たんだがここまでのノリには不満があった。皆弱ぇーぞ!「オイオイ」とか言わなくていーからさー(まあどうしても言いたい人は言ってももイーけどさ)。
ってことをグッティーも感じたのか彼も跳んできたw
一気に前へ向かう波が起こる。最後は皆一体となったね。このころには首も背中もピキピキきてたんだが忘れて跳んだね。

CORNER
アコギを抱えて座りまったりムード、皆座って聴いてたんで、バンアパの疲れを癒しながら聴く。
やはり良い声、擦れそうで擦れない、それでいて力強い。ELLEGARDEN切って正解だね(ってかどのみち体力なくてグラスステージまで辿り着かないが)。

BOOM BOOM SATELLITES
1:KICK IT OUT
2:GENERATOR
3:Moment I Count
4:Dive For You
5:Pill
6:GHOST & SHELL
ベースが打ち込みを操りつつ。なかなか変わったバンドスタイルでした。
Dive For Youを聴きに来たわけです、はい。もう体力ないですからほぼ座りで、Dive For Youだけノリました。

WRONG SCALE
1.Tiny
2.trace to grief
3.G.F.S.
4.Things as they are -Date 3.12-
5.cheating others
6.frames laid out
7.p.s moved out
民生聴くため前半15分のみ。なかなか良かった。ってかおれCD持ってるんだよな。

奥田民生
1.愛のために
2.野ばら
3.荒野を行く
4.渚にまつわるエトセトラ
5.MANY
6.The STANDARD
7.雪が降る町
8.CUSTOM
9.働く男
10.さすらい
11.イージュー★ライダー
ひとり股旅スタイルで。タオル巻きはなし。グラサン有り。アサヒスーパードライ片手に弾き語り。
うーん、いい!おなじみのナンバーからパフィーのカバーユニコーン時代の曲まで…。豪華だ。まだ時間ありそうだったのに早く終わってしまったな。今度はバンドスタイルで見たい!

スピッツ
1.俺のすべて
2.青い車
3.みそか
4.魔法のコトバ
5.正夢
6.チェリー
7.恋のうた
8.8823
9.メモリーズ・カスタム
10.スターゲイザー
ケータイを簡易トイレに落とし放心状態で。
「青い車」は良かった「チェリー」はもちろん。ああ中学、高校時代を思い出す。これもロックインジャパンの良さ。
マサムネ若ぇ。デビュー当時と変わらない。マジかよ。ドラゴンボール集め切って不老不死になったに違いない。
透き通るような声も健在。
しかし、バンド自体の実力もあるんだろうけど本当グラスステージは音響が良い。

Cocco
1.強く儚い者たち
2.音速パンチ
3.Swinging Night
4樹海の糸
5.Raining
6.陽の照りながら雨の降る
7.ガーネット
8.愛うらら
9.カウントダウン
10.焼け野が原
11.Happy Ending
12.流星群
Singer Songerに期待しつつHAWAIIAN6ではなく敢えてCocco。
Singer Songerこそ来なかったが、良かった。
演奏はもちろん、歌が最高。こんなにしっかり出るのか。プロってすげー!溢れる音楽にちょっと現実からどっか行きながら観賞。
やはりアンコールはなかったがボリューム十分のステージであった。

濃すぎる二日目。そら一日券取れないわな。ORANGE RANGEは案の定カスッカスだったらしいですw CDですら音外れてる様にしか聞こえないもんなあの雑音軍団。
ACIDMANとELLEGARDENを敢えて切ったのが良かったな。まあ前見たことあったし。
グッティーによるとYOUR SONG IS GOODがGoodだったらしい。ビークル乱入ありーので。あとOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDも見たかった。うーん全部は見れないもどかしさ。
この後茨城の友人達と朝2時半まで飲みに行ってしまったよ。どうなっちゃうの?…続く。

[ 2008/07/31 04:03 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uol.blog94.fc2.com/tb.php/11-1c2103bf
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。