スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勝間和代×高橋洋一「ギリシャ危機と日本経済」

勝間和代と高橋 洋一(元財務官僚・経済学者)の対談がUSTREAM中継された。
テーマは「ギリシャ危機と日本経済」


 まずはギリシャがどういう国かそもそも知っているのか?という話。

高橋「ギリシャは人口1000万。面積は日本の3分の1。GDPは30兆、神奈川と同じくらいの規模」
高橋「国債の返却率は50%ほど。G7は5%位で悪化するのは戦争中くらい」
高橋「いい加減さがEUROに入って誤魔化された。五輪の影響も」
高橋「4人に1人が公務員。民間の給与の1.5倍」
高橋「特殊法人も多くて、社会主義国に近い。EUROに入れちゃダメだった」

 ギリシャの経済規模は神奈川県くらいとさほど大きくない。
 また、公務員だらけで資本主義というより社会主義に近い国と言える。


高橋「EUROからギリシャを離脱させることが一番簡単なやり方」
高橋「GDPの動きが明らかに他EUROと違うから最適通貨圏の理論から言うとEUROに入れてはいけない」

 マンデルの最適通貨圏の理論を引用して、ギリシャをEUROへ入れるべきではなかったという議論を展開。


 ここで、巷で言われている「日本もギリシャと同じように破綻するのでは?」という議論について。

勝間「同じように日本が破綻するという人がいるが」
高橋「財政当局はそうならないと知ってて言っている。むしろ他の意味がある」
高橋「銀行を見るときに債務残高だけでなく、資産とその有効利用も見る。国も同じ。バランスシートで見なければならない」

 日本は債務残高は大きいが、資産もそれだけ大きい。借金と資産を両方見なければ正確でない。先日の朝生では債務残高だけを強調して不安を煽り、増税しようとする財務省の思惑も指摘していた。


勝間「債務残高が増えているのが問題視されているが」
高橋「日本は会計システムが操作されていて世界基準と違う、特別会計に入れるため国債を多く発行していたりする」

 と日本の会計の特殊性を元財務官僚の視点から指摘。

 
 そもそも国家の破産の定義はなんだろうか?

高橋「数学的に言うと財務残高÷GDPが発散すると破産」
 
 いかにも東京大学数学科出身らしい説明。意外にも財務省には理系出身者は非常に稀。

勝間「過去最大の税収に対しても国債額が大きいから破綻すると言われるのは?」
高橋「プライマリーバランスが来年7%等改善していく方向であれば破綻はしない」
勝間「名目成長率が0ではいくら増税してもダメですよね」高橋「その通り」
高橋「名目成長率ゼロならどんなに増税してもダメ。穴のあいたバケツどころではなく、床が底抜けしてる感じ」
 
 いくら増税しても経済成長しなければ収支は改善しないという指摘。


勝間「ギリシャはどうか?」
高橋「ギリシャは年金がひどい。出生率は日本並み」
高橋「日本の年金は現役の3~4割程度(5割という数字は一番いいとこ取りの計算)は出生率に合っているといえるが、ギリシャは同じくらいの出生率で10割」

 出生率が低い分支給額が減るのが普通であるが、ギリシャがいかにでたらめか分かる。


高橋「ギリシャは女好きなのに出生率が低いのが大変な疑問(笑)」
確かに年間のSEX回数が世界一的な記事を見た記憶もあるのだが、出生率が日本並なのはかなり意外である。

高橋「年金の設計や税金の補足も本当にいい加減」

 そういえばオリンピックの時も工事が遅れまくって施設の完成が間に合うか?みたいなニュースもあった。国民性がかなりいい加減だということか。その割には避妊はしっかりしているのか(笑)

勝間「ギリシャをG7などと比べることがそもそも間違い」
高橋「ギリシャはEUROへ裏口入学したみたいなもの」
勝間「世界同時株安は反応し過ぎ?」
高橋「EUROが下がって本当にいい迷惑。ギリシャは休学(一時的にEUROを外す)させるべき」
勝間「いずれにせよ日本とギリシャは切り離して考えるべきですね」

 ギリシャは経済規模からも、そのいい加減さからみても日本とは全くレベルが違う。日本がギリシャみたいに破綻するのでは?という論調は間違いである。

 とはいえギリシャから学ぶことも多い。日本はどうすべきか?

