スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オリンピック日本代表監督 星野仙一 NEWS ZERO

ソフトボールが日本を沸かせる中、4位に甘んじた星野ジャパン。しかも韓国、アメリカに2敗ずつ、キューバにも負け、4勝5敗と言う成績。岩瀬、GG佐藤、村田、森野と選手の不調があったのもそうだが、何と言ってもその選手を選び、采配した、星野監督は何を考えていたのか非常に気になっていた。そんな中、レギュラー出演しているNEWS ZEROにて注目の発言があった。
終始、「監督の私がこんなこと言っちゃあいけないんだけど…」とか「言い訳になるから言っちゃあいけないんだけど…」と言いながら延々言い訳してるんだけど、その内容がひどい。大体以下の様な内容。

Q. 反省点は?
A.合宿地が東京だったこと。都内だと選手も知り合いが多いので、チームの親睦が深められなかった。

Q.ベンチで座っていた理由は?
A.たまたま座っていると無失点だったので縁起を担いで座っていた。

Q.ストライクゾーンについて
A.日本のピッチャーはコーナーを攻めるタイプなので、ストライクゾーンが異なるのは日本に不利だった。

Q.他の敗因は?
A. 国際試合の経験不足。日本の選手はきれいな球場になれており、設備の整ってない場所に慣れていない。

Q.準決勝での韓国戦での岩瀬投手の起用について
A.それが私のやり方。調子の悪い岩瀬を使ったのはチャンスを与えるため。1,2度失敗しても挽回のチャンスを与える。

Q.リーグ戦では良いかもしれないが、短期決戦ではその方法は向いていないのでは?
A.岩瀬に代わるピッチャー(左の中継ぎ)がいなかった

Q.世界との差を感じたか?
A.世界との差はない選手のピークを試合にもってこれなかった

Q.コーチ陣が仲良しグループと批判を受けていることについて
A.予選を通ったときは何も言われなかった。仲良しグループでも意見を言い合う仲だ。

Q.WBCの監督要請については?
A.まだ帰ってきたばかりでまだ何とも言えない。

Q.ファンの皆さんへ一言
A.ZEROのファンの皆様へ。バッシングを受けているが、そうゆうことが起こると夢が持てない、言えないことになると思う。今後もチャレンジしていきます。勝負していきます。夢を持たなきゃいけない。私の人生長いのでまだまだ行きます。


これでは勝てるはずもないわけだ。これを聞いて全ての敗因は星野監督にあることを確信した。さらに新井、川崎の故障も発覚、こんな人にWBCの監督が務まるはずがないと思うのだが、本人はどうやらやる気がありそうだ。最近はマスコミも応援しそうな勢い。どうなってるんだ?と思う。プロ野球もこんなことばっかりしてると視聴率は下がる一方だと思うのだが。

[ 2008/08/28 20:04 ] オリンピック | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uol.blog94.fc2.com/tb.php/22-70e61a93
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。