スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

孫正義 vs 佐々木俊尚 徹底討論 「光の道は必要か?」 第3部後半 電子カルテ

ここからもう一つの利活用「電子医療」についての議論へ。

孫「電子医療で複数の病院で何回もレントゲンを撮ることがなくなる。遠隔診療もすべてのデータ(MRI等のデータもすべて)を見ながら行える」
孫「電子カルテはすべての医者、看護士、医療事務300万人に無料で提供で600億。重複した検査など3割減る」


佐々木「日本の電子カルテは規格がバラバラ。この統一化は重要。アメリカではマイクロソフトやグーグルが。これを持ち込むのもアリ?」
孫「もちろんアリ。日本は規格を作るのが下手。ジョブズのような強烈なリーダーシップと思い込みが必要」


孫「個人を特定できない範囲の医療データを製薬会社に提供。製薬会社はそれによって開発費を下げ、データベースの使用料を払うのでここでも国費はかからない。田舎の医者も都会の医者と同じ医療情報を得られる」

佐々木「光の道から電子カルテなどに絡む既得権益のしがらみを突破するのは得策ではないのでは?孫さんが言うと利益を上げるためだと言われる」
佐々木「電子カルテ、クラウド医療に関して言えばFTTHは必要ないのでは?そこは光の道と切り離さなければ誤解される」

佐々木さんは孫さんのビジョンに反対しているのではなく、どう各種の批判や抵抗を突破するのかを見たいのではないか?という風に感じられてきた。


孫「重病を患ったときに良い医師・専門医にいかに出会えるか?遠隔医療で専門性の高い医師の診断を受けられないか?DNA情報などで予防医療をし、医療費も3割は下げられるはず」
孫「予測では医療費がこれから47兆円に、これをクラウド化で3割下げる。600億円程度の電子カルテ配布は小さなコストでは?」

高齢化によって医療費は大幅な増加が予想されている。これに増税や窓口負担を増やして対応していくよりは、電子医療によるコストカットの方が良いし、現実的でもある。


また、カルテは書いた医者の著作物であると言ったような医者の言い分にもこう痛烈に批判。

孫「医療費のほとんどは国費。カルテなどの医療データも提供せよ」
佐々木「amazonの購入履歴、googleの検索履歴も本来はそれぞれ個人のものであるはず。この議論が欠けていた」 孫「だからこそ情報アクセス権も国民のものである」


佐々木「デバイスを使いこなせない人はどうするかという議論でストップしてしまう」
孫「低いほうに合わせては進化は進まない。電子カルテ導入しなくては保険の点数こないようにすれば学ぶはず」

医者は理系だから、50代くらい知り合いの医者もiPhoneやiPadなど新しいものを使いこなす人が多いように感じる。


孫「国費に頼ろうという卑しい考えはやめよ。そうやってできたものは使えないものばかり」
佐々木「全面同意。国産にこだわって使えないシステムを導入することはもうやめよ」
佐々木「海外にまで解放すると日本の産業が廃れるという考えは間違え。それをすると日本のものも受け入れられない、iモードの失敗もそこ」

日本にGoogleの様なIT企業が生まれない理由はそういうところにあるのかもしれない。


ここからは、休憩後から飲んでいたワインが回ってきたのか、非常に熱い口調になりもはや孫さんの独壇場となる。

孫「光の道に国費が1円でも必要になるなら国賊と呼ばれてもいい、頭を剃ることも厭わない」
孫「族議員こそが国賊だ!うちは100年間天下りを受け入れないと宣言している」

NTTやKDDIのように天下りを受け入れているライバル企業を痛烈に批判。


孫「政治家との議論の場がNTTなどの圧力で潰されたという話も聞く。いつでもどこでも議論は受ける」
孫「時間制限のない、編集のない、言葉を選ぶ必要のない場で議論できることが大事。この場がそうだ」


そして、最後に質問に答える。
質問:孫さんは政治家にはならないのか?

孫「なりたいものが4つあった。教師、画家、政治家、事業家。僕は事業家としてやれることやるということを決めた」


そらの「USTREAMの筆頭株主として何がやりたいか?」
孫「デジタル情報革命。人々に豊かさ、楽しさ、生産性、知能を与えたい。twitterも義務感でやっているわけではない。議論が楽しいから」

孫「佐々木さんの出演した激震マスメディアも見た。NHKのコンテンツを開放すべきというツイートをした。だから語り合いたいと思った」

孫「今後生きていくだけの収入はもうある。だけどやりたいことがある。USTの筆頭株主だが、ニコ動もウエルカムだ。NTTを悪く言うこともあるが、同士だと思っている」


ニコ動からの質問:iPadをSIMロックするのは今日の議論から言うとどうか?

孫「批判は知っている。僕はまだ既得権益と戦っている途中、iPadはその武器。竜馬も幕府と戦っている間は武器を幕府に渡せないでしょ?」

孫「docomoやauだけが800MHz帯を持っていることが既得権益。アップルを同士として、iPhoneを世界一売ってきた。AppleがSIM開放を選ぶなら仕方ないが、理解されていると思う」
孫「あくまでもソフトバンクが独占という契約ではない」

これに対し、佐々木さんも意見を求められる。
佐々木「SIMフリーは望ましいが、ビジネスモデルとしてただフリーだからといって売れるわけではない」

孫「世界的に見て3G版の端末はSIMロックが8割売れている、メールと電話以上のサービスを受ける場合はそのほうが良いシステムといえる」


ここで、さらに佐々木さんがつっこむ。

佐々木「将来的にはSIMフリーが望ましいのでは?」
孫「その方向だ。周波数が取れればフリー端末を増やしていく予定」
佐々木「800MHz取れたらiPad開放?」
孫「それは…倒幕できているかどうか」

やはり、iPhone、iPadはdocomoやauに打ち勝つ武器で簡単には手放せないようだ。


質問:政府の作業チームについて
佐々木「有権者がチームに参加することも必要でそれもできつつある。twitterでの議論参加も原口さんが読んでいるかもという期待はある」

孫「twitterだけでは十分ではないが、ネット選挙開放の方向もある。ガラパゴス周波数も議論が起こり改善の方向にある。これは大事なこと」


そして、最後に改めてこうまとめた。

孫「光の道を国費を使わず実現する方法論を俎上に上げた。これを圧力などでつぶすことなく議論することに佐々木さんも同意してくれた」
佐々木「はい」

そして、二人は握手して終了した。



[ 2010/05/14 17:40 ] 光の道 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uol.blog94.fc2.com/tb.php/79-ca79feb7
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。