高橋「年金は出生率をがんばって上げていく。公務員は減らしていく。今の郵政民営化は英語では政府所有企業としか言えない」

 と今の郵政政策は後退していっていることを指摘。公務員改革も必要か。

勝間「日本が破綻してもドイツは助けてくれないですもんね」


 日本の金融政策について。

勝間「ハイパーインフレを煽る人がいるが」
高橋「2~3%のインフレターゲットするのに20%位のインフレを心配するのはおかしい」

 インフレし過ぎたらその都度引き締めればいいだけで、2~3%のインフレターゲットは全く問題なく行えるという指 摘。


高橋「EUROなどに属さない日本は金融政策が使えるのが強み。私はギリシャ危機がそんなに大変だとは思わないが、本当に大変だと思うならしっかり金融政策すべき」


勝間「日本の国債の94%を日本人が買っていることは?」
高橋「それは日本人が外国が読めず日本語が好きだから」
 
 日本語しか話せない日本人は海外への投資に消極的ということか。


勝間「リーマンの時に格付け会社の問題が言われたが」
高橋「債権の発行を休債してるのに、格付けを下げてきたことがあった。存在しない債権を格下げするほどのド素人。格付け会社は私欲の塊。信じる方が悪い。」
勝間「マスコミも知識不足、誰かの言葉を借りて伝言ゲーム状態」

 知識不足な人物が各分野に存在する。その情報に惑わされないようしっかり自分で勉強して納得し投資などは行わなければならないことを指摘。

 ここで、配信は終了。ひろゆきとの対談とは違い、非常に分かり易くよい議論であった。

[ 2010/05/13 15:30 ] Ustream | TB(0) | CM(3)

激笑 裏マスメディア~テレビ・新聞の過去~

NHKの放送記念日特集 激震 マスメディア ~テレビ・新聞の未来~
<キャスター>
●藤沢秀敏解説委員長
●黒崎めぐみアナウンサー

<ゲスト>
●日本新聞協会会長   内山斉  
●日本民間放送連盟会長 広瀬道貞 
●ドワンゴ会長     川上量生 
●ITジャーナリスト  佐々木俊尚
●学習院大学教授    遠藤薫  
●NHK副会長     今井義典 

につっこみを入れようというコンセプトのUSTREAMダダ漏れ配信。


出演者は今回の生放送には津田大介、堀江貴文、上杉隆、小飼弾、切込隊長。
会場は映画「バベル」でも撮影に使われたという小飼氏の自宅マンション。

配信はUSTREAMダダ漏れ配信でお馴染みそらのさん。カメラは一台で、NHKの放送は画面だけ見て音声はイヤホンを付けて中継。

ダダ漏れらしく番組開始30分前からソファーと夜景だけが映った空舞台でスタート。雑談しながら缶ビール片手に出演者が段々並んで座っていく。

そして、NHKの番組がスタート。
内容としてはTVや新聞などのマスメディアがインターネット等の影響により広告収入が落ち込み、特にアメリカでは潰れるところまで出てきている。この状況をどう考えるか?といった感じ。
NHKも番組用のtwitterアカウントとハッシュタグを作り、そこからも意見を拾い上げるというアナウンス。

事前に2011年新聞・テレビ消滅
の著者である佐々木俊尚さんの出演していた博士の異常な鼎談



を見ていたのでわかりやすかった。

さらに大手新聞とTV局などの既存メディアにしか会見を解放しなかった記者クラブで、記者クラブ外にも解放している岡田外務大臣の会見を生配信しているニコニコ生放送の川上さん。ニコ生のユーザーはTVや新聞のニュースを見ず、コピペされた記事位しかチェックしないと指摘。

このあたりはおもしろかった。

津田さんの指摘にもあったが、ゲストのご老人方に「コピペ」が理解できたのか?

ご老人方としてはアンケートによるとネットは信頼性の低い訳の分からない情報ばかりなので新聞社の「プロ」の記者が選別しなければならない。ネットとの融合は新聞や番組を有料で配信したりボチボチやるよ。新聞の販売はアメリカに比べるとそんなに落ち込んでないし広告収入もきっとまたふえるから大丈夫だよと言った感じ。

佐々木さんはネットが全てアマチュアだというのは間違いで、プロや専門家の意見もあるのがネットだし、ネットがTVや新聞報道の間違いを正すことも近年増えている点を指摘。マスメディアというのはTV、新聞だけではなく今後はネットもマスメディアと呼べるのではないか?

