スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

8/2 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008

2日目会場に入ると、眼下に見えるレイクステージは満杯。まだ9時台でスタートまで1時間はあるのに。入れるのか?

ともかく1日目と同じようにフォレスト近くに陣を張り、ビールで乾杯。去年、一昨年のフォレスト一発目はASPARAGUS。リハから前線に食らい付いて楽しかったな。しかし、今年はEZOに行ってしまわれた…。こうなりゃ替わりはPerfume。
何?「ロックフェスでアイドル観てどうする?」「どうせ口パクだろ?」
いやいや、テクノポップと称されているがむしろダンスロック的なナンバーとあのベースライン。あと、のっちかわいいし。
DAFT PUNKを思わせるサウンドとエフェクトをかけた女声、そしてあの3人という形を生かした振り付けの融合。あと、のっちかわいいし。
まあとにかくもう始まるから行くぞ。

開演時間が近付き、レイクステージに向かうと外まで人集りが出来ていて入場規制がかかり始めている。左サイドから回り込んで何とか入る。

Image096_convert_20080807224300.jpg


朝礼の後、Perfume登場。

Perfume
01.シークレットシークレット
02.チョコレイト・ディスコ
03.Love The World
04.マカロニ
05.Electro World
06.ポリリズム

最も好きな「シークレットシークレット」からスタート。ベースが食って入ってくるとこが好き。一気に前線へ向かう。
普段のライブがどんなもんか知らないけど、踊り跳ねる。「チョコレイト・ディスコ」に続き 「Love The World」と飛ばすナンバーが続く。「Love The World」はTVでのオンエアー等を含めフルバージョンの披露は初とのこと。

MCはほとんどあーちゃん。「衣装と後ろのセットの色がたまたま似ていて、同化しちゃうね」と、広島弁で上手いのか下手なのかよく分からないMCをしていました。途中でMCを中断して、3人で同時に休憩して水を飲む。誰かしゃべっている間にってことはしないw

マカロニで少し会場が落ち着き、「Electro World」で再びヒートアップ。
ラストは流石にみんな知ってる「ポリリズム」で終了。

僕自身も去年のASPARAGUSに負けるとも劣らない飛ばしっぷりだったけど、次が迫ってる。頭から水を被ってWING TENTのUNCHAINへ。

UNCHAIN
01.You Over You
02.Let Me Be The One
03.Don't Need Your Love
04.Make it grow
05.Summer Groovin'
06.Precious

FACTORY、蓮沼に続いて3度目のUNCHAIN。ボーカルがピカイチ。他は前に出てこないけど、よくまとまっているバンド。と、ここで偶然にも前一緒にやっていたバンドのボーカルと再会。現在AVEXで働いているんだが、UNCHAINはAVEX所属とのこと。AVEX最近バンド系増やしてきてる。

終わった頃にはレイクでdustboxが開始。レイクとウイングの往復には全く休む間がない。

dustbox
01.Sun which never sets
02.Resistance
03.Not over
04.Try My Luck
05.Daisy
06.Bitter Sweet
07.Shine Bright
08.Right now
09.Next Story
10.Tomorrow

ここで突っ込むと後々体力が持たないので遠目に眺め、いったん休憩。まあ連れはぶっ込んで行きましたけど。去年のWING TENTは酷かったな。超満員もんだから抜け出すにはダイブするしかないっていう。

BIGMAMA
01.CPX
02.look at me
03.we have no doubt
04.CHAIN
05.Neverland
06.シンデレラ
07.the cookie crumbles

再びWINGTENT。初見。
ギターボーカル、ギター、ベース、ドラムにストリングスを含む。
速く、エムーショナル。
ギターとストリングスのハーモニーが美しい。

いや、本当に休む暇ないんですけど。再びレイクでSOIL&"PIMP"SESSIONS。

SOIL&"PIMP"SESSIONS
1.Suffocation
2.閃く刃
3.SAHARA
4.Fantastic Planet
5.ミンガスファンクラブ
6.SUMMER GODDESS
7.THE SLAUGHTER SUITE〜SATSURIKUニューウェイヴ

どう考えてもフォレスト向き。まあ例によって今年はタマがないせいかw
客も半分程度の入り。もう少し入ってもいいと思うけど。
社長の煽りに乗りつつ踊る。ほとんどノンストップで曲も長い。日中にこれはきついわw
一昨年のフォレスト良かったなー。

と、やっとここでちゃんと休める。
ビールを追加し、ゆったり座ってフォレストのMARS EURYTHMICSへ。

MARS EURYTHMICS
01.GT Bolero
02.BLIND PROBLEM
03.I swear with all my soul(新)
04.それを(新)
05.オーバーレイアース(新)
06.カカオ82%
07.価値ある形
08.砂上の楼閣

