スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

8/1 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008

ゲート
心配された雨や、殺人予告の影響か急に決まった手荷物検査による混乱は見られずホッと一息。会場には警官の姿も多数。ママチャリで移動する警官の姿は貴重w

初日はあまり迷わず
GOOD 4 NOTHING→サンボマスター→木村カエラ→the band apart→YUI→スピッツ→BUMP OF CHICKEN→ストレイテナー
という流れに決定。

いつもの様にフォレスト付近に陣を張り乾杯。の後、グッフォーでフェス開始。飛ばしてるねー。

GOOD 4 NOTHING
01.It's My Paradise
02.Turning
03.WE CAN GO EVERYWHERE
04.Maximize
05.J.C.
06.Stick With Yourself
07.Get A "FORTY"
08.In The Mosh Pit
09.Cause You're Alive


RYUKYUDISKOもチラ見。正直レイクでDJやられてもちょっと…w


グラスステージに移動してサンボは後半。久しぶりに観たら、愛用のギターが黒のレスポールに変わってた。
ラストは「そのぬくもりに用がある」
最後にはベースの近藤がセットの足場によじ登り出す。
また、終了後突然山口が一人で唄い出す。
その後やっと本当に終了。何かやらかさないと気が済まないんだなw


木村カエラ
01.STARs
02.リルラ リルハ
03.L.drunk
04.+1
05.Samantha 06.マスタッシュ(新曲)
07.BEAT
08.Yellow
09.TREE CLIMBERS
10.Circle
11.Magic Music

カエラのミニスカートが気になってしょうがないのだが、バックバンドに注目すると去年よりギターが一本減って、シノッピのみ。彼のバンドのASPARAGUSは今年はライジンサンへ出るため出演せず。 途中カエラもギターを持つ。去年より上達したね。でもギター一本じゃ物足りないな。
Yellow→TREE CLIMBERSの流れは最高。Circleでは恒例のタオル回し。
でもまあとにかくミニスカートが気になってしょうがなかったw


バンアパのグッズ売り場が空いてたので覗く。タオルセット4000円の文字。普通のバンドタオルとでっかいビーチタオルのセット。タオルケット替わりにもなるしいいかと思って買ったけど、既に持ってたタオルと併せてタオルだらけで行動する羽目にw


the band apart
01.Eric.W
02.I love you Wasted Junks & Greens
03.from resonance
04.coral reef
05.my world
06.shine on me
07.Malibu
08.SOMETIMES
09.beautiful vanity
10.Waiting

何と今年はメインステージに登場のバンアパ。何せライジングサンとのゴタゴタでタマが少ないんじゃーw
でもグラスの音響でバンアパは嬉しい。
下にケーブルを這わせている少し高くなった所で跳ねてました。
フェス用にかなり上げ目のセットリスト。「Eric.W」「I love you Wasted Junks & Greens」へ。「Malibu」は夏フェスに良く似合う。
ラスト「Waiting」はツアーファイナルでもやってたメンバーが1人ずつ捌けて行って、最後は1人残った原氏のベースソロから一人バスドラ&ベース。
木暮さん、荒井さんが帰ってきて3人で演奏終了。川崎さんは帰って来ずw


YUI
01.少年時代(井上陽水)
02.Laugh away
03.SUMMER SONG
04.good by days(弾き語り)
05.CHE.R.RY
06.No way
07.day dreamer
08.LIFE
09.LOVE IS ALL

陣地に戻って休憩。
YUIの声で少年時代が。サウンドオブフォレストは今年も満杯。
こういう時はサッカーと同じでサイド攻めが基本。左側から回り込んで結構近くから見られた。 去年はバンドの音に声が負けていたが、今年は改善。でもやっぱりYUIの声にはは弾き語りが合う。「good by days」は弾き語りで。
「CHE.R.RY」を聴くと恋したくなります。って歌詞そのまんまだけど。


スピッツ
01.バニーガール
02.渚
03.ロビンソン
04.群青
05.夢追い虫
06.La・La・La LOVESONG (久保田利伸カバー)
07.海とピンク
08.8823
09.メモリーズ・カスタム
10.僕のギター

再びグラスでスピッツ。左の巨大モニター近くでゆっくり観る。
去年はステージとモニターの動きのズレが気になったんだけど今年は多少改善。ボーカルのリップシンク位ならほぼ気にならないレベル。流石にドラムはズレが判るけどね。

スピッツを聴くと中学、高校あたりの青春時代を思い出します。
しかしマサムネは変わらないなー。声も見た目も。

そういやあのサウンドでレスポール2本だし、ベースは飛び跳ねまくってるし、ドラムはモーラー奏法とかいう難しい叩き方をするらしい。かなりバンドとしてもかなり個性的。流石日本のトップバンド。


BUMP OF CHICKEN
01.星の鳥
02.メーデー
03.才脳人応援歌
04.ハンマーソングと痛みの塔
05.花の名
06.ギルド
07.真っ赤な空を見ただろうか
08.天体観測
09.supernove

お次はバンプ。そういや会場麦わら帽子が多いですな。
「メーデー」「花の名」歌詞が染み渡ってくるね、日本語の曲は。


ストレイテナー
01.SIX DAY WANDER
02.The Novemberist
03.Discography
04.BIRTHDAY
05.PLAY THE STAR GUITAR
06.FREE
07.BERSERKER TUNE
08.KILLER TUNE
09.AGAINST THE WALL
10.MARCH
11.ETERNAL
12.Melodic Storm
13.TRAIN
14.TRAVELING GARGOYLE
15.ROCKSTEADY
16.YES,SIR

グラスステージ

辺りは暗くなり、遂に一日目のトリ、ストレイテナー。
グラスステージのトリってのには本人達も驚いていたみたいで「史上最も売れてないグラスのトリでしょう」って言ってたw
「SIX DAY WANDER」は好きな曲です。ハイトーンヴォイスが夜空に響き渡る。

途中ドラムのキックペダルが壊れるトラブル。結構よくやるらしいです。
どんだけ強く蹴ってんだw
時間を繋ぐ為、初めてのメンバー紹介をしようかという話になるが、「もう直ったよ」ってことで次の曲へ。
しかし、その後リクエストに応えてメンバー紹介をする。

ストレイテナーは2人の時のイメージが強いんだけど、ベースも色々エフェクト使ったりして面白い試みをしてる。
アンコールの後花火で終了。

[ 2008/08/05 13:49 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uol.blog94.fc2.com/tb.php/3-86eb4cfe
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。