ただ、この指摘にまともに噛み合った反論を出来る人はいない。TV・新聞側ももっと若手呼んでこいとw

NHK側はリアルタイムにtwitterを流すなどはしなかったが、最後に読み上げた意見は結構メディアに厳しいつっこみ

一方USTの方は第一部は津田さんも認めるように失敗と言える。CMのないNHKの放送なので討論に的確につっこむというよりは野次を飛ばすのがせいぜい。酔った勢いか「ババア」なんて言葉も飛び交い不快に感じた方も多数いた模様。

とはいえ、この配信がなければまず番組を見ていなかったという人も多そう。僕もその一人。


番組終了後津田さんの仕切り直しで第二部がスタート。悪口は抑えて番組の内容について討論開始。
以下は僕が気になったポイント。
・NHKの番組は結局結論が出なかった。
・アメリカの例ばかりでヨーロッパなどはどうなってるの?
・ジャーナリズムについては分けて考えるべき
・「障害者団体向け割引郵便制度悪用事件」の村木厚子さんもほりえもんも無実だと業界人は誰もが知っている
・佐々木俊尚さんはほりえもんの100億稼ぐ仕事術のゴーストライター(ほりえもん否定せず)

と、ここでUSTREAM完全停止。まあこの位Viewerが増えると1,2回止まるのはもはやUSTREAMの恒例行事か。

再開直後、飛び入りとしてNHKの方にも出演していたドワンゴ会長の川上量生氏が参加。USTREAM不調を聞きつけてニコ生部隊を連れてきて緊急にニコ生でも配信開始。このフットワークの軽さが素晴らしい。8000人程度でサーバー落ちるなんてあり得ないとの指摘も。

USTREAMにも有料版があるみたいだけど、どうなんでしょう?音質・画質、twitter連動はUSTREAM。コミュニティ・番組表の使い易さや安定性はニコ生といったところか。

と、ここで突然川上さんにAVEXの松浦さんから電話が。どうやら配信を見ていた模様。ここで切込隊長から「シャブ野郎」発言が。発言の真意は分からないが、現場の皆さんからは「ああ、友愛されちゃうぞ…」「ポアされちゃうぞ…」とやっちゃったって雰囲気。ここがおもしろさのピークかな。

他に気になったのは、主にほりえもんの素朴な疑問に津田さんと川上さんが答える形
・JASRACは見えない敵ではない。大きくは正しいが、細かいところで間違っている点が多い。
・むしろ音楽配信がiTunesの様に日本でうまくいかなかったのはSONYやレコードレーベルが悪い。
・とはいえ着うたはある意味では成功とも取れる

この辺は津田さんの著書 だれが「音楽」を殺すのか? がわかりやすかった。
とはいえ、今日のテーマとは違うし出演者も適切ではないのでこの辺で終了。

さらに、ほりえもんドワンゴはMXTV買っちゃえば話。
川上さんの答えとしては「ネット番組に人を集める方法は分かるが、TVは分からない」
ほりえもんはせいぜい数千から数万のネット配信より、1%で100万と言われる(MXTVでも10万くらいはあるだろう)TV放送の方がコスト的にも見合うと考えているのか。

川上さんのAmazon EC2のコストはニコニコ動画の2倍程度という話もおもしろかった。
いわゆるクラウドサービスなのだが、ほりえもんが「自分がライブドアにまだいたら一週間で同じようなサービスやってる」発言。
切込隊長の言うとおり、経営者に復帰した方が良さそう。


後半から上杉隆さんは存在消してるし、問題発言だらけの切込隊長は小飼さんといちゃついてるしとグダグダはあったものの津田さんが仕切り直してからの第二部については許容すべきなんじゃないかと思います。配信トラブルにも関わらずほぼ常に7000Viewerを保っていたし。

第一部を見直して、USTREAMの有料サービスを使うなど安定性を上げればダダ漏れとしてはほぼOKじゃないかと思います。

さて、本日のニコ生「堀江貴文×松沢呉一×津田大介 ネットの未来を語る」はどうなるか?もうしゃべることないんじゃないかって津田さんも言ってたけど。
[ 2010/03/23 18:12 ] Ustream | TB(0) | CM(0)

サカナクション & LITE & YMOのUSTREAM配信

USTREAMという動画配信サイトが最近熱い!
iPhone一台で動画を生配信できるのだ。
もう一つの特徴はtwitterとの連動。映像を見ている人がそれぞれコメントし実況していく。また、そのフォロワーに口コミの様に伝わり視聴者が増えていく。

特にこの間の土曜日は凄かった。

昼間に僕らのバンドmute voxが次のライブのリハーサルをスタジオで行っている模様をiPhoneで中継。これはまだ実験段階で、ようやく今回Wi-Fi回線が届くスタジオを発見できた。やはりiPhone本体のマイクでは音割れしてしまうので、次はミキサーからの音で配信したい。


その後twitterで告知されたLITEのシアトルでのライブの映像生配信。
iPhoneからでも見られるのだが、ちゃんと見たいので急いで帰宅。何とか間に合い海外での日本のインストバンドの活躍を見ることが出来た。

