スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

向谷倶楽部公開レコーディング 機材等まとめ(暫定版)

2010/6/8 15:00から行われたレコーディングUSTREAM中継。

公式サイト
http://mukaiyaclub.com/

会場は横浜のランドマークスタジオ
http://www.lfa.ne.jp/~lm-st/index.html

各アーティスト機材について、ツイートの情報も参考にしながらまとめました。間違いもあるかもしれません。気付いた方は是非教えてください。新情報もお待ちしています。


斉藤英夫(ギター)
エレキギター ESPストラトモデル
EMG-85EMG-SA
Digidesign Eleven Rack
ギターはマーシャルのヘッド
クリップ・チューナー
BOSS GT-10でMIDIコントロール
マーシャルのスピーカーはアコースティックピアノのブースに
ESPのチャーモデルのヘッド

アコースティックギター Gibson J-45
マイク NEUMANN U-87


鳴瀬喜博(ベース)
5弦ベース
弦 TUNE
クリップ・チューナー


神保彰(ドラムス)
アコースティック中心なのでトリガーは使わず
ドラムのケースは合成樹脂製 イギリスのメーカーのもの
スネアはアルミ製、14インチ
このセットは全て神保モデル
ハイタムの中にトリガー
ヘッド、裏はクリアのアンバサダーらしい。表はコーテッド
クリップでフェルトを固定。倍音を抑える
ドラムセットの周りは吸音材で囲まれている
フェルトはピアノのダンパーの役割
マイクケーブルはスタンドにきれいに巻いてる
タムはクジラかな(MD-421)
セッティングってかなりシンバルが高い位置。音の被りも少なそう

@magaruusagiさんより追加情報!
1:13 1/4”K Custom Hybrid Hihats
2:9”K Custom Hybrid Splash
3:17”K Custom Hybrid Crash
4:11”K Custom Hybrid Splash
5:20”K Custom Hybrid Ride
6:15”Azuka Latin Multi-Crash
7:19”K Custom Hybrid Crash

Hybridはシンバルのカップ部分を残して、薄めに加工し、クラッシュ音もレガートもカップも全ての特性を出せるJIMBO開発のシンバルです。Chinaは今回は使用しなかったようです。

TOMTOM(AkiraJimbo 30周年記念モデル)
A.22”× 17” Bass Drum (トリガー内臓)
B.10”× 8” Tom Tom (トリガー内臓)
C.12”× 9” Tom Tom (トリガー内臓)
D.14”× 12” Tom Tom (トリガー内臓)
E.16”× 14” Tom Tom (トリガー内臓)
F.Jam Block LowPitch(左足) 実際には使わず
8" TOM TOMは今回は使用せず。

Stick Akira Jimbo Model(Vic Firth)



宮崎隆睦(サックス)
マイク3本
AKG THE TUBE
NEUMANN U-87


中西圭三(ボーカル)
NEUMANN U-47 TUBE

坂本美雨(コーラス)
AKG THE TUBE


JIRO
SERATO Scratch Live


MIX 佐藤宏章
今回はProtools9で完結全てプラグイン

Consol SSL 9000
SSL moving fader 4000G+ EQ=E.

モニタースピーカー KRK V8・Yamaha NS-10M・Sony製 MDIO ZS-M5

Kengsington社トラックボール

A=441kHz
録りの段階でコンプ等かけて音をある程度決めた


ストリングス・ドラムのパンは見た目そのままに近い。
audio-technica ATH-W1000

コンプ、EQなどはWAVES Renaissanceシリーズ中心

Waves MV2

WAVES APIは560のグライコを主に使用

マスタリング用のEQ Brainworx
SSL卓でWAVES SSL

Reverb one
コーラスをSTEREO IMAGEで広げてる
bomb factoryのコンプ

Line6 EchoFarm
アコギはルネサンスEQで自然な感じ

コーラスは確かにきつめにコンプかけるし、重ねてるからフェーダー処理はそこまで細かくなくていいのか。 サックスは吹く楽器だしソロだからボーカルくらい細かいフェーダー処理してる

ReVibe プレートリバーブでハイはやっぱり多少削るんだな

マスタリング
WAVES L2
Brainworx


マスターEQで1K辺りを若干下げ、16Kあたり少し持ち上げてるみたい
L2で3dB振れるくらい持ち上げると



これだけ読んでも分からない初心者はこちらの書籍がおすすめです。

ムック エンジニア直伝!エフェクトテクニック基礎講座 CD2枚付き!! (リットーミュージック・ムック―サウンド&レコーディング・マガジン)

リットーミュージック
売り上げランキング: 3056
おすすめ度の平均: 4.0
5 宅録入門者必読の書です
3 やはり読むだけではわからない
5 設定が分からない初心者にはうってつけ
4 設定例がわかりやすい
4 音を確認しながら


エンジニアが教えるミックス・テクニック99 (CD付き)
葛巻 善郎
リットーミュージック
売り上げランキング: 1632
おすすめ度の平均: 4.0
5 ズバリ良い本です
5 勉強にはなるが、準備が必要
5 わかりやすくすぐにやってみたくなる本
2 参考程度なら…
3 悪くはないんですが

[ 2010/06/09 02:19 ] 向谷実関連 | TB(0) | CM(1)

はじめまして

本当に最高の企画ですねこれ。
機材気になっていたのでいろいろ検索していてたどり着きました!
ありがとうございます!
またチェックしにきます!
[ 2010/06/10 17:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://uol.blog94.fc2.com/tb.php/89-a7156c06
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。