相変わらず、エライいい声だな。しかし、フォレストガラガラ過ぎるわ。ちょっと可哀想なくらい。寝てる人多数で、前の方の柵の近くでも寝てるw
CORNERより激しいサウンドだけど、Husking Beeの良さにはまだまだ。何かレスポール2本もマッチしてない感じ。
それにしてもエライいい声。

ここで当初はグラスステージのACIDMANを予定していたけど、車の中で聴いたTOTALFATとPUFFYに惹かれて急遽変更。

TOTALFAT
01.DA NA NA
02.Balance
03.Starting New Life
04.Lonsome Young,worst night?
05.Hello&Goodnight
06.Time To Wake Up
07.Show Me Your Courage

WINGTENTに着くと大盛り上がり。右側ではサークルモッシュがずっと続いている。
久しぶりに観た彼らは凄くパワーアップしてた。
まあとにかくものは試しと言うことで混ざってきました。
キッズパワー恐るべし。

そのままレイクへ。即PUFFYがスタート。

PUFFY
01.Basket Case
02.渚にまつわるエトセトラ
03.Hi Hi
04.boom boom beat
05.これが私の生きる道
06.マイストーリー
07.ブギウギ No.5
08.Tokyo I'm On My Way
09.アジアの純真

過去の曲と今の曲を織り交ぜた構成。
「boom boom beat」から前線へ。こういった最近のパンキッシュな感じが好きなのだが、前の方ちょっとノリ悪い。フェスだぞ!ってことで飛び跳ねる!「ブギウギ No.5」で踊る!
アジアで締め。

asphalt frustration
01.SUNRISE
02.save my truth
03.art is long
04.beautiful
05.we have time
06.miri
07.sunny day
08.lemon
09.like snow

今年はフォレストのアスフラ。
客入りはイマイチだけどその分広いスペースで踊る。
友人にも発見され、前のバンドのボーカルとも再会し、勢揃い。彼によるとこれもAVEXとのこと。
ってか腕には関係者用のリストバンド。「Perfumeも近くにいた」んだと。ああ、何かうらやましい。

アスフラに話を戻すと、何かアフロ小さくなってるじゃないかw
個人的には「SUNRISE」は炭酸系の清涼飲料水のCMソングのイメージだ。
スプライトあたりどうですか?曲に合わせて泡がシュワーって出てきてCMの最後にアフロがワイプで「カロリーゼロ」って叫ぶ。っての

grass2


RIP SLYME
01.熱帯夜
03.supasonic
04.JOINT
05.HOTTER THAN JULY
06.太陽とビキニ
07.黄昏サラウンド
08.GALAXY
09.One
10.STEPPER'S DELIGHT
11.楽園ベイベー

ここから2日目初めてのグラスステージへ移動。後ろの方で皆で踊る。
ってかホルモンファンがスプリンクラーの周りでグルグル回ってるんだがあれは何だ?
いつの間にかスプリンクラー撤去されて居なくなってるしw
「JOINT」でタオル回し。oneでひとつになる。
よく分からないけど、「今年でラスト」と言うMCの後、デビュー曲「STEPPER'S DELIGHT」
さらに「楽園ベイベー」でラストを飾った。

本日最後はグラスステージの漆黒の中、BRAHMAN。

BRAHMAN
01.FOR ONE'S LIFE
02.Speculation
03.Epigram
04.GOIN' DOWN
05.THE VOID
06.BASIS
07.CHERRIES WERE MADE FOR EATING
08.Causation
09.A WHITE DEEP MORNING
10.Stand aloof
11.SEE OFF
12.DEEP
13.BEYOND THE MOUNTAIN
14.NEW SENTIMENT
15.逆光
16.FAR FROM
17.The only way
EN
01.ANSWER FOR…
02.Placebo
03.ARRIVAL TIME

人の入りはあまり良くない。さらに始まると同時に人が一気に前線へ行き圧縮される。
MCなしノンストップで進む。凄い人の波。掛け声。何度ダイブが起こっただろうか。自分もダイブする。スタッフに「大丈夫か?」と確認された後、再び中央へ。
アンコールではTOSHI-LOWが客席にダイブ。客の上で熱唱。地元茨城で観客の上で歌うTOSHI-LOWの姿は現在オフィシャルサイトでも見ることが出来る。http://www.tc-tc.com/


むちゃくちゃハードスケジュールだった2日目。しかし、野外の空気かアルコールの力かまだ走りきることが出来た。

[ 2008/08/06 22:45 ] ROCK IN JAPAN FESTIVAL | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uol.blog94.fc2.com/tb.php/4-b7935203
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。