深夜にはサカナクションのニューアルバムの全曲試聴会の映像生配信。
17日に発売される「kikUUiki」の試聴会がリキッドルームのロビーにてメンバーとともに行われたのだが、その模様が配信された。
深夜1時過ぎにもかかわらず約3000人もの人が同時にこの模様を見た。何と言っても良かったのはアルバムを通して聴けたこと。そして、観客やメンバーの乗ってる様子に皆歓喜していた。

その裏ではYMOのコピーバンド(とはいっても機材といいライブといいコピーバンドの域ではないんだけど)のUSTREAM配信にご本人の坂本龍一と高橋幸宏が見てコメントしていた。こちらも始めは少数だった視聴者が、坂本龍一がコメントしたところから一気に2000人を超えたのだ。
さらに、そこのコード違うよとかいう坂本龍一本人からのダメ出しあり、高橋幸宏との微笑ましいやりとりありで大いに盛り上がっていた。


音楽好きの人は是非twitterを!
という訳で告知。


3/20 (sat)  [ SPiRiT! vol.31 ]
OPEN 17:30 ・ START 18:00/ ADV \1600+D ・ DOOR \1900+D

NANAIRO / アタッシュケース / mute vox / CINQ OVER / DIVINE

http://www.kichijoji-crescendo.net/

チケットはうちのバンドに連絡していただければ1000円で出します。
チケット等の連絡はこちらへ mutevox@mail.goo.ne.jp

僕らの出番は現在の予定で7時過ぎです。また変更あればお伝えします。
[ 2010/03/17 00:59 ] Ustream | TB(0) | CM(0)

いとうせいこう&倉本美津留の名人劇場



USTREAMで配信されているこの番組も遂に2度目。
ここまでは隔週金曜22時からで前回はポニョ、今回はナウシカの裏と言うことでたまたまだろうけど、凄いところにぶつけてくるといった感じ。

今回せいこうさんは海外からSkypeでの参加の為音声が不調。
前回はiPhoneによる配信だったが今回は機材がかなり良くなったようで、いきなりせいこうさんと倉本さんの2画面放送。
但しTwitter上には途切れるや、繋がらないと言った声も。前回よりもViewerの伸びも悪い気が。画質が上がりすぎて回線に負担が掛かっているのかもしれない。

前回に引き続いて今回も芸人のネタ見せが基本的な内容。但し、TVでは出来ないネタも多数とのこと。前回王者(とはいっても適当にTwitterの視聴者投票から拾ったのだが)
マキタスポーツさんも倉本さんと一緒にMCに加わる。

倉本さんがスイッチャーまでこなし、ネタスタート。途中サブリミナル的に次のネタの映像が紛れ込んだり、配信が止まってしまったりトラブル多発。いとうせいこうさんのSkypeも途切れ、USTREAMのチャットで参加。これも生っぽくて楽しめた部分も。携帯でTwitter確認しながらのマキタさんのフォローが上手かった。
それよりネタの内容の方がなんかもうギリギリで前衛的というか何というかという人も盛りだくさん。あらびき団以上にあらびきな感じ。ブリトニーに扮した?ネタなんかはそこから見た人はすぐ消す破壊力。

そんな中でも実力者のギースはしっかりとしたネタ、なんだけどガン告知の部分が不謹慎なのかTVではNGの出るネタなんだそう。見てる分には全く感じなかったけどガン患者から見たらどうか?いや、それを言ったら犯罪の被害者に対する犯罪ネタやドラマはどうなるのか?基準は難しい。もっと放送禁止のネタもあるらしく、次回が楽しみ。

あとは倉本さんが紙芝居風のネタのナレーションを買って出たのが面白かった。機材トラブルでノートPCのWebCamのみでの配信になってしまったのでノートPCとノートPCを付き合わせて片方の画面で再生するのを撮影するという何ともアナログな方法での形。その姿が是非見たかった。

最後は前回王者マキタスポーツの歌ネタ。タモリさんの適当な外国語ネタと歌を組み合わせたような感じ。最後は堺すすむのネタを盛大にパクる。駆けつけたやついさんも野次を入れる。

結果は視聴者のTwitter投稿といとうせいこうさんの投票でマキタさんの2連覇。やはりMCとしてもとても良かった。USTREAMとの親和性が高いと称するだけはある。

色々あったけれど楽しめた。今回は前回より高画質・高音質の配信を狙ったが、TVの放送と違って、送り、受けともに回線には限りがあるのでこういう内容であればWebCam位の画質でも充分視聴に耐えうる。回線速度の遅い人も考えてある程度で抑える方がViewerは増えるのではないだろうか?
直後のタイガー・ウッズの記者会見のUSTREAM配信などの影響もあるかもしれない。

[ 2010/02/20 04:06 ] Ustream | TB(0) | CM(0